[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


私は以前、MJさんに・・・、


「タカビーさんは、ジャンケンさえもギャンブルだというオッサンだ!」と突っ込まれたことがあります。


まあ、オッサンなのは正解なのですが、(笑 ジャンケンがバクチなのかどうかについては、ちゃんとした学説が今までにも有り、これはこれでけっこうアツい論争となっています。


OH!今日は『賭博の起源』のことも含め、パチンコとスロットと他のギャンブルとの違いについてお話したいと思います。


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからのご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【進化し続けるギャンブル、それがパチとスロ!】



【そもそも賭博とは・・・?】


賭博(ギャンブル)というものは太古の昔、少なくも人間が文明を築き、その中で生きるようになった頃から、その存在が明らかになっています。


一説によれば、賭博はそもそも占いであったといわれています。 そして占いが王侯貴族や特定の階級の特権であったといわれた頃、国の領地の広さなどを決めるのにも各地の領主が賭博によって公平に分配したと言われています・・・。


そういった神聖な行事を司る者は、一定の身分を勇し賭博そのものが現在のギャンブルという意味ではなく、『偶然性』と『公平さ』を象徴するものでした。


例えば、『すごろく』などに使われるサイコロは、そもそもその発祥の地はインドといわれています。 そして当初は賭博としてではなく、占いをする為の道具として使われていたといわれています・・・。

サイコロについてのページ by Wikipedia


そして、その後賭博(ギャンブル)という行為は、いろいろな文化とかかわった反面、時の支配者によって弾圧されるという歴史を歩むことになりました。


日本古来の賭博というものは、『富くじ』や『丁半バクチ』などが主流でした。 幕府からの賭博禁止にもかかわらず、江戸時代中期には、賭博は一世を風靡し・・・、


“ばくち知らぬ者は野暮という”などといわれるようになりました。 賭博は粋人の一条件だったんですね・・・。


しかしながらその後現在に至るまで、日本における賭博は国の認めるもの以外は全て禁止されています。


今では『公営ギャンブル』と『くじ』、そして実際にはギャンブルでありながらも存続し続けているパチンコ店以外は一切禁止となっています・・・。


【パチンコと他のギャンブルとの決定的違いとは】


ちなみにパチンコ発祥の地は大阪で1925年でした、その後名古屋で1930年に日本初のパチンコ店が誕生しています。


日本国内で認められているギャンブルの中において、パチンコの一番の魅力は、自分も参加できるということです。 これこそが他のギャンブルと違う所であるといえます。


つまり、公営ギャンブルにせよ宝くじにせよ、当たりかどうかを決めるのは、他人任せです。 


〜あなた、どうですか?〜


あなたが馬の代わりに走ることは出来ないでしょ! かといって、自分が入れ込んでいる馬に、人参を差し入れすることだって出来ないはずです・・・。(笑


宝くじの当たりを決める抽選を、あなたがすることは出来ないはずです。 ところが・・・、


〜パチとスロはそれが出来るのです。〜


だって、そもそも大当たりを引くという行為が遊技の基本となっているからです。 ツキの強い人ほど、多くの大当たりを引けるともいえますね。


そして、パチスロならば自分で目押しして7を揃える、パチンコなら玉の節約の為に止め打ちするといった按配(あんばい)です。


自らが参加できるギャンブルは数多いですが、今現在日本の中で認められているのはパチとスロ、そしてTOTOなどの一部のくじしか存在しません・・・。


(今回は、TOTOなどのくじについては、触れません。 そもそも、大当たり確率が低すぎますので・・・。)


