こんばんわー!
タカビーです。


ここしばらくは、レポート作成に追われていました。


そんなこんなで、


 〜あれれ! どんな話してたっけ?〜
 となってしまいました。


で、思い出しました。『問題のあるギャンブラー』の話と、
そのエピソードまででしたね。(^^汗


実際世間には、ギャンブルの経験が無い人なんか殆ど居ないですよねー。


そりゃまあ、ジャンケンくらいしか経験の無い小学生なんか別にして、大の大人で、


「私、今までパチ屋にいったことありません。」
「宝くじとかも、買ったことありません。」


なんて人は、ごくごく少ないでしょう。


 〜つまり、程度の重い低いは別として、
   ギャンブラーには変わりありません。〜
 


今日は、こういったギャンブル経験をお持ちの方で、今現在もギャンブルを趣味としている人の中で、


 〜【特に問題のないギャンブラー】とは、
     いったいどんな人達なのか?〜



このことについて、考えて行きたいと思います。
最後の方に、今回のレポートに関することも書いてます。


 〜ご一読くださいませ。〜



〜あの言語学者の金田一さんでさえ、
   2〜3年間、パチンコで喰っていた。〜



今年の秋ごろNHKの番組で、言語学者の、金田一 秀穂 先生をお見かけししたことがあります。


金田一先生は日本を代表する言語学者で、独特の雰囲気と語り口、そしてユーモア溢れるトークには定評があります。


(金田一先生のプロフィールは、コチラ


あの時、アナウンサーからのインタビューに対するお話を聞いて、私は驚いたのですが、


あの日本を代表する言語学者でさえ、学校を卒業してから2〜3年間定職につかずに、


 〜なんとパチンコで、喰っていらっしゃったそうです。〜


しかもその理由が、「手っ取り早く、お金が儲かるから」だって!


「パチンコで勝つのはね、実は簡単なことなんですよ。」と、ニコニコ話されていましたよ。


 〜あのー、絶対にあなた、
   「じゃー、俺も!」なんて真似しないでね!〜



常に勝てる人は、特殊な人です。あなたにそんな人の真似は出来ませんから・・・・・・。


 〜そして、重要なことは、次の先生のお話です。〜


「そんな状態でね、悶々と暮らしてるわけですよ。 枕元なんか、もう本がこう、何千冊と置いてあってね・・・・。」

「暗い部屋の中でね、毎日そこにじっと座り込んで考えたんですよ。」

「そしてね、俺もそろそろ世間と、係わろうかなって思ったんですね。」


その後、金田一先生が言語学者として活躍され、今日に至っているのは皆さんよくご存知のことです。


マインドのみで、こうスッパリとギャンブルとの縁を切れる人は、数少ないです。


詳しくはお話されませんでしたが、おそらく、その後は勉学に邁進されたのだと思います。


 〜まさか、毎日パチ屋通いで、
   こういった成功者には成れませんからね。〜


著名人・有名人、世間一般で成功者といわれている方で、ギャンブル愛好家は、正に星の数ほどいます。


〆はもうリタイヤされ悠々自適にお暮らしの、大橋 巨泉
 さんは競馬・マージャンその他ギャンブルをこよなく
 愛されました。
∈邁箸糧 正憲さんはマージャン、白川 郷さんは、
 マージャン・公営ギャンブルの強豪です。
かつて、社会党の党首で、衆議院議長まで務められた
 土井 貴子氏は、パチンコをこよなく愛しました。
っ翔ドラゴンズの落合監督は、現役の頃、スーパー
 プレーヤーでしたが、パチンコのファンで、オフには
 よく奥様とホール通いされたと聞いています。


 ではそういった方々は、

 
 〜なぜギャンブルが原因で
   ドロップアウトしないんでしょうか?〜



あなたにお願いします、ほんの10秒で良いです、あなたなりに一度、よーく考えてみてください。


●そもそも、これらの人達はお金が有り余るくらい有る
●問題があったとしても、立場上、表沙汰にならない
●忙しいから、そうそう我々のようには通えっこない
●自分に箔をつける為に、ギャンブル経験を演出している


例えばこれらのことは、私も含め誰でも考えそうなことですよね。では、こういった有名人は・・・・・・、


 〜なぜギャンブルで、ドロップアウトしないのか?


 〜私が考えた答えは4つあります。〜


1.ギャンブルをすること自体が、既に仕事の一部である。

;大橋 巨泉さんなんかそうでしたね、スポーツ解説者や
 記者などがそうです。


2.負けても、負けても、痛くも痒くもないほどの
  お金持ちである。


;あなたのご推測どおりですね、コレは。


3.行きたくても忙しくて、ハマるほど行っている暇がない。

;この理由も、最もです。 実際、忙しいですよ、彼らは。


4.ギャンブルは好きだが、他にも好きなことが多く、
 やる頻度が低くなっている。


;私は今までに、ギャンブル以外に趣味の無いことが、
 ギャンブル依存症の原因であり、


 かつギャンブル依存症を克服できない理由の一つで有る
 と、繰り返し申し上げ続けてきました。


 彼らには、まだまだ楽しいことが多く有るのです。
 つまり・・・・・・、


 〜彼らにとってギャンブルは、多くの楽しみの中の
   ただ一つの楽しみにすぎません。〜


以上が、その答えです。



 〜あなた、どうですか?〜


皆さん、“ギャンブルと仲良くお付き合いされている”ということがおわかりになると思います。


 〜ここで、あなたに申し上げます。〜


「あの人らと俺とじゃ、そもそも立場が違いすぎるって!」
「そうだ!成功者を例にせず、もっと身近な例を挙げろ!」


 などと、思わないで下さいね。^^;


 〜私は、こういった有名人の行動から、
   あなたにHINTを得て戴きたいのです。〜



1.ギャンブル以外のことで忙しい
2.ギャンブル以外の趣味が多くある


彼らの持っている要素の中で、我々が実現出来そうなことは、この2つの項目です。


さてあなた・・・・・・・、


 〜ここで、何か気が付くことが
   ありませんでしたかー?〜



ってとこで、今日は久しぶりに、次回まであなたに考えて頂くことにして、おしまいにします。


それでは明日また、お会いしましょう!





追記


最近、あなたにお話し続けて来たのは、


 〜問題の有るギャンブラーの金銭感覚についてですね。〜


今日お話したのは、特に問題のないギャンブラーについてです。 ここであなたにお考え戴きたいのは、


こういった、特に問題のないギャンブラー達は、金銭感覚において、問題の有るギャンブラーとどのような違いが有るのか? ということです。


例えば、彼らは『取り戻しに行こうとするのか?』このことも、一つのHINTといえますね。


そして、彼らがギャンブルに溺れてしまわない理由は、


 〜実際のところ、何なんだ?〜
 ココのところを、よく考えてみてくださいね。


それでは



追記2


そうそう、金銭問題解決法のレポートをダウンロードして頂けましたでしょうか? 


もし、ダウンロードに関するお問い合わせが有りましたら、メール下さいませ。


あのレポートの中に書いてある、『依存症克服の為の3つのSTEP』は、特に私が力を入れて書いている部分です。


 金銭問題の解決は、


 〜ギャンブル依存症克服への、
   単なる一つの通過点に過ぎない。〜



このことも、実際とても重要なことと思いますよ。


今日も最後まで、有難う御座いました。


それでは

よろしければ、お気に入りに追加してね!