おはようございます、タカビーです。

389951008_2767c75410_m金銭感覚が狂っているということは、物の価値が理解できていないということでもあります。

今日は、そういったお話です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

物とお金の価値を今一度認識してみる



昨日は、最近の問題としては避けて通れない1パチと5スロについてのお話でした。 実はこの話はギャンブラーの金銭感覚を語る上で、極めて重要な話です。 というのは・・・、

いつも無謀な勝負をするギャンブラーといえども、レートのことを気にしているのは確かで、最後のかすかな望みともいえる金銭感覚をかろうじてこのあたりで持っているともいえるからです・・・。


■あなたは物の値段をご存知でしょうか


物の価値について少し前の記事で書いたことが有りました。

>例えば一昔前なら、「キミ、今酒屋でビールは1本いくらするんだ? 3000円くらいするのかね?」なんていう先生がいました。 ウソでは有りません、笑い話ですが実話です。

こんな記事だったのですが、ようは日頃買い物などに無頓着な人は物の価値と価格に音痴であるということです。 このことは依存症ギャンブラーにそのまま当てはまります。

まだやってみたことが有りませんが、依存症ギャンブラーの方たちにアンケートをして・・・

「今、スーパーで卵1パックいくらかご存知ですか?」というような質問をしてみたら面白いと思います。

さて、あなたはこの質問にどうお答えになったでしょうか・・・?


■何の為のケチなのか・・・?


勿論あなたが主婦であるのなら、すぐさま「特売なら100円、いつもなら180円」とかちゃんと答えることができるでしょう・・・。

依存症ギャンブラーの主婦たちは多くの場合、スーパーの中に居る時はいたって普通の主婦なのです。 いや、それどころか、もっとケチな主婦である可能性が高いです。

しかしながら買い物をケチるわりに、サンドに千円札を放り込むのにはいささかの抵抗もありません。

こういった現象はなぜ起きるのでしょうか?

それは殆どの場合、ギャンブルに依存することによって金銭の価値観が変わってしまっているからです。 

簡単に言えば

「買い物の金額をケチってでも、パチすることのほうが大切」そう思い込んでいるということです。


■無知なのかケチなのか?


こういった場合、卵1パックいくらかを知っていながらパチに依存している方が重症だといえます。 

つまりケチは無知を超えるのです。 間違いなくケチなギャンブラーほど依存度が高いといえるでしょう・・・。

パチ屋に通いながらも、ちゃんと昼時になれば食事を取り「たまには贅沢もしてみようか!」そう思える人はあまり金銭感覚が狂っているとは思えません。

問題は昼飯までも抜いて、遊戯に没頭する人たちなのです。

こういったケチな人たちは、頭の中にあるお金の価値がギャンブル一色になってしまっています。 狂った価値観を正常に戻す為には、ちゃんとしたお金の使い方を知る必要が有ります。


今日のポイント〜お金を使うことも快復のクスリ


お金を使うことで正常な金銭感覚を取り戻すことも、時には必要です。

その為には買い物をするときに「底値表」などを用いて節約し、一方で惣菜などを購入せずに「安い金額でおいしいものを作る工夫」をされてみたら良いと思います。

もしあなたが男性であるのなら、たまには週末に奥様の買い物に付き合い、新しい料理にチャレンジするのも良いと思いますね。


どうぞよい意味での節約を身につけてくださいね!


今日も最後までありがとうございました。


掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


カウンター参加者はコチラから!あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。


タカビーのツイ友になってくださる方は、PCからはタカビーのTwitterページ携帯からはタカビーの携帯Twitterページまでよろしくお願いいたします!(フォロー確認し次第、私もフォローさせていただきます。)

よろしければ、お気に入りに追加してね!