[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)

おはようございます、タカビーです。


米議会上院で、自動車大手3社への救済法案が、事実上廃案になってしまいました。 これで大手3社は、今後破綻に直面する事態になりました。


この記事をご覧になっていらっしゃるあなたが、何歳なのかは存じません。 しかし日本において、例えばトヨタが倒産するかもしれないとお聞きになったとしたら、あなたは一体どうお感じになるでしょうか?


全米における自動車産業は、今までアメリカ経済を牽引しアメリカに繁栄を齎し(もたらし)、アメリカの代表的産業だったわけです。 一世代前の方ならご存知でしょうが、アメ車というのは、繁栄の象徴だったわけです。


日本の芸能人も、少し金銭的な余裕が出来れば、トランザムやキャデラック、ビューイック、シボレーなどの外車を乗り回すのが常でした。


そんな産業が今危機を向かえ、そしてアメリカ政府もその救済に積極的な姿勢をとっていません。


円高は進み、いよいよ88円に突入。 1ドル80円台がこれからは定着しそうな予測が成されています。 まず間違いなく、長期で見た場合今後の円高は歯止めがかからない情況が予測できます。


少し前にも書きましたが、こんな情況になったアメリカ経済を救済する手段として、ドルの切り下げはますます現実味を帯びてきましたね・・・。


投資をする方などはよく、「ピンチこそチャンスだ!」そうおっしゃいます。 しかしながら、ここ数ヶ月ではっきりとしたチャンスがあったかどうか甚だ疑問です。


〜ピンチだらけの中で、チャンスを探すことは難しいのです。〜

〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【何の為に禁パチかご存知ですか・・・?】



【スパルタ式禁パチサイトの閉鎖から知ること】


少し前まで、『禁パチ軍事戦線』というサイトがありました。 禁パチ・禁スロされる方の為に、独特な軍隊式の掲示板を設置され、参加者へは日々の書き込みと月末の禁パチ情況を申告させる『ガサいれ』を実施されていらっしゃいました。


禁パチ達成日数に応じて階級を設けてあり、独特のやり方で注目を集めていました。 ひょっとしたら、あなたもこのサイトのお世話になられた方かもしれませんね・・・。


私も随分と手本にさせていただいたサイトです。 この『禁パチ軍事戦線』がサイト閉鎖されて、早くも半年以上が過ぎました。


閉鎖される少し前に、私は管理人の『リバ退治魔王さん』にメールさせていただいたことがあります。 その時の言葉・・・。

∞∞∞ここから引用∞∞∞∞

現在、禁パチ☆軍事戦線の新規募集は不定期に募集したり停止している次第です。

これは私の作業許容範囲に由来します。

長年禁パチサイトをやってきて行き着いた実感としては、ほとんどの人がやめられないということです。

作業に携わった時間、相談にのった時間の殆どが見事吹っ飛びます。

それでも最後まで達成する人がひとかけらの人数ですが必ずいます。

これはジレンマです。

∞∞∞ここまで∞∞∞∞∞∞



そして、このお言葉を聞いてからしばらくして、リバ退治魔王さんはサイトを閉鎖されました。 ヤフカテサイトの中でも、独特のコンテンツを持ち、私も尊敬している方だったのでとても残念だったことを覚えています・・・。


こういったお話を聞いたことも有り、私は自分で掲示板を作成することに恐怖を覚えました。


▼人数が集まるのだろうか?

▼ちゃんと禁パチしてくれるのだろうか?

▼何か問題が生じないだろうか?


そんなことばかり考えて逃げてばかりいたのです・・・。


今考えれば、リバ退治魔王さんは、自分のサイトに参加される方の本当の禁パチ・禁スロを、『禁パチ軍事戦線』というサイトを通じて何とか達成してやろうと、心から情熱を持ってされていたように思います。


〜それでも、サイトを閉鎖されました・・・。〜 かなりお疲れになったのでしょう・・・。


【禁パチ・禁スロの本当の意味とは】


ギャンブルから縁を切ろうとして、禁パチ・禁スロをやり始めて、1週間が経ち2週間が経ち、やがて1ヶ月が経とうとする頃・・・、


あなたの心の中には、一つの葛藤が生まれてくる場合が多くあります。 それは・・・、


KPNGH「ひょっとしたら、ここまで行かずにすんでいるのだから、このままなら適当にコントロールして行けるのではないか?」

といった心理です。 これは、“自分は依存していないのではないか?”と疑い思うことでもあります。


そして、そういった心理に基づいて再び遊技場のドアを開けてしまう・・・。 これがスリップです。


私はスリップと再発とは、全く異なる物であると思っています。 スリップは再発ではありません。 しかしながら・・・、再発しやすいといえるスリップとそうでないスリップがありるのは事実です・・・。


例えばあなたが、2日間パチせずにいて3日目にスリップしたとします。 そんな時、あなたが遊技場の扉を開けるとき、こういった心理がある筈です・・・。

「えーっと、いつも出ている127番台は今日は、どんな具合かな・・・?」 そして、手馴れた様子でその機械へと向かうわけです。


こういった考えに基づく行動は何かといいますと、あまりに禁パチ期間が短かすぎるので、以前の情況を頭がはっきりと記憶し、なおかつホールでも同様の状態で機械が置かれていることを意味します。


勿論、知り合い・馴染みの店員などから・・・、

「少し見なかったね・・・。」といわれます。 こういった状態では、あっという間に以前と同じ状態にまっさかさまです・・・。


つまり、パチンコ依存への道のりがはっきりとまだ残っているといえます。 こんな状態でスリップを繰り返せば、すぐに以前と同じようになる、つまりれっきとした再発です。


ですから、“やめれない”“スリップした!”といった情況でも、そこに至るまでの日数でかなり情況は変わります。 ですからあなたは・・・、



時間を稼ぐ為に、禁パチ・禁スロするのです。 本当の意味での卒業は、決して何年間にも及ぶ禁パチ・禁スロからだけしか得れるものではありません。


どれだけの時間をかけて、ギャンブルとかかわらなくなったかということだと私は思っています・・・。


自らを戒めて、スリップしないようにすることも大切です。 しかしながら、できるだけ時間を取ってください、稼いでください。


〜それが、あなたのギャンブル依存症克服への早道なのです。〜


「今日のお話は、やめたいあなたのお役に立てましたか。」
 
“あなたの応援をよろしくお願いいたします。お役に立てたならば、応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ

〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

よろしければ、お気に入りに追加してね!