おはようございます、タカビーです。

昨日に続き、金銭感覚を取り戻すための具体的な方法です。

よろしくお願いいたします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

勤労なくして快復なし



ギャンブルすることで被る金銭的損失を考える場合、その最も大きなものは「ギャンブルでの負け金」です。

しかしながら実際にギャンブルが与える金銭的損失は、それだけではありません。 そしてもう一つ言うならば、働くことで金銭感覚は快復できるのです。


■時給マイナス3〜4千円プラスα


パチンコやスロットが時給マイナス3〜4千円の遊戯であることは、昨日の記事で書かせていただきました。

しかしながらよく考えてみてください。 もしあなたがパチ屋へ行かずに、その時間で働いたとしたらどうでしょうか?

これも以前の記事で書きましたが、パチやスロをプレーすることで被る損失はあなたがその時間働けないというリスクも含んでいるのです。

今現在、最低賃金は都道府県の条例によって違いますがだいたい800円前後かと思われます。

ということは、もしあなたがパチンコやスロットで1日に3時間プレーするのであれば、全てとはいかないでしょうが負けた金額の他に2400円お金を失っているともいえます。

大まかな計算ですがパチンコで月に4万円ヤラれた人は、(1+0.2)×40000円=▼48000円と、約2割増しのお金を失っています・・・。


■勤労することの意味とは


123159717_5a651705ae_m勤労が大切な理由は、何も失う金銭のことばかりではありません。 今回のシリーズでも何度か申し上げていますが、ギャンブルとは遊戯であり、生産行為や勤労ではないのです。

自ら働かずしてお金を得ることはできません。 ギャンブラーは、とかくこのことを忘れがちです。 そしてあなたや家族が生活していくためには、勤労による収入が不可欠なのです。

「勝ち続ければ、生活に苦労することも無い」などと誤解されている方も多いですが、ここは今一度勤労の意味を再認識する必要があります。


今日のポイント

・パチやスロをしていると、負けた金額以上にお金を失うことになります。 

・遊戯している時間を勤労に使えば、あなたは負ける金額+収入を得ることができます。

・あなたやあなたの家族が暮していく為に必要なお金は、働くことでしか得られません

・働くことであなたは、お金を得ることの苦労を実感できます。

・働けば、あなたは今まで自分が安易にサンドに放り込んでいた千円札の重みを知ることになります。



今日も最後までありがとうございました。


掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。


タカビーのツイ友になってくださる方は、PCからはタカビーのTwitterページ携帯からはタカビーの携帯Twitterページまでよろしくお願いいたします!(フォロー確認し次第、私もフォローさせていただきます。)

よろしければ、お気に入りに追加してね!