こんばんは、タカビーです。

私は今までに禁パチ・禁スロが半年以上続いた方から、たくさんメールを頂戴いたしました。 そういった方々の殆どが、次のようなことをおっしゃっています。

・金銭感覚が戻ってきました
・今までの異常さに気づきました
・パチ・スロのことを考えない日が多くなりました
・ウソをつかないで暮らせています
・家に笑顔が戻りました
・仕事にやる気が出ました
・これから頑張れるという気になります
・やめてよかったです


喜びとしての達成期間

禁パチ・禁スロは、なかなかつらく大変なものです。なぜなら依存症ギャンブラーの殆どが、パチ・スロすることを習慣としているからです。好きなものと縁を切るということは、誰だってつらいに決まっています。

ですが、禁を続けることにも楽しみがあります。 それは前述のように「効果を実感し 自信を持てる」ということです。



■不安から希望へ

私は今までより、「これだけの期間頑張れば こういった効果がありますよ」とお話しすることが多かったです。正直、こういった言葉は依存症ギャンブラーにとって気休めにすぎません。実際経験してみればわかるのですが、禁パチ・禁スロ当初は不安なことばかりなのです。 

不安なこととは、まず、今までに失ったお金を放棄せねばならないという無念さと悔しさに起因するものです。「このまんま 本当にやめちゃっていいの?」と自問したことがある人も多いことでしょう…。

次に、今までパチ・スロしていた時間をどうやって埋めようかという心細さです。パチ・スロするのが習慣だったわけですから、そういった不安に対し誰がどう話したところであまり説得力はありません。 ですが、行かない日を積み重ねることにより、不安が解きほぐれていくことは事実です。

行かないことによる効果は、日毎に訪れます。禁パチ・禁スロ日数を積み重ねることは、あなたの不安を希望へと変えてくれるのです。 

このシリーズは今夜でおしまいです。 今日も最後まで、ありがとうございました。

よろしければ、お気に入りに追加してね!