こんにちは、タカビーです。

過払い最近、更新が遅い時間になりました。

今日も滑り込みセーフの時間帯ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

今日は、「過払い請求の落とし穴」というお話です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
素晴らしい方法だが やり方を間違えると


先日よりお勧めしている過払い請求ですが、実際には請求する前から変換後までにおいて気をつけるべきことが多いです。

こういった話は、あまり聞く機会がないかもしれないので、今日は「過払い請求の落とし穴」として書かせていただきます。



■過払い請求 自分でもできるのでは!?

こういった疑問をお持ちの方が多いです。 現に昨日、自分でできないのかというご質問のメールを送ってこられた方がいらっしゃいました。

結論から言えば、過払い請求は自分でもできます。 

ただし、けっこう大変です。

・書類
・請求できるかどうかの判断(請求する意味があるのか?)
・時間と手間
・貸し金業者との交渉


少なくとも、これだけの問題があります。 というか、会社に勤めておられる方なら、殆ど不可能ではないでしょうか?

過払いがあるかどうかを判断することは個人でもできます。 そういったサイトも存在します。

ただし、正確な取引の履歴を貸し金業者より取り寄せる必要があり、それに基づいて書類を作成したり相手と交渉したりする必要があります。

これは時間と手間がかかる作業で、通常の人では殆ど無理ではないでしょうか?

離婚を経験されている方は離婚調停などの経験をされたことがあり、同じくらいの感覚でおられる方が多いです。

しかし相手は弁護士をつけた金融業者です。 個人相手のように、そうそう簡単にはいきません。


■過払い請求した後の大きな問題とは

それはズバリ、返還されたお金の使い道です。

返済途中なら、金利分ぐらいの負担が減りますので、まず間違いなく返済額が激減します。

もしも返済後の請求であるのなら、お金が手元に戻ってくることになります。

いすれにせよ、「お金を持て余す原因」を作ってしまうことになりかねません。

過払い請求した後、節約できたお金をどうするか?早めに決めて貯蓄に回すなどされてくださいね。

せっかく戻ってきたお金です。 その使い道を誤れば、また地獄行きが待っているのです。

どうそご注意くださいね。


●掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


●タカビーがお勧めする金銭問題の専門家への無料メール相談

PCからはコチラ
携帯からはコチラ

あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。

★1日3分、10回で終了! 基礎メール講座

⇒ギャンブル依存症克服 基礎メール講座登録受付中!


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否を解除されてください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。

よろしければ、お気に入りに追加してね!