タカビーです。


おはようございます。
今朝は、結構冷え込んでいますね。


〜この時間にこのブログを
 ご覧になっていらっしゃるあなたは、〜


主婦の方ですか?
一線をリタイアされた方ですか?
バイトや勤務先に向かわれる前に、ご覧ですか?
それとも勤務先のPCやご自分の携帯からですか?


でも、


まさかあなた・・・・・・、


 〜今から、バクチはNGですよ!〜 ゞ( ̄∇ ̄;)


場外馬券売り場に行く為の、電車賃の小銭までもう握り締めてるあなた!


この寒さの中、ポケットに手を入れて震えながらパチ屋の前で並んでるあなた!


 〜ダメですってば!風邪ひいちゃいますよ。〜
 あなたも、あなたの懐も・・・・・・。


と、まあ私がいくら言ってみたところで、行く方は絶対に行かれることでしょう。



「だって、他にすること無いんだもん!」
「行かねえと、落ち着かないんだよ。」
「今日の予想は、バッチリだから・・・・・。」
「今日の狙いは、118番台で決まりッ!」
「このイベントの日は、負けたこと無いんだよ!」

 
 私だって、そうでした。
 〜あなたを責める理由なんて、ありませんから・・・・・、〜 


でも・・・・・、明日から、こういった生活からおさらばできるとしたら・・・・・・、



      〜あなた、どうなさいます?〜




明日あなたを遊技場に行かせない為の方法は、実に簡単です。


●カード類は全て身内の方に預ける。
●所持金も全て身内に預ける。
●1か月分の小遣いを日払いで貰う。


 たったのこれだけです。
 〜ただし・・・・・、明日だけって言いましたね。〜


 〜続くわけがないのです。〜 
 こんなことをしても、おそらく数日中にスリップします。
 しかも、おそらくはもっと酷い状況になって・・・・・・、



 〜何かを取り上げることで、
  解決しょうとすると、まず失敗します。〜


なぜなら、本人がなぜ止めるかということを体で会得できていないからです。


このことは、世間一般で言う「ギャンブルは身を滅ぼす。」といったことではなく、


本人にとって、「なぜ、俺は止めなければならないのか。」その理由を、個別に具体的にはっきりと体に覚えさせるということなのです。


通常、個人がギャンブルを止める為の理由は、殆ど似たような理由の場合が多いです。


 〜例えば、金銭問題はその最たる理由ですが、〜


こういった金銭的にマイナスなことが、頭の中ではわかっていても、体は遊技場へと向かいます。


これは、今までのライフスタイルや生活習慣によってあなたの体の中に刻み込まれたものです。


ですから、完全に断ち切る為には、【あなたがなぜ今ギャンブルを止めなければならないのか】その理由をあなたの体に理解させる必要があるのです。


強制的に取り上げようとしたり、
無理やり、あなたの心に「絶対にダメなことなんだ!」と思い込ませようとしたり、


 〜そういった方法で解決しようとすると・・・・・、〜


●【スリップ】した時に自分自身を責めることになります。
●このことで、自暴自棄になって、「とことん」って
 ことにもなりかねません。
●お金・カードを預けた人からも非難される可能性が有り、
 なおのこと傷つきます。
●隠れてする方は、借入に行く可能性があります。
●このことがきっかけでサラ金へ、などといった、
 最悪のパターンになる可能性すらあります。


こんなことになるなら、やらないほうがましです。
たいていのギャンブル依存症の治療法が失敗するのは、こういったことが原因だと私は思っています。



では、具体的に他に効果的な方法ってあるんでしょうか?
【即効性が有り、かつ持続する方法】ですよね。


〜今日は、あなたに具体的な方法を
  一つアドバイスさせて頂きます。〜



それは、


STEP1 ギャンブルに行く日を、前もって決めておくこと
STEP2 その日以外の日は、必ず何か別の予定を
     入れること
STEP3 その日使う金額を、前もって決めておくこと
STEP4 決めた金額以上所持して行かないこと
STEP5 カードは、信頼のおける人に全て預けること
STEP4 その日負けて帰ってきても、何か他に
     やれることを、決めておくこと
     (買い物とか、読書とかですね)



そして、前にお話ししましたが、


1ヶ月のレジャー費用をご自分でお決めになり、その金額に基づいてギャンブルする日数と金額を算出なさって下さい。


勿論! 行かなければ、良いに決まっていますし、止めてしまっている方は、こんな方法はおやめ下さい。


ギャンブルを奨励しているのでは決してありませんからね!
(逆に、今まで消えてた火が燃え上がったりしたら大変です)


ということで、今日はおしまいにします。
最後まで、どうも有難う御座いました。




追記


一日行かないことは、ものすごく尊いことだと思います。
並々ならぬ苦労の末の英断ですから・・・・・・・・。


 〜でも、私が思うのは、〜


 〜一日行かなくても、
  あなたはまだお好きなんでしょう?〜

 ってことなんです。


あなたが、好きだと思っている限り、なかなかギャンブルとおさらばすることは難しいのです。


ですから、

いかにして、ギャンブルを無駄と認識するか
いかにして、負けた金を勿体無いと心底思うのか
いかにして、賭けて得た金に嫌悪感を持たせるのか
いかにすれば、つまらないと思えるのか
いかにすれば、忘れることができるのか


このことを、これからもあなたと一緒に考えていきたいと思っています。


それでは

 

よろしければ、お気に入りに追加してね!