[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


以前からちょっとした論争であり、今でもちょくちょくご質問いただくのですが・・・、


JHNDE“投資とバクチはどう違うんだ?”というお話があります。


これは大変難しい質問です。 しかしながら、ある程度までの区別は有ると思います。 例えば・・・、


「偶然」の定義で引用したものの末尾に、ある程度確実である見込みは「蓋然」と呼ぶと書かれています。


大辞林の定義でも「蓋然」とは『ある程度確実であること』と書かれています。ある程度がどの程度なのか分りませんが、少なくともそうなることが確実である「必然」ではありません。


証明はされてはいないけど、何らかの根拠に基づき、ほぼ間違いなく勝てるのであれば、「偶然性」ではなく「蓋然性」に基づくものであり、その勝負は賭博ではないということになります。



「何のこっちゃ?」という方の為にご説明させていただきますと、投資は有る程度結果が予測できることで、ギャンブルと区別できるということです。


投資はギャンブルほど、偶然性が無いと言って良いのです。 これが投資が投資と言われる所以なのです・・・。


と、まあサラリと書かせていただきましたが、残念ながらこれは私の言葉ではありません!^^;


偶然見つけた、次のサイトから引用したものです・・・。

http://stockkabusiki.blog90.fc2.com/blog-entry-765.html


同じ偶然でも、こういった使い分けが有るんですね! 知らなかったです。 さて今日は1回別の記事を挿ませて(はさませて)いただきます。


〜ギャンブルと投資についてのお話となります。〜


〜最初にあなたへお願いです!〜


この記事にお付き合いいただく前に、ブログランキングへ応援いただけましたら嬉しいです。


クリック応援いただけますと、このブログの存在を多くの方に知っていただけるようになります。


是非あなたからのご協力を、お願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはおかげさまで好調です!〜 お手数ながらお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

ヤル気を頂戴し、どうもありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【どこからが線引き? ギャンブルと投資・・・。】



先のお話の続きです。


『偶然』<『蓋然』<『必然』


これらの言葉の確実性については、このような大小の関係が有ることはお分かりになられたことと思います。


しかしながら、例えばFX投資(外貨証拠金取引)と株式投資を比較した場合、あなたはどちらが『蓋然』に近いとお考えでしょうか?


“えっ! 銘柄次第だって!?”


なるほど! 確かにそうですが、一般論でお考えください。 株式投資のほうが、危険の少ない投資だとお考えではないでしょうか? なぜか?


「安定株に投資していれば、リスクヘッジしやすいから!」(リスクヘッジとは、リスクを回避したり低減する工夫をすることです。)


しかしながら、ここで反論したい方もいらっしゃるはずです!


「株なんて、所詮紙切れじゃないか!? 会社がパンクしたらお仕舞いだよ・・・。 外貨投資はリスクは有るが、国家が無くなるなんてことはまず無いからね!」


こういった論争に終わりはありません。 結果も存在しないのです・・・。 


私が考えるにこういった投資は、元本保証が無い時点で既にかなり『偶然』に近い産物です。 必然に近い投資は少ないのです。


その証拠に、日本の国債でさえ今ではかなり評価が悪くなってきています。 以前の記事でも取り上げましたが、今現在の日本の国の累積債務はこれだけあると言われています・・・。

日本の借金時計(16日の時点で、938兆7785億円くらいで推移)


〜余談ですが、各都道府県別の借金時計もあります。〜 あなたのお住まいの県の債務はいくらだったでしょう?


赤字にならない予算を組んだと、胸を張ってはしゃぐ知事も居ますが、こういった数字を知っているのでしょうか? 本当にガックリときます。


これほどの債務を抱えている国の国債に一体どれほどの価値が存在するのか? その判断はあなたに委ねることにしましょう・・・。


【投資よりも、まずは家計のムダを無くそう!】


我々FP(ファイナンシャルプランナー)は・・・、


“クライアントさんへお金の運用を指南する専門家で有る”


そう、思われていらっしゃる方がいますが、実際には微妙に異なります。 例えば私のブロ友さんのようこさんもFPでいらっしゃいますが、昨夜のコメントでこう書かれていらっしゃいました・・・。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こんばんは 今日から専門学校のFP講座を受け持ちますが、早速ギャンブルは絶対にだめですよ〜という話をしました。

18歳の子に、ギャンブル、タバコ、消費者金融、うまい儲け話、連帯保証人は絶対にNGと。これからも参考にさせてもらいます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ようこさんはFPとして教壇にも立たれ、各方面で活躍されていらっしゃいます。 指導者として素晴らしいFPであり、私も尊敬しております。


でも、こういった内容を拝見すると、何だか好ましくないお金の使い方を注意して指南されているように思えますね・・・。


NMJGEしかしながら、これは当然のことで、まずお金は運用する前に変な使い方・使い道を排除する必要が有るのです。


なぜなら、投資もギャンブルも余剰資金、つまり生活にすぐ必要でないお金ですべきことだからです。 すべきこととは、しなくてはならないのではなく、“もし、やるとすれば”と解釈なさってください・・・。


〜今日のまとめです。〜


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

物事の信頼度には次の3つのSTEPがあり、少なくとも投資は『蓋然』に含まれている必要が有るといえます。

ギャンブルは『偶然』に属するものであるといえます。

『偶然』<『蓋然』<『必然』


あなたは投資をするにしても、必ず余剰資金で行うべきです。 ギャンブルは投資にはなりません。

ギャンブルはレジャーですが、基本的に家計にとっては負担でありムダであるのです。

ですから、投資をすることを考えるのなら、先にギャンブルを含めた家計のムダを無くしましょう!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

よろしければ、お気に入りに追加してね!