こんにちは、タカビーです。

IMG_2354_R今年は猛暑であるにもかかわらず、節電という言葉をあまり聞かなかったように感じます。

電力供給への不安が聞かれなくなった理由について、一部新聞などは「消費者の節電意識が定着した」とか「震災の後 切電に取り組んだ効果が上がり始めたため」などと書いています。

ですがこの猛暑の中、我が家などは例年になくガンガンとエアコンを効かしていましたし、周辺の世帯でも節電意識が薄れているという印象を持ちました。

そして何よりも今年は、電力会社や政府筋などから、市民に対し節電を依頼する様な働きかけが見られなかったように思いました。


震災の年などに聞かれた「原発を止めると 電力供給はどうにもならない」「計画停電だ!」などといった、あの騒ぎはいったい何だったのでしょうね。

これでまた一つ、原発を稼働させる理由が減ったように感じます。


依存を自覚するとは

ボクはかねがね、ギャンブル依存症を克服するには3つのSTEPが必要だと言っている。3つのSTEPとは次のとおりである…

・依存を自覚する
・生活環境と生活習慣を変える
・人間関係を構築する

これら3つはどれもが克服するために大切なことだが、「依存の自覚」について少し誤解している人がいるようなので書いておく。

「依存を自覚する」とは、「自らがギャンブルに依存していると 正しく理解する」ということである。「自分のせいで問題が生じてしまった」と感じているだけでは自覚といえない。もう一ついえば、負けた時だけの反省など何の役にも立たないといえるだろう…。

GAの言葉を借りれば依存の自覚とは「ギャンブルに対する自らの無力を知る」ということである。そしてそれは「今後 自分がギャンブルすることを 一生諦める」ということに他ならない。

ギャンブル依存症克服への道は、諦めるための旅でもあるのだ。



■依存の回路に存在する2つの悪しきマインド

さて私は、前回の記事で…

>依存のメカニズムに、金銭感覚のマヒによる2つの重大な錯覚が存在するということは先に書いた通りですが、さてどうすればこれらの錯覚から抜け出すことができるのでしょうか?

と書きました。「金銭感覚のマヒによる2つの重大な錯覚」とは次の2つです。

・ギャンブルで得たお金をあてにする
・ギャンブルで失ったお金を取り戻せると思う


これら2つのマインドは、まさにギャンブル依存症の根源ともいえる重大なものです。今までにいろいろな人が様々なところでギャンブル依存症について書かれていますが、これらのマインドについて踏み込んだ考察をされた方はいませんでした。

また私自身も当初、何が原因となってこれらのマインドが依存症ギャンブラーに備わってしまうのかはわかりませんでした。

私が依存症ギャンブラーが持つこれらの悪しきマインドに、金銭に対する感情が大きくかかわっていると気付いたのは5年ほど前のことです。


■感情に火を点けるのがギャンブルへの依存

ギャンブル依存症には、他の依存では見られない特徴があります。それは「悔しさや射幸心といった感情が 依存を牽引し長期化させている」ということです。

酒やたばこなどの依存にはこれらの感情が存在しません。ヤケ酒とはいいますが、あれは酒を飲むきっかけを指しているものです。酒自体が悔しくて飲酒を繰り返す人などいないでしょう。

ところがギャンブルは違います。負けて金を失った悔しさや、大金を容易に手にした喜びなどが、感情に火を点けてしまうのです。

勿論、パチンコやスロットという遊戯自体にも楽しさがあり喜びがあり、また悔しさがあることは事実でしょう。ですがそれが遊戯を飛び越えて自分の生活を脅かし、人生を左右するほど大問題になるということが、ギャンブル依存症における特徴であり恐ろしさなのです。

ギャンブル依存症が感情を燃え上がらせるのは、ギャンブルそのものが唯一お金を対象にする遊びだからです。


■依存の回路に終止符を打ちこむためには

金銭感覚がマヒして射幸心の虜になったり、帰って来る筈もない金に執念を燃やして偽りの正義感を持ち続けたりする依存症ギャンブラー…。

それらの錯覚を無くし依存の回路に終止符を打つには、一体どうすればよいのでしょうか? 私は特効薬などないと思います。

ですが即効ではないものの、有効である物が一つだけあります。それは時間です。

ギャンブルしない時間を持ち続けるだけで、確実に金銭感覚は正常に戻っていきます。そういった期間を私は「毒抜き」と呼んでいますが、時間による効用はただそれだけでありません。

時間を稼ぎパチ・スロやその他のギャンブルとかかわらなければ、それまで特定の遊技場と結んでいた関係も徐々に薄れていくのです。

例えばパチンコなどの場合、依存症ギャンブラーと行きつけの店との関係は深く、本人はいつまでたってもその店の機械のことが忘れられなかったりします。

また大勝ちした記憶やそれまでに失った金への恨みなども、常に持ち続けているもので、そういった好ましくない記憶から解放されるには「時間に解決してもらう」しかないのです。

依存の回路に終止符を打ちこむためには、とにかく時間を稼ぐことです。そしてそのためにも、断している日数をちゃんとカウントされることをお勧めします。

ただし時間を稼ぐ間に、仲間と交流し生活環境と生活習慣を変えることをお忘れなく。

よろしければ、お気に入りに追加してね!