こんにちは、タカビーです。

girl9昨日、人生の旬というものについてお話しさせていただきました。 少し補足しておきます。

勿体ないのはあなたの命であると、昨日私はお話しさせていただきました。 そして人生にはその時々に旬があると、説明しましたね。

ここでいう生命というのは、あなた自身の「存在」でもあるということです。 人生の旬を有意義に過ごせるかどうかで、あなたの存在は全く違ったものとなることでしょう。

人生というのは一つのステージです。 そこではあなたが主役なのですが、主役がどの様な存在になるのかはあなた次第です。 もう一つ言えば、物語をハッピーエンドにするかどうかもあなたが決めることです。

つまらないと感じながら人生を終えてしまうか、それとも「ああ、素晴らしい人生だった!」と思いながら終えるのか、それはあなた自身が選ぶことなのです…。

さて今日はそれに関連しますが、ちょっと脇道に反れたお話となります。


旬(ピーク)は少し遅れてやってくるというハナシ

私の経験談を少しお話させてください。 

私は今までにいろいろなスポーツをかじって参りました。 また仕事に関してもいろいろな仕事を経験してきました。

そういった経験から今感じることなのですが、物事の結果というものは少し遅れてやってくるということです。



■なぜ結果は すぐに出ない?

スポーツの場合など、がむしゃらに練習すれば当然のように上達します。 ですが、本当に結果を残せるのは努力してしばらく経ってからということが多いように感じます。

最初私はこのことに気づいた時、きっと結果を出す機会が後になるからだと思っていました。 ですがある時、その考えが間違いであることに気づきました。

例えばテニスにせよゴルフにせよ、練習をする際に「どこの筋肉を どのように使うのか?」ちゃんと理解する必要があります。

テニスの場合、通常のグリップで構えた時、ラケット面は打つ方向と90度ズレたままです。 つまり体を開いた状態でボールをヒットすると、ちゃんと飛ばないなどの問題が出てきます。というか、そもそも人間の体がそうなっているわけですから、仕方が無いといえるでしょう。

そこで上達するために必要なのは、特殊な筋肉をちゃんとした方法で使うという動作です。経験上、ここで踏み外すとテニスは上達しません。

ところが悲しいかな、よほど優秀なインストラクターにでも巡り会わないと、そういったことは教えてもらえません。 後に自分自身、経験を通して会得していかなければならないのです。


■結果は 努力よりも少し遅れてやってくる

その結果、「結果は 努力よりも少し遅れてやってくる」という珍妙な現象が起こることになります。それともう一ついえることがあります。

体力や技能よりもブレイン(頭脳)は、成熟に時間がかかるのです。 ある程度経験を積めば、練習の有無にかかわらず頭の中は上達を続けます。

このことは超がつくほど重要なことなので、繰り返します。

体力や技能よりもブレイン(頭脳)は、成熟に時間がかかるのです。 ある程度経験を積めば、練習の有無にかかわらず頭の中は上達を続けます。

勿論、プロの選手や一流のコーチなどはそのあたりについて習熟しているので、即結果を出す人が多いようです。 ですから、これは一般論に過ぎません。

もしもあなたが、「なかなか結果がでない」とお嘆きであれば、もう少し長いスパンでお考えになられてはいかがでしょう? そして、スポーツに限らず、物事の上達には多少の熟成期間が必要だということも知っておいてください。 

今夜はメールでの相談にお答えするという形で、書かせていただきました。

今日も最後まで、ありがとうございました。

よろしければ、お気に入りに追加してね!