おはようございます、タカビーです。


時間が無くちゃんとした記事が書けないのですが、少しづつ書かせていただきます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3281732558_0aee1cac35たいていのギャンブラーは勝ち逃げできない



あなたがパチンコでもスロットでも、競馬でもいい・・・・。 何かギャンブルをしている時に考えていることとは、一体何だろう・・・?


それは運良く勝負に勝って、適当にズラかるということではないだろうか? つまり「うまく勝ち逃げする!」ということだ・・・。


■投資額によって変わるギャンブラーの心理


まずあなたにお尋ねしよう! あなたは自分が勝ち逃げできると思っているだろうか?


ボクにも経験があるけれど、パチやスロで負けているときは、ある一定額以上投資をすると勝てなくなるポイントが有る。


つまり負けが確定するというポイントだ。 そしてよく考えてみると、投資額によって次のような心理が働いているように思う・・・。 ようはハマっていくごとに変わっていく、ギャンブラー特有の心理である。


STEP1 少ない投資額のとき

・何とか初当たりを拾おうとする
・今から勝つんだという意気込みがある


STEP2 そこそこの額を投資したとき

・初あたりが来ない不安
・一発当てれば勝てるという期待感


STEP3 予想以上の投資額になったとき

・投資額の回収を考え始める
・今日は勝つことが難しいと考える
・取り戻そうと考え始めている


STEP4 どうにもならないくらいの投資額を費やしたとき

・勝つことは完全に諦めている
・投資額の回収のみが目的になってくる



■ギャンブルが勝ち逃げできない理由


投資額が少ない時にアッサリと勝ってしまうと、そのまま帰れないのがギャンブルというものです。


例えば、朝一にホールに入り投資額2〜3千円で吉宗の8連チャン・・・。 こんなときは、ホールに入ってから僅か40分くらいで5〜6万円勝っていることになります。


完璧な勝ちパターンですが、ここでやめないのがギャンブラーなのです。 もっと勝てるかもしれないと考えて、プレーを続行してしまうのです。


その心理は、「勝てるときに勝っておかないと、損だ!」とか「今までの負け分を今日は取り戻しておかないと・・・」といったものです。


通常ギャンブルは何か物理的なきっかけがないと、途中でやめにくいのです。 物理的なきっかけとは・・・


1.閉店時間になる

2.投資する金が無くなる

3.遊戯する時間が無くなる



これらのことです。 どうでしょう? あなたも身に覚えが無いでしょうか?


通常遊戯していても、勝ち逃げしにくい理由はこのあたりにあります。 また、ギャンブルとはそもそも負けるものですから、勝って逃げるなどという虫の良い話はないといえるのです。


私の知る一人の男は、競馬で万馬券を的中させ50万円ばかり勝ちました。 あの時彼がこう言っていたことを覚えています。

「これで満足した! 俺は競馬から足を洗える・・・。」


私の知り合いは以前、大阪市内のホールでミリオンゴッドという賭博性の高いパチスロ機プレーし、5万8千枚抜きました。 当時の交換率は8枚でしたが、72万円くらいの勝ちです。 彼もその時、こう言いました。

「俺はもう堪能した! これでキッパリとゴッドをやめれる・・・。」


結果的に二人ともギャンブルに依存して、行方知れずになっています。 勿論、勝ち逃げなどできるわけなど無く、2か月もしないうちに全て使い果たしてしまったそうです。


今日のポイント

ギャンブルで得た金には毒があります。

勝ち逃げして自分の財布にねじ込むことなど、まずできません。

勝ち逃げできないもの、取り返せないもの、それがギャンブルであると心得てください。



今日も最後までありがとうございました。


掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)

カウンター参加者はコチラから!あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。


タカビーのツイ友になってくださる方は、PCからはタカビーのTwitterページ携帯からはタカビーの携帯Twitterページまでよろしくお願いいたします!(フォロー確認し次第、私もフォローさせていただきます。)

よろしければ、お気に入りに追加してね!