こんばんは、タカビーです。

今夜は、お付き合いしている人が依存症ギャンブラーの場合について考えてみましょう。既婚者の場合と比べ、何がどのように違っているのか、書かせていただきます。


背負うリスクの大きさ

昨夜私は、離婚のメリットとデメリットについて書きました。依存症ギャンブラーとの離婚は、金銭的不安から解放されるというメリットがある一方で、離婚後にお金を回収するめどが立ちにくいということです。

ここであなたに知っていただきたいことは、金銭問題も含めて依存症ギャンブラーとの結婚はとてつもなくリスキー(不安が多い)だということです。

次に「結婚することによって予想されるリスク」について、詳しく書いてみます。



■依存症ギャンブラーとの結婚に存在するリスクとは

以下、結婚前から結婚後に考えられるリスクです。

・子育ての不安:依存症ギャンブラーと暮らすことによって、家庭内での揉め事が確実に増えます。これは当人同士のみならず、子育てにも大きな影響を与えます。

子どもがAC(アダルトチャイルド)になったり、非行したりする原因の一つは家庭内における揉め事です。依存症ギャンブラーがいる家庭では、常に家庭内が荒れている状態だといってもよいでしょう。依存症ギャンブラーとの結婚は、将来の子孫に悪影響を与える可能性が高いといえます。

・金銭面での不安:言うまでもありませんが、依存症ギャンブラーは家にあるお金にまで手を付けてすべてギャンブルに使い果たします。金銭的不安は、一番大きな問題といえるでしょう。

また依存症ギャンブラーは家人に隠れて借金をするので、気づいた時には膨大な借金が残されている場合が多いです。だからこそ、ギャンブルへの依存は本人ばかりか家ごと破綻・破滅させる可能性が高いのです。

生活面での不安:これも金銭と関係ありますが、ちゃんと仕事しなかったり、職場でお金を着服したりするのが依存症ギャンブラーです。

借金の不安ばかりか転職を繰り返すケースが多く、生活が安定しないといえます。最悪の場合、犯罪を犯したりする危険性もあります。

・精神面での不安:これらの不安を抱えて夫婦として一緒に暮らすということは、常に大きな不安を抱えたまま生活するということです。

依存症ギャンブラーの行動に悩んだ方が精神的に参ってしまうケースは、とても多いといえます。

・タイムロス:結婚前に相手が依存症ギャンブラーであることがわかっている場合、快復・克服を相手に託そうと考えらえる方が多いです。つまり、「本人が ちゃんと立ち直ったら結婚しよう」と考えられるわけです。

ところがギャンブル依存症を克服するためには、一定の期間依存の対象と離れて暮らす必要があります。私は我慢1年・克服3年とお話ししています。

順調にいったとしても、それだけの時間がかかるわけですから実際はもっと長い期間を経ないといけないと考えるべきでしょう。結婚適齢期の女性が貴重な時間をそれだけ費やすのも、どうかと思います。



■結論として

婚姻関係がない場合、離別に対する負担は既婚者に比べて圧倒的に少ないです。ところが、それが盲点になって、結婚後の負担について考えない人が多いです。

昨日も書きましたが、依存症ギャンブラーとの離婚というものは 莫大な損失を被った後の「最後の決断」といえるのです。ここで離婚という事実だけを見てはなりません。離婚に至るまでの経過・過程をよくご覧いただきたいと私は思うのです。

そしてそういったものを見て、「私の心と体は 果たして それだけのリスクに耐えることができるのか?」と、よく考えられるべきでしょう。

明日はシリーズのまとめをお届けいたします。今日も最後まで、ありがとうございました。

よろしければ、お気に入りに追加してね!