掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!
(携帯からもどうぞお気軽に!)



おはようございます、タカビーです。


〜1首、詠んでみました・・・。〜


『長女へ』

MKNBDRT行ってきます

そう言ってから

キミの場合

あいも変わらず

5分かかるね



毎朝ですが、とにかく時間がかかります。 見ていてハラハラします、タンスの前でゴソゴソ下駄箱の横でゴソゴソ・・・。


まあ、年頃の娘がいるとこんなものなんでしょ!


〜お手数ですが、応援クリックいただければ嬉しいです!〜


2つのバナーをクリックしてね!

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜お手間かけます! 携帯からのあなたは、人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。


ありがとうございました。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【イネイブラーの元では】



〜昨日の続きです。〜


ここで重要なことがあります。 その偉大なるイネイブラーの背中を見て育った人物がいるということです・・・。


それはとりもなおさず、6人の子供たちです。 そしてもう一つ重要なことがあります。


〜その6人は、祖父の背中も見て育ったということです・・・。〜


私は今までも、このブログで書かせていただきましたが、子供の場合育つ過程で女の子は母親を、男の子の場合は父親を手本にして育つ傾向が有るということです。


こういった原則どおり、祖母の家では依存などの問題こそありませんでしたが、シッカリとした女兄弟とどうにも頼りない男兄弟が出来てしまったようです。


〜そしてそのうちの一人が私の母なのです・・・。〜


以前世話になった教授は、私にこう言いました・・・。


「タカビー君、カミさんを貰うなら、少し頼りなくて問題が有る親父の居るところから貰ったほうがいい・・・。 その方が後々楽できるからね・・・。」


当時は、そんなものかな?と思っていたのですが、今思えばとんでもないことです。 つまりこの教授は、イネイブラーをカミサンにせよと言っていたのですから・・・。


余談ですが、祖母はかなりの歳になっても他人を手伝うということをやめようとはしませんでした。 ちょくちょく母や母の妹が、「もう無理せんと、いい加減にしたらどうなん!」と呆れて言っていたことを覚えています・・・。


今になって思えば、偉大なる祖母も今までの家の慣習をシッカリと引継ぎ、その結果子供たちにもその遺産を引き継いだといえます。


それでも家がちゃんと成り立っていたのが、昔の日本でした。 ところが男女同権が叫ばれるようになり、共稼ぎ世帯の増加と核家族化が進んだ結果、こういったイネイブラーの残した遺産は負の遺産になることが多くなりました。


〜それはつまり、こういったことです・・・。〜


●仕事以外は、家のことを全く顧みない(かえりみない)夫

1.共稼ぎ増加とともに、家での存在感が薄くなりました

2.思いやりのない旦那と思われるようになりました

3.家で過ごすことが苦痛になってきました

4.子供に尊敬をされることが困難になってきました

5.何もしない父親を手本としているので、責任感がなく家の中では浮いた存在になりました


●仕事をするようになった妻

1.今までのように多くの家事にまで、手が届かなくなりました

2.収入を得れる為、自立しやすい環境が整いました

3.家事をしない夫に対して、不満を持つようになりました

4.家族にとっては、今まで以上に頼もしい存在になりました

5.昔の「家」では有り得なかったことですが、夫に対して不平不満を堂々と言うようになりました。



私はそもそも日本という国は、イネイブラー(共依存)の国であったと思っています。 そして一昔前は、それでも上手く機能していたのです・・・。


〜よき頃の、日本ですね・・・。〜


それが社会全体の変化により、こういった現象が起きるようになりました。 ましてや核家族化した家の中では、子供たちを包んでくれる祖父母の姿もありません・・・。


だから子供も、そして時には夫さえもが家のなかに居ることが苦痛で外で過ごしたくなります。 そういった中で帰宅拒否とパチンコ依存などの問題や、引きこもり・非行などが増えるのは無理のないことかもしれません・・・。


〜圧力の前で人の取る行動は、逃避なのです・・・。〜


依存をはじめとする心の病やうつなどについて、最近多くの問題が浮上してきているのは、こういった背景があるからだと感じます。


【今、あなたにできること】


それでは、これから私たちは一体何に気をつけて生きていけば良いのでしょうか? その答えはただ一つです・・・。


それは、そういった負の連鎖をあなたの代で断ち切ってしまうことです。 このこと意外にありません・・・。


本人の人格を尊重して、かかわらないことです。 過度のお節介は、特に禁物です。 そういったスタイルで家族に接し、常に子供たちの視線を感じて行動されてください


今現在依存など、既に多くの問題が起きているというのであれば、本人に対しては干渉せずに放置することです。 


イネイブラーの一番良くないことは、対象とする人物の自立を妨げることです。 その人物がギャンブルへの依存者であるならば、脱パチ3原則が基本です。


子育てであるならば、子供に人格が備わってからの躾はしないことです。 口を出したいのを堪えて放置し見守ることが大切なのです・・・。



そしてあなたへ最後にひとこと・・・。


あなたのパートナーがあなたなしで生きていけないとは、決して思わないことです。 人はそんなに柔な生き物ではありません。


温かく見守るということこそ、本当の愛だと知ってくださいね!


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

よろしければ、お気に入りに追加してね!