[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


今日は、借金についてのお話をしようと考えていました。 しかしながら、どうも何か伝え足りないような気がしたのです。


コメントを頂戴して、ハッと気が付きました! そうそう、パチとスロの還元率についてです・・・。


これはね、誤解されていらっしゃる方が多いので、以前からも書いてきましたが今回も書かなけりゃと思ったんです。


KMNGAO今現在、パチとスロの還元率は80パーセントといわれています。 そして競馬など公営ギャンブルが75パーセント・・・。


しかしながら、同じように一日遊ぶとしても、お金の使い方が全く違うということです。


今日は今までの総復習です、パチとスロ還元率の罠と題してお話させていただきます。


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからのご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【なぜ、パチとスロはこうも投資がかさむのか・・・?】



一昨日の記事で、パチとスロに投資する金額についてお話させていただきました。 だいたい現行機種のフィーバー機やスロットで、1万5千円前後ということでしたね・・・。


UMI1しかしながら、この投資金額に大当たりによって得る出玉換金分を差し引いたのが実損額ということです。


例えば・・・、


1万円投資(玉2500発)−(出玉2000発)=500発 とします。

交換率が40発100円の場合は、500発÷40=1250円の負けではありません。

ここは単純に・・・、

1万円(投資費用)ー5000円(2000発交換分)=5000円の負けとなります。


つまり・・・、たった500発しか玉数ではマイナスになっていないのに、ここで既に5000円負けになってしまうのです。 これが交換率によるホール側の利ざやになっています・・・。



ですが、交換率によってこういった負け方は大きく変わりますね。 かなり複雑だといえます、ホールごとに交換率は違いますから・・・。 


こういったことを全て加味して考えてあるのが、還元率なのです・・・。 そしてパチとスロの還元率は現在80パーセント以上といわれています・・・。


【なぜ、ギャンブルは負けるものなのか!?】


ギャンブルには、負けるパターンといえるものがあります。 例えばあなたはこうお考えになりませんか・・・?


“元手が無くなった時点で、ゲームセット! これで、今までの投資が全て吹っ飛ぶ! 金がなくなるまでやる・・・。 これが必敗パターンだ。”


なるほど確かにそうです、特に公営ギャンブルで、最終レースまでやってスッテンテンになる方が中には居ます。


しかしながら絶対に勝てないギャンブル・・・、それは最初から分配すべき金額が控除されて(差し引かれて)支払われるギャンブルなのです・・・。


現在の日本において認められているギャンブルは全て、還元率というものが定められており、それにしたがって遊技者の投資金額が分配されます。


いわゆるショバ代ってやつですか・・・。これが公営ギャンブルの場合は25パーセント、パチとスロは20パーセント差し引かれます。


toukeiつまりギャンブルというものがそもそも勝てないのは、こういった還元率に基づいて掛け金が分配されているからなのです。 そして・・・、


コレだけ見れば、パチとスロは公営ギャンブルに比べ、優しいヤツだということになります・・・。


ましてや、宝くじの還元率なんかは45パーセントです。 TOTOなんかで35〜50パーセントの間で変動でしょう。


【還元率を信用してはならない】


ところが、あなたの好きなパチとスロは、そんなに甘い遊びですか? どうでしょう? 持って出た3万円の虎の子は2割減っただけで、帰りの財布の中に残っているでしょうか・・・?


もしも、3万円もって出て朝から夕方まで遊び、帰りの財布の中に2万4千円残っていれば、あなた! まずまずだったと思いませんか?


ところが現実はそう甘く無いと思います。 空財布を嘆いて帰ってくる、それにはワケがあります・・・。


それはパチとスロの投資が、プレーし続けている限り続いているからなのです。 つまり1時間プレーすれば、時間あたりの投資額1万5千円の2割・・・。


つまり時間あたり、3千円負けていることになります。 私は以前の記事で時給マイナス4千円と書きました。 機種にもよりますが、パチとスロは時給マイナス3〜4千円のギャンブルだということです。


ですから、かりにあなたが朝一番から行って夕方5時までするとします。 プレーしている時間は、約6時間くらいでしょう・・・。


その間にヤラれる金額は・・・、3000×6〜4000×6、つまり1万8千円〜2万4千円ヤラれるのです。


これが2000回のハマリなどで持ち金が無くなった場合、その時点で即ゲームセットとなります。


〜今日のまとめです。〜


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

現行の日本におけるギャンブルが勝てないのは、そもそも分配する際に還元率によってテラ銭が差し引かれているからです。

パチンコとスロットの還元率80パーセントは、全く当てになりません。 それはプレーし続ける間、ずっと投資し続けるからなのです。

あなたは、パチンコとスロットを【時給マイナス3000円から4000円】とお考えください。

プレーし続ける限りどんどん負け続ける、それがパチンコとスロットなのです・・・。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

よろしければ、お気に入りに追加してね!