こんばんは、タカビーです。

前々回、自分の棚卸の話をさせていただきました。その後、それに関連したお便りを数通頂戴しました。少し補足を書いておきたいと思います。

327458362_0f5d732106_m「自分の棚卸」をした後に気付くことがあります。それは問題の責任をなすりつける相手がいないということです…。

そしてもう一つわかることがあります。それは、問題を解決するためには「自分で 何とかしなければねばならない」ということです。依存者ではなく第三者でもなく、そう! 自分が変わらなければならないということです。ですが、そこまでわかれば大丈夫です。またそれ以上、悟ることもありません。

さて前回は、「依存症ギャンブラーの正体を知る」ということと「甘えに屈しない」ということについてお話しさせていただきました。そして最後に私は「愛を持って放置してください」と書きました。

「愛のある放置」と聞いて、「以前にも聞きましたがな!」とお思いのあなた…。今回は少し違うお話をさせていただきましょう。


愛無きおせっかいの果てに

純粋に愛しているのであればきっと、「余計なおせっかいは相手の為にならず また決してそれが本当の愛ではない」ことがわかるはずだ。一方で、いかに人格が低下した依存症ギャンブラーとはいえ、自分のパートナーの行為が自己満足するためのおせっかいなのか、それとも純粋な愛情なのかは容易にわかることだろう。

そして依存者は、パートナーが自己満足を得る為にやっているのだと知ったならば、ウンザリして逃げ出すだろう。少し悪知恵が働く者ならば、その心理を利用して搾り取ってやろうとすることだろう。

後者に該当するのがいわゆるヒモと呼ばれるような人たちで、「前者に該当するが ギャンブルするお金欲しさに嫌々ながらも一緒にいる人たち」が依存症ギャンブラーである。

ここで一つ、あなたに考えていただきたいことがある。それは、そういったややこしい関係を築いている原因が、イネイブラー自身の心の中に存在しているということである。

そしてもう一ついえば、本当の意味での愛はそこに存在しない。

愛無きおせっかいの果ては、パートナーの逃亡か、あなたが骨までしゃぶり尽くされるかいずれかなのである。



■放棄と放置は違う

私は今までに何度かイネイブラーの方に対し「愛のある放置をしてください」と申し上げてきました。そんな中でこの「放置」の意味をお分かりいただけない方が多いように感じました。

イネイブラーは自分と相手との境界線がちゃんとできていないので、何が愛情で何が自己満足なのかわからない場合があります。ざっくばらんな話、「放置」といわれると、相手に冷たく接して別人のように振舞うことが放置であると解釈してしまう方がおられます。ですが、それでは家族であることを放棄するのと同じです。

放置と放棄は違います。ここでいう放置とは、「家族としての関係はそのままで 自分のことは自分でさせる」ということです。決して無視したり、冷たい態度で接しろというわけではありません。

私の知る人に、自分の夫をことあるごとに批判し、他人の前で愚痴る人がいます。といいましょうか、そういった知り合いの女性が数名いるのです。第三者が聞いても見苦しいだけです。

人には尊厳というものがあり、一人ひとりが人格を持っています 少なくとも、これらを踏みにじるような行為は慎むべきでしょう

そういった態度は殆どの場合、逆効果なのです。まず、自分がされてきて嫌だったことを家族であれパートナーであれ、誰かに押し付けることは避けましょう。このことが一番肝心です。


■最も効果的な方法とは

そしてもう一ついえば、放棄と思われる「相手に対する冷たい姿勢」というものは殆どの場合、見せ掛けにすぎません。虚勢というものは、本来の悟り・覚悟ではありません。いずれ、化けの皮が剥がれます…。

一見優しそうに見えるが決して妥協しない姿勢こそが、一番効果的なのです。何度も繰り返しますが、依存症ギャンブラーへの効果が期待できるのは、唯一金銭のガードなのです。それに徹し、クールに装いましょう。見せ掛けの冷たい態度は、必ず見透かされます。

急所だけ押えて、あとは本人に任せる。これが基本だと思います。勿論ですが、依存症ギャンブラーの急所とは金銭なのです。

よろしければ、お気に入りに追加してね!