おはようございます、タカビーです。

今日は第2の心の力と成り得る「観念」についてのお話です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

観念を養うとは 敗北を認めること


2459782421_ec4e6aa9ae例えばあなたが誰かと勝負して、負けを宣言するとします。 それはどんなときに、負けを認めようとされるでしょうか?

おそらく負けだと観念するのは、自分よりも相手が実力的に勝っている時ではないでしょうか? つまり「こいつは、叶わないや!」と思うからこそ人は負けを認めるのです・・・。

これは禁パチ・禁スロに対しても同じです。 いつまで経ってもパチ屋に通い続けるのは、通い続ける人がパチンコとスロットに対してちゃんとした観念を持っていないからなのです。

依存症ギャンブラーが持つべき観念のことをGAでは、「無力である」と表現しています。 つまりパチとスロに対して「ひょっとしたら、また勝てるかもしれない!」などと考えている間は、何度もスリップの憂き目に遭う可能性が高いといえるわけですね・・・。



■何度も何度もスリップする人の特徴とは

それはひとことで言えば、いつまでたっても潔くパチやスロに対して負けを認めれていない人たちです。

つまり負けを認められないからこそ挑み続け、挑み続ける行為がスリップであるともいえましょう。

スリップするときの心の中にあるものは・・・、

・お金が増えるかも
・取り戻せるかも
・あわよくば 勝てるかも


という甘い考えが殆どです。

ですから・・・

・自分は他人よりも目押しが上手い
・機械のスペックを知っている
・攻略法を読んでいる
・ハズしも万全だ
・ツレも多い
・情報通だ
・釘が見れる
・ボーダーも頭に入っている
・俺はこのホールでは一番だ!


これらのことが頭から離れない人ほど、何度もスリップします。 以前の私がそうでした。 だからこそ、このあたりの考え方は人一倍良くわかります。

だからこそ・・・


・研究熱心で
・努力家で
・マメで
・負けず嫌いで


これらの特徴を持った人ほど、ハマってしまえば抜け出しにくいのです。 つまりそういった人たちは、いつまでたってもパチとスロに敗北宣言できないわけです。


■アツい人は やはり冷めにくい

マニアックな人ほど、パチ屋のカモになりやすいです。 それはそういった人たちの心の中に、パチとスロに関するちゃんとした観念が育ちにくいからなのです。

それではこういったタイプの人は、どうすればちゃんとした観念を持つことができるのでしょうか?

明日へと続きます。 今日も最後までありがとうございました。


掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否を解除されてください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。


よろしければ、お気に入りに追加してね!