おはようございます、タカビーです。今日からシリーズ記事ですが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

最近、掲示板で次のような書き込みを見ました。

11月28日 掲示板での書き込み

自分はパチンコ歴10年 だらだら続けてしまい気付けば辞めたいのに 辞めれない自分がいた 本当に死ぬほど辛かった これは依存症だと気付く ギャンブルに苦しむ人はほどほどにやる事は不可能らしい

一生やらない事が完治という事になると知った ギャンブルを嫌いになるしかないと考え やっとみつけました ギャンブルを嫌いになる考えを これで皆で必ず辞めましょう

パチンコとは?

怠け者製造機 人をうそつき、お金の汚い人間にしてしまう

大切な人脈 お金 かけがえな過ぎる時間を奪い たった一度の人生 全ての可能性を消しさるマシーン

甘い蜜で人を呼び寄せる世界で日本のみある凶悪なマシーン

常に心を迷わせ 病まし うつや燥を起こさせ 多くの人を殺してきた残虐的マシーン

とにかくパチンコ屋を見たら憎しみ恨んでください 皆さんの本当に大切なものを奪った元凶なのです やってる人全員が犠牲者です

とにかく嫌って嫌ってパチンコアレルギーになって下さい キモい臭いダサいんです

パチンコをやっていた時間全部を働いていたら一体いくら稼げて 貯金出来たでしょうか? そう働く事は本当はかけがえのない幸せな事なのです

どんな仕事でも良いから仕事に依存して下さい そしてパチンコアレルギーになれば その瞬間から果てしない幸せが待っています


さて、ここまで読まれたあなたにお尋ねしたいのです。「本当にそうなのでしょうか?」と。


嫌いになれるのなら苦労しない

そう思っている人は多い筈だ。かくいうボクだってその一人である。

ボクはギャンブル依存症を克服できたが、それは依存の対象であるパチ・スロが嫌いになれたからではない。というか、実に不謹慎な話だが、今もって心の中でパチ・スロのことを好きである。



■ボクが見てきた「業界」とは

あの業界のことなら、おそらく普通の人の数倍はよく知っていることだろう。そんなボクだから、今までに業界の卑怯なやり方やイカサマなどウンザリするほど見てきた。

・ストックを飛ばされたり
・出玉をちょろまかされたり
・サクラになれといわれたり
・理由もなく出禁にされたり
・食事休憩中に設定を下げられたり
・食事休憩中にクギをいじられたり
・言いがかりをつけられ 店員に殴られたり
・連チャン中に食事に行ったら電源を抜かれてたり
・爆連モード中に突然「閉店です」とやられたり


そういえば、こんなこともあった。

一発台の命クギに首つりになって店員を呼んだ時、やってきた店長は挟まっていた玉をしげしげと眺めながら、それを抜き取ると左肩のチューリップに投げ入れた。

文句を言うボクを無視して平然と立ち去っていく、あの後ろ姿に人情というものは全く見当たらなかった。あれから十数年という月日が流れている…。ボクは彼らの仕打ちを一生忘れることはないだろう。

だが、嫌いになれるものとなれないものがある。違った言い方をすれば、嫌いになるためには何か突拍子もないことでも起こらないと無理なのかもしれない。少なくともボクの場合、これらの出来事はパチ・スロを嫌いにしてくれることなどなかったのだ。

次回へと続きます。

よろしければ、お気に入りに追加してね!