タカビーです。


 〜昨晩は、どーもスミマセンでした。〜
どうも、私、メールを返信したりしてると、時間の感覚が無くなっちゃうんですよ。


で、気がついたら「午前三時だった・・・・。」とかね、^^
はっきりいって、そんな時間になると逆に眠くなくなります。
コレ、なんとかしないとダメですね。


ところで、今日のお題は、【有効な金銭問題の解決法とは】です。


昨日申し上げましたが、このお題に関しましては・・・・・、


無料レポートとして皆様に提供させていただきます。
 〜だって、むちゃくちゃ長いですから・・・・・・。〜



で、今日は金銭問題の中において・・・・・、


〜最も重要な事について、お話させていただきます。〜



前々回にお話させていただいたことの中に、【スリップ】という言葉があったのを、覚えていらっしゃいますでしょうか?


なぜか、ギャンブル依存症の【再発】ともいわれるこの【スリップ】という言葉ですが、実は本当の意味では、決して【再発】ではありません。


いってみれば、【己に負け、誘惑を断ち切れなかった事】と、私は解釈しています。



でも、こういった【スリップ】が頻繁に起きるようになり、


 〜自分で自分を正当化したり、最もな言い訳を
  頭の中で常に妄想して遊技場に向かう。〜


こうなると、もはや【再発】といってよいと思います。




 〜ここで、あなたに一つお尋ねします。〜


〜金銭問題は、
  なぜ解決をする必要があるのでしょう?〜



●借入先からの取立てに困るからですか?
●近所・会社などに対しての体裁を考えてですか?
●それとも、あなたが一から出直す為ですか?
●ブラックリストに載るのが嫌だからですか?


 〜どうでしょう? あなたはなぜ?ってことです。〜


そして本当に、
『あなたが切実にそうお考えになっているのか』どうか、
 〜よーく、お考えになってください。〜



私の知る専門家は、ギャンブル依存症問題で個別相談などを受ける際、


「こういった相談事、とりわけ金銭問題に関してはまず間違いなく、本人の家族からの依頼が圧倒的に多い。」と、言っています。


 どういうことかといいますと、一言で言えば・・・・、
 〜本人が問題意識をあまり持っていない。〜  
 といえるでしょう。


 逆に、家族など身辺の方にとっては、それこそ・・・・、
 〜天下の一大事である。〜ともいえます。 


誤解なさらないでくださいね、決して「あなたが真剣に悩んでいない。」なんて言ってませんから。


私は、依存症の本人の罪悪感と身辺の人との感情にズレが生じていることが多いと言っているんです。


どちらかといえば、身辺の人の方が問題を大きく捉える傾向が強いです。
ことさら、金銭問題についてはそういえるでしょう。


 ですから、本人の身辺の方達は、
〜何とか【早く、内密に、円満に】
 解決しようと努力します。〜



 〜その努力は、並々ならぬものがあります。〜


でも、本人はいたって冷静で、あまり罪悪感を感じていない場合が多い。


 〜ココに問題があるのです。〜


本人の家族など身辺の人は、【早く・内密に・円満に】解決することを優先しようとします。


しかし、このことはギャンブラー本人の痛みにはなりにくいわけです。


あなた、そうでしょう?
だって、本人がダメージを受け、悔悟の念を得るまでに、


 一番の悩み・問題が、
 〜【早く・内密に・円満に】
   解決されてしまったわけですから。〜



 〜これじゃ、再発しますって!〜 
人間って、基本的に弱いですから・・・・・・。



 今日のキモは、


 〜金銭問題を、身辺の人が安易に解決するのは、
  依存症再発開始のスイッチを入れるに等しい!〜



次回は、今日お話した【再発】と【スリップ】を防ぐ為の方法を考えていきたいと思います。


今日も、最後まで有難う御座いました。




追記


もし、あなたがご自分のギャンブル依存症を自覚していて、それにも係わらず【スリップ】を繰り返しているとしたら・・・・・、


あなたにとっての問題は、あなた自身のマインドよりも、


 〜むしろ、生活習慣と生活環境にある。〜
 その可能性が強いのです。



ブログの最初の方で書きました、今あなたに必要な事は、
 〜自分を許すことなのです。〜


そして、客観的な視点から自分を見つめなおすこと、
このことを一度なさってみてください。


たとえば・・・・・、


☆毎朝、ご自分の顔をよくご覧になってください。
☆仕事から帰ってきたご自分の顔に向かって、
 「お疲れ様」といってあげてください。
☆時にはご自分を褒めてあげてください。
☆時には胸に手をあてることもあるでしょう!
☆あなたが一番愛すべき人は自分です。
☆日記をつけることはとても効果がある方法です。
☆ブログならば、思いを分かち合う仲間さえできます。


もし、個別の相談ごとなどあればいつでもどうぞ。

それでは

よろしければ、お気に入りに追加してね!