〜そしてパチとスロのもうひとつの特徴とは!〜


進化しつづけるギャンブル、それがパチンコとスロットなのです・・・。


【究極の依存者作成賭博、それがパチとスロ!】


最近のパチンコは・・・、


ドツくことができる:ストレス発散

予告が存在する:期待感を盛り上げる

信頼度が徐々に高くなる:脳汁があふれ出す

プレミアムリーチが存在する:希少性を訴える

プレミアムキャラが出現する:幸運と思わせる

大当たり再抽選する:期待していなかった喜びに満ち溢れる

確変再抽選する:奈落の底から、救い出してくれる

次回の確変が確定する:充実感と満足感

その状態を演出する:優越感



これらの特徴があり、愛好者の増加に一役買っています。 まあこれは良い言い方で、依存させやすく作られているともいえますね・・・。


昔の機械昔のパチンコというのは、もっとメカニカル(機械的)なものでした。 簡単に言えば、今の機械のように画面が付いていたり音声が出たり、イルミも無かったですし、台枠が光ったりもしませんでした。 そもそも演出など存在しなかったのです・・・。


〜玉が入賞すれば、チューリップが開く、賞球が出る〜

ただそれだけだったといえます・・・。 それだけでも私はけっこう楽しかったですが、あれからかなり大きく進化してきました。


例えば・・・、


一昔前まで、パチンコ台をドツくなど許されない行為でした。 私が学生の頃など、こういった行為をする客は機械室の中に連れこまれ、逆にドツかれたもんです!(笑 


しかしながら今は、逆に客のこういった行為を認めることによって、メーカーは上手に客寄せしています。


「ひたすら願って、叩くべし!」などといったアナウンスがリーチ中に画面に流れるなど、その研究というか開発者魂は恐るべきものがあります。


こういった行為を公に認めるだけで、客はストレス発散ができ、リピーターになりやすいといえますね!


〜あなた、いかがです?〜^^;


叩けと言うアナウンスにしたがって叩いた結果大当たりすれば、自分の努力の成果だと思い込んでしまいませんか?(笑 私なら、思い込んでしまいそうですね・・・。


努力の結果報われる・・・。 これはかなりモチベーションが上がりますね! こういったモチベーションとは、マイナスのモチベーションです。


▼よし、もっと頑張って遊戯しよう!

▼もう1回大当たりを引いてみよう!

▼この調子だと、勝てるかもしれない!

▼取り戻せるかも!!

▼よっしゃ! 明日もこの台で粘るぞ!



こういった“マイナスのヤル気”の結果が果たしてどういったものか・・・? そしてその結果どんなことになるのか?


胸に手を当てて考えれば、きっとあなたにはお分かりのことでしょう・・・。


こういった、“台をドツく行為”以外にも・・・、


×予兆・予告の存在

×高確率状態演出

×リーチ信頼度が段階的に増す

×プレミアムリーチ・キャラの出現

×大当たり再抽選

×確変再抽選



これらの演出が存在し、客の満足度を向上させています。 だからこそ昨今のパチンコ・スロットはハマりやすいのです。 そして、今日の記事で一番書きたかったこととは・・・、


ゲームやアニメに日頃から慣れ親しんでいる人ほど、ハマりやすいということです。 言い方を変えれば、こういった人物をターゲットにして、メーカーは新しい機械を開発しているといえるのです。


『冬ソナ』という機械が一時的にヒットになりましたが、エヴァには到底及びません。 芸能人やタレントをキャラにした機械は数多いですが、あまりヒットしません。


『北斗』や『エヴァ』などの大ヒット台は、ヒットする要素があります。それは遊戯性とマニアックな演出の絶妙のマッチングです。 そしてその大前提といえるのは、アニメのキャラであること・・・。


逆に遊戯性だけでヒットしているのが、パチンコなら『海物語』スロットならば『ジャグラー』というわけです・・・。 これらの機械は、マニアックになりにくいお年寄り向きの遊戯しやすい機械であるといえるのです・・・。


さて、今日は少しマニアックな話を多くしましたね!(笑 明日は、パチンコ・スロットにハマりやすい心理をもっと具体的に解説したいと思います。


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

よろしければ、お気に入りに追加してね!