こんにちわ、タカビーです。


まずあなたにお知らせです。 『砂上の街』の第3話アップいたしました。


よろしければ、コチラからどうぞ!



さて、朝なのにこんにちわもおかしいですね。 今朝は予約投稿させていただきました。 書いているのは19日の午後です。



〜今日は恒例のタカビーのひとり言です・・・。〜


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎日テレビはオリンピックだが、ここ1週間ずっと感じていることがある。 “やけにみんな、早く引退するじゃんか!”って思うワケ・・・。


柔ちゃんこと谷選手、水泳の北島選手、柔道の鈴木選手、女子レスリングの伊調千春・馨の姉妹・・・。


日本の誇るメダリストたちが、どんどんと引退宣言している。 ちと寂しくはないか? 勿体無くはないか? お次はどうするん? とオイラは思ってしまう。


でもオイラのような見てるだけみたいなヒトは、かなり気楽な意見の持ち主らしい。 実際には精神的にも、肉体的にも、このクラスのトッププレーヤーは、もうボロボロだという・・・。


だって、いつだって結果が全てと見られるからね。 何だか、スポーツのキャスターの言葉使いもキツいのが多いと思う。 負けた後にかなり厳しい質問を選手にして、コメントを返す選手が気の毒に思えることも多い・・・。 


いつも思うのだが、第二の人生が有るとはいえ、スポーツ選手の引退はなぜか哀れだなー。 皆、若いもんなぁ! そして一番の頂点でやめていく。 それが当然のようにね・・・。


ところで・・・、


オイラは今、新しい小説を連載している。 まあこれは愛嬌程度に思っておくれ・・・。


学生パチプロの悲しい末路を描こうと思っているが、勘違いしないでね! これは断じてあなたに、パチプロになることを勧める作品ではない。


以前にも何回かこのブログで書いているが、この世界のプロも決して甘いものではない。 


“彼らの選手寿命も短いんだよ・・・。”


パチンコで40歳少し、スロットで30歳半ばくらい。 せいぜいまともに稼げるのは、これぐらいまでだよ。


社会的な地位も無い、社会的な保証も無い・・・。 なぜなら、年金や社会保険料を払わず納税もしない人が、とても多いんだよ。 独身者が殆どだしね・・・。


攻略プロの中にはかなり稼ぐ強者もいるが、ほんの一部の人だけだよ。 せいぜい稼げて、月に40万くらいのもんだ。


「へー、凄いじゃん!」と思う方も居るだろうが、これだけのお金を得るには、朝早くから並び深夜までホールで過ごし続ける必要がある。


“あなた、知っているでしょ!” パチンコ屋の中はどう考えても、環境としては最悪だ! モウモウとしたタバコの煙にけたたましい騒音、その上あの狭い空間にあれだけの人となると、正直ぶっ倒れないほうがおかしい・・・。


そもそも人間嫌いでパチプロになった人が多いけど、彼らのネグラはたいてい、これでもか!ってくらい多くの人で溢れている。 皮肉なもんだと思うよ。


〜それでも彼らは耐えてるんだよ・・・。〜


喰えなくなった彼らの末路も哀れなもんだ。 まず就職しても、続かない。 さりとてまたホールに戻っても、次はヤラれる側になってしまう・・・。


〜自殺者も多い、行方知れずになる人がかなり居る。〜


だから・・・、


少しくらい腕に覚えがあったとしても

たまたま何回か勝ち続けたとしても

負けない月がたまにあったとしても


〜あなたはプロにはなれないし、なろうと思ってもダメなんだよ。〜


あの『砂上の街』の話は大げさには書いていない。 殆どの話が実録だ。 オイラの体験がベースになっている・・・。


おっと! 少し口が過ぎたかもしれないな。 今日はこんなもんにしとく・・・。


それにしても・・・、


些細なことで人生ってコロリと変わるもんだと、最近つくづく思う。 いや、ほんとだよ・・・。



☆タカビーへのメールはコチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。


●私からのメールがちゃんとあなたに届くよう、あなたの携帯のメールのフイルタリング除外リストに私のアドレスを加えてくださいませ。fposaka1@@yahoo.co.jp(スパム防止のため@を一つ余分に入れてます。)

よろしければ、お気に入りに追加してね!