こんにちは、タカビーです。

いよいよ今日は、最後のチェックポイントである「マインド」についてのお話です。


依存すると心は成長を止める…

人間というものは、だてに歳を取るのではないと思います。 歳を取るにつれ肉体は衰えますが、何もかもが衰えるとは限りません。

例えば昔から、老人に人格者・知者が多いのは周知の事実です。 それは長生きしたという事実だけでなく、その間に経験したことから学んだことが生かされた結果だと思います。

ただし、その人物がどの様に生きたかということも大切だと思います。 例えば若い頃よりパチ・スロしか知らず、毎日のようにホールに足を運んでいるような人物であれば、知っているのがホールに置かれた機械のことだけ、なんてことにもなりかねません。

サンドに千円札を放り込んで、プレミアムリーチを待ち続けるだけの人生など寂しすぎます。 汚れたコインを握りしめ、機械の一部分が光るのを今か今かと待ち続けている老人は、惨めです。

ですがギャンブルに依存するということは、まさにそういった人生を歩んでいるに他なりません。 また逆にいえば、依存から快復・克服するにつれ、止まった心も本来の力を取り戻し始めるのです…。



■快復・克復に伴う マインドの変化とは

私は依存から快復・克服するにつれ、心に大きな変化が起こると感じます。 よろしければ、以下のチェックポイントから、あなたのマインドを診断してみてください。

STEP7 マインド:あなたの心の中に次のような変化がありませんでしたか?

・自分が依存していたと はっきり理解できる
・今まで自分は自己中心的だったと思う
・優しい気持ちになれることが多くなった
・早く社会復帰したいと心から願っている
・これから頑張らねばと思う
・結婚を考えるようになった
・家族を愛している
・部屋が綺麗でないと落ち着かなくなった
・早く自立したいと思う
・今まで ムダな金と時間を使ったと感じる
・ギャンブルでお金を増やすことはできないと感じる
・他人を思いやる気持ちが生まれてきた
・人付き合いは 大切にしようと思う
・人間関係に手抜きしないようになった
・今の自分が好きだ
・将来の目標がある
・将来の夢を持っている
・今まで迷惑をかけた人たちに 申し訳ないと思う
・今まで迷惑をかけた人たちに 心から謝罪しようと思う
・親孝行・カミサン孝行がしたい
・家族とたまには 旅行に行きたい
・今までの自分を許そうと思う
・今まで自分に関係した人たちを許そうと思う
・立派な人物になりたいと思う
・他人から尊敬される人になりたい


これらも、今まで寄せられた皆様の経験から作ってみた設問です。 自分の快復・克服の度合いを知るには、ちょうど良いのではないでしょうか?

ただし、これらの項目の殆どにチェックが入るのは、かなり難しいことだと思います。 なぜなら、自分の棚卸という作業を挿まなければならないからです。

克服というものは、単に「依存の対象と離れて暮らすことが苦痛でなく 日常的になる」ものだと思います。 この克服というものをより強固なものとし、新しい自立に向かって進むSTEPの入口ともいえるものが「自分の棚卸」といえるでしょう。

自分がどこから来たのか知るということは、取りも直さずこれから自分がどう進むのか考えるための舵ともいえるのです。

さて、このシリーズは今日で終わりです。 あなたは順調に快復・克服されていますか?

今日も最後まで、ありがとうございました。

よろしければ、お気に入りに追加してね!