こんにちは、タカビーです。

girl3ギャンブルに依存すると、多くのものを失います。失うものといえば…

・お金
・時間
・信用
・健康

などでしょう。しかし気付いていない人が多いのですが、実際にはもっと大きな物を損失しているというのが私の考えです。

その、もっと大きなものとは何か……?

それは「命」じゃないでしょうか?


命の浪費とは

「一番もったいないのは、あなたの命だ!」

などといえば、ここでこう言う人もいることでしょう…。

「命って つまる所は時間なんじゃないですか!」「健康への被害ってことなんでしょう」

でもこれは違います。 あえて言うならば命とは「時間」ではなく「人生における旬」なのです…。



■ギャンブルは やめた瞬間から効果がある


私は日常的に「ギャンブルをやめるのに 遅すぎることはない」とお話しします。 また「間に合わないことはない」と、お話することも多いです。

これはどういったことかといえば、簡単にいえば依存症ギャンブラーの場合、ギャンブルをやめた時から数々の問題が解決するということなのです。 通常の場合、依存症ギャンブラーがギャンブルをやめると…

・金銭問題
・人格低下
・虚言癖
・社会的信用の失墜
・家庭問題

少なくともこれらの問題から、遠ざかることができるのです。 勿論、ギャンブルをやめたからといって、すぐに借金がゼロになるというものではありません。

ですが、少なくとも今現在と将来に渡って、借金する心配から解放されるのは事実でしょう。 

だからこそ、ギャンブルをやめた瞬間から大きな効果を期待することができるのです…。


■人生には「旬」が存在する

例えば、あなたが60歳だとします。

常識的に考えてあなたは…

・恋することができますか?
・ハードなスポーツができますか?
・好みの本を一晩かけて読破できますか?
・好きなものを たらふく食べれますか?
・ハードな旅行に出かけられますか?
・新しいことを学ぼうと思えますか?
・仲間と未来を語り合えますか?

勿論、中には「できるぞ!」と答えれる頼もしい方もいらっしゃると思います。 ですが、私は「うーん 無理かもなぁ」と考えてしまいます。

長い人生とはいいますが、やはりその時々の年令に応じた「旬」というものが存在すると私は考えます。 これは何も、若けりゃいいということではありません。

そこそこの年令になってから気付くことだって、多いと思います。 年寄りには年寄りの良いところがあります。 ですがその「年寄りの良いところ」までもが、ギャンブルすることによって失われる場合もあるということです。

メルマガなどでも書いていますが、年老いて知っているのがパチのプレミアムリーチやスロの天井ゲーム数などだけなら、これほど悲しい事はありません。

もしもあなたが今、ギャンブルに依存しているのであれば、それは人生の旬に気付かず生き続けていることになります。 人生の旬は、お金や時間同様、二度と戻っては来ないのです…。

何よりも勿体ないもの…。 それは、あなたの命そのものではないでしょうか?

明日へと続きます。

今日も最後まで、ありがとうございました。

よろしければ、お気に入りに追加してね!