おはようございます、タカビーです。

2119929004_7f04911013今日は依存症ギャンブラーにとっての借金というお題で、書かせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

依存症ギャンブラーにとって借金とは



さて、依存症ギャンブラーはなぜ借金までしてホールに通い、毎日パチやスロに明け暮れるのでしょうか? 私はその主な理由について、次の二つを挙げたいと思います。

1.パチとスロに行くことを前提とした生活習慣:行かないと気がすまない

2.金銭への執着:失った金銭に対する未練・後悔


ここではその理由として、2.の金銭への執着についてお話していきます。


■人が借金する理由とは


前回の記事で、私はこう書きました。

>しかしながらこれら3つの中で、10.ギャンブルの資金を作るために借金をすることがありましたか?というのは、もっと深い意味を持っています。

借金する原因が金銭感覚の麻痺であることは、まず間違いないことでしょう。 しかしながらなぜギャンブル依存症になった人は、ギャンブルの為になら平気で借金をするのでしょうか?

だって借金することが好きな人なんて、絶対にいないでしょうからね・・・。

実は借金するという行為は、よほど必要に駆られた時にしかしない行為なのです。

そしてもう一つ大切なことは、人は通常、返せるあてのない借金をしないともいえるのです。

それにもかかわらず依存症ギャンブラーは、平然と借金を繰り返します。 それはなぜなのでしょうか?


■取り戻せるという錯覚


金銭感覚が正常な人ならばわかることですが、ギャンブルで収入を得ることはできません。 勿論この場合、特殊な存在としてプロは除外いたします。

収入が得れないのであれば、本来借金はすることができません。 そもそもギャンブルとはそういった事実から、借金して遊戯してはならないものなのです。

ここからが大切なことなのですが、多くの依存症ギャンブラーは「自分が遊ぶ為にパチ屋へ行く」とは考えていないです。

いってみれば「義務感に駆られ、今までの損失を取り戻そうとして」通います。


■ギャンブルとは本来遊びであるはず・・・


ギャンブルは本来遊びであるはずです。 しかしながら、依存症ギャンブラーの多くはそう考えていないのです。 

「自分は行かなければならない!」という義務感を持ってパチ屋へ通うのです。 こういった人は逆に「遊びでパチ屋へ行くなど、とんでもない!」とまで考えている場合が多いです。

こういった変な錯覚が起きるのは多くの場合、ギャンブルに依存してかけがえの無いお金を失ったしまうことが原因です。 つまり依存症ギャンブラーにとって、パチ屋へ行かないということは・・・、

負けを認め、取り戻す権利さえ無くすことに他なりません。 だからこそ借金までして取り戻さねば!と義務感を持って通い続けるのです。


■借金するための言い訳となり得るものとは


ここでは借金するという行為が、ちゃんと正当化されていますね。 つまり、こういったロジックです・・・。

1.パチやスロで大切なお金を失ってしまった

2.取り戻そうにも お金を得る術が無い

3.仕方が無いので パチ屋で取り戻そう!

4.オレは その為に借金をするんだ

5.オレが好んで遊ぶ為に 借りるのではない

6.失ったお金を得る為にするんだ

7.取り戻せたら もう二度と借金などしない

8.だから借金するのも やむを得ないことなのだ!


勿論取り戻そうという理由は、時には「返済するため」
という大義名分になることもあるでしょう。 ようは自分がギャンブルする為に都合よい言い訳なら、何でもよいのです。

「返済するため」という表向きの理由がいつしか、「取り戻せるなら 返済も一気にできるじゃないか!」となってしまいます。

いかがだったでしょうか? こういった例は、あなたやあなたのご家族に当てはまらなかったでしょうか?


次回より今回のシリーズのまとめとして、具体的な対策について書かせていただきます。 今日も最後までありがとうございました。


掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)

カウンター参加者はコチラから!あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。



☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。


タカビーのツイ友になってくださる方は、PCからはタカビーのTwitterページ携帯からはタカビーの携帯Twitterページまでよろしくお願いいたします!(フォロー確認し次第、私もフォローさせていただきます。)

よろしければ、お気に入りに追加してね!