[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


今までに何度も書かせていただきましたが、ギャンブル依存が生み出す最も大きな問題とは金銭問題です。


その理由とは、ギャンブルという遊技の最終目的が“金銭を得ること”だからです。


このことは、きっとあなたもお分かりになっていることでしょう。 しかしながら・・・、


一番身近なパチンコとスロットが、なぜにこうも金喰い虫の遊戯なのかについては、あまりご存知ない方が多いのです。


今日は、パチンコとスロット依存による金銭問題についてです。


〜ここで、禁パチ川柳を一句・・・。〜


一句寒空に

並び 帰りは

カラ財布



なぜそうなるのかについても、復習の意味を込めて書かせていただきます。 それと・・・、


希望者がいらっしゃいましたので、小説『少年と二人の神』のダウンロードリンクをサイドバーに復活しました。 よろしければ、ダウンロードしてくださいね!


〜いつもながら、あなたへお願いです!〜


頑張って書かせていただきましたので、よろしければブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為に、あなたの応援は本当に助かります。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなたには、いつも感謝しています。 人気ブログランキングはおかげさまで、かなり順位が上がりました。〜 本日もお手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

どうもありがとうございました・・・。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【負けないと錯覚するのは、なぜか・・・?】



私がまだパチ屋へ通っていた頃、知り合いに何人かのパチプロが居ました。 パチプロとは、純粋に他に仕事をせずにパチンコだけで喰っている人々です。


私は以前から気が付いていましたが、彼らプロは独特の経済感覚を身につけていました。 それは次のようなものです・・・。


1.割り数(営業割りではないです。)


:出た球数÷入れた球数×10で表せる。

例 4000個出て、一万円の投資は・・・、
4000÷2500(1万円分の球数)×10=16割(160%)

2.交換率

:持ち玉を交換する際の交換比率である。 通常パチンコの場合、玉を買うときは25個で100円だが交換するときは悪い交換率となっている。(40個で100円とか)

購入の時と交換するときが同じ場合、等価交換という。 最近のスロットは等価交換が多い。


3.持ち玉比率

:自分の持ち球で、どれぐらいの頻度プレーできるかということである。

ずっと持ち玉でプレーできるスタイルを、無制限という。 最近では無制限のホールが殆んどである。


4.時間あたり投資金額

:ズバリ、1時間にいくらのゼニが必要かということである。

このことは極めて重要で、プロが一番気を使うことでも有る。



割り数とは、かなりいい加減なものです。 なぜなら、いくら割が10割を越しているといっても、交換率が悪ければマイナスになるからです。


例えば、先の例でも交換率が40個で100円なら、出玉の交換金額が10,000円ですから、チャラになってしまいます。



そこで、こういった低い交換率の時は持ち玉遊技に期待ですが、ようは現金投資が避けれて有利な投資ですむというのが持ち玉遊技の特徴なのです。


おそらくこういった話は、実際にパチかスロをされていらっしゃ方ならすぐに分かるでしょうが、されない方にとってはチンプンカンプンだと思います。


ですが、ここまでは全く重要なことではありません。 問題は次なのです・・・。


【そもそも、1時間にいくら要るんだよ・・・?】


問題はここなのです。 いくらパチンコが酷い遊びだ、諸悪の根源だといっても、例えば1時間に使う遊技代が千円だったとしたら・・・、


パチンコの存在はここまで大きな社会問題にはならないでしょう・・・。 プロはちゃんとこのあたりのことを良く知っていて、極力時間あたりの投資金額の少ない機種・台を選んでいるのです。


こういった時間あたりの投資金額は、法律で定められている球の発射間隔と賞球数で決まりますが、計算する際に大当たりや、その他の当たりを含めないとします。


簡単に説明すれば、賞球が全く無いパチンコ台で時間あたり最低2万円は必要です。 フィーバー機の場合、いくらかの賞球がありますので現行機種で1万5千円前後でしょう。


スロットの場合は、1時間でプレーできるのがせいぜい600プレーくらいですから、1000円で30回プレーできる機械で約2万円くらいです。(コイン持ちが激悪の機械で17回、時間3万5千円くらい)


ここは少し複雑なので、あなたは“パチもスロも例外はあれど、時間あたりに1万5千円前後は使う遊びだ!”、そうお考えください・・・。


この際大当たり中や確変消化中など、複雑なことは抜きで、そうお考えいただいても良いと思います・・・。


【てめえ、ウソついてるだろ!(怒】


そう思われた方も多いでしょう! しかしながら、コレは事実です。 このままでいくと、8時間パチ屋に居ると12万円使う計算になります・・・。


疑われた方も多いと思いますが、これはあなたが1時間に使う本来の投資金額です。 どうです、だってあなた・・・!


1時間オケラだった場合、これくらい使っているでしょ! ここに救済で乗っかるのが、あなたが出した大当たりによる出球です!


DAMAGEフィーバー機で千円あたり20回転回る機械なら、1時間で300回転します。 ホールでたまに見かける2000回ハマリの機械は実に7時間くらい、金額にして10万円は吸い込んでいる機械です。


もっとも、千円で20回も回る機械は少ないと思います。 実際はもっとヤラれることでしょう・・・。15万とか・・・。


“どうぞ覚えておいてください・・・。”


勿論、大当たりの消化時間・確変中なども有りますが、少なくとも8時間パチ屋に居るということは、平均して10万以上はGETしないとチャラにさえならないのです。


あなたが疑問に思われる大当たり消化時間や確変中などの時間は、平均して1時間あたりせいぜい10分前後です。


残りの50分は、投資し続ける50分です。 このビファインド(不利)を跳ね除けるだけの機械は、ほんの少しばかりのお宝台だけなのです。


そのお宝台の在り処(ありか)をいつも知っている、そして探し出せるのがプロなのです・・・。



〜今日も最後までありがとうございました。〜


PS


明日は、パチとスロの実損額についてお話しするつもりです。 どうぞよろしくお願いいたします。


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

よろしければ、お気に入りに追加してね!