ギャンブル依存症克服への道 〜パチンコ依存症・スロット依存症・断ギャンブル道場です!〜

ギャンブル依存症を治療し、快復・克服することは大変困難です。どうぞ遠慮なくご相談ください。ここでは、生活環境と生活習慣を改善してギャンブル依存症を克服する方法を、お金の専門家FPがご提供いたします。やめさせたいあなたも、ぜひどうぞ! 

共依存症

共依存について(その2)共依存克服へ一つの提案

こんばんは、タカビーです。

先日、イネイブラーについてお話しいたしました。 とても多くの方がアクセスしてくださり、今さらながらこの問題についての関心が高いことを感じます。

さて、問題の多いイネイブラーの行動ですが、そもそも共依存というマインドを治すというのは、かなり難しいといわれています。

私自身イネイブラーに育てられました。 今考えると、男子ながらも好ましくないマインドが身に付いていたと思います。


共依存から抜け出すには

共依存を克服して、パートナーと共に幸せに暮らす方法が一つあります。 それも、そんなに難しいことではありません。本当に単純なことなのです。

それはパートナーを含め周囲の人間に対し…

「自分が今まで生きてきて されて嫌だったと感じることを 相手にはしない」ということです。 実はこの方法、簡単ながらとても効果的です。

なぜならイネイブラーが取る問題行動の多くは、過去に自分がされてきたことと同じことだからです。そして(ここ大切です)「自分がされて嫌だったにもかかわらず、同じことを特定の人物に対してしてしまう」ということなのです。

その理由は明白でしょう。 そういった問題のある行動をする人たちは、過去にイネイブラーから「あなたのためだから」という甘美な言葉と自信に満ち溢れた態度で、いろいろなことを押し付けられてきたからです。

今一度言いますが、あなたがされて嫌だったことを他人に押し付けないことです。たったこれだけで、あなたと周囲の人間との関係は大きく変わります。

負の連鎖は、あなたの代で断ち切るべきものなのです…。



■自分が嫌なことを 平気で他人にする人々

さて、ここからは少し話が変わります。

今の時代、他人が嫌がることを平気でする人や、他人をいとも簡単に攻撃する人が多いです。 そしてそういった人物ほど、今度は自分が批判されたりすると血相を変えて怒り出すのです…。

例えば私の友人は、接客業でしたが嫌な客が多い業種でした。 何度も不愉快な思いをしたと、しょっちゅうこぼしていました。

そんな彼でしたが一緒に食事に行くと、いつも店員やウエイトレスなどに横柄な態度を取りました。同席しているのが気まずくなるくらい、嫌な態度を取るのです。

最近、こういった人物が多いと感じます。 私なら、自分がされて嫌なことは他人には絶対にしたくないと思いますし、ましてや他人を攻撃するなどもっての外だと感じます。

これも風潮でしょうか。 政治家や首長なども、攻撃的な人物ばかりが持てはやされます。 悲しい国になったと思いますね。 心を病んでいる人が多い証拠なのでしょうか…。

明日はもう1つ、イネイブリングを克復する効果的な方法について書いてみたいと思います。

今日も最後まで、ありがとうございました。

今一度 共依存について

こんばんは、タカビーです。

今夜は、やめさせたいと願っている方に対して書かせていただこうと思います。久しぶりにイネイブリング(共依存)についてです。

ギャンブルやアルコールなどの依存に多く見られる、一つのパターンがあります。

それはイネイブリングに基づく世代間依存です。 これはどういった意味かといいますと、親子兄弟などで依存者を生み出すパターンが受け継がれていくということなのです。

イネイブリングは共依存ともいいますが、簡単にいえば依存者が立ち直るきっかけを奪ったり、自立することを妨げたりする行為のことです。こういったことを日常的にする人物のことを、イネイブラーといいます。

殆どの場合イネイブラーは、依存者の近親者かパートナー(恋人を含む)です。そして性別では、女性が殆どの割合を占めています。そういった中でも母親と妻の占める割合は、格段に高いと感じます。

さて…。 最初に、とてつもなく重要なことをお話しします。 イネイブラーがいる場合、まず間違いなく依存者は克服することができません。 イネイブラーと依存者のコンビは、永遠にギャンブル依存症から抜け出せない「不幸の方程式」なのです…。

と…、ここまで書きましたが、「私はそうじゃない 大丈夫!」と思われているあなた…。 果たしてそうでしょうか?


イネイブラーに共通する特徴

私は今までに多くのイネイブラーと接してまいりましたが、次のようなことを感じることが多かったです。

・依存者と別れないということが大前提となっている

・相談などをしても 実際には最初から質問の答えを持っている

・自分に同意してくれる人が現れるまで ひたすら悩みさすらい続ける

・「あなた自身が 依存する原因の一つ」と言われると逆上する

・意外にも 本人のことをボロクソに言う

・その割に 別れることを選択できない

・依存者を前にして 自分が主語の会話をしない

・甘えさせる反面 モラハラなどの虐待もする

・依存者の世話をすることが 一つの楽しみになっている



■イネイブラーは何に依存しているのか?

共依存者のことをイネイブラーと呼びますが、この共依存という言葉は少し難解です。 そもそも依存といえば、何かに夢中になりすぎるとか、コントロールして嗜むことができないといったことを指す言葉だからです。

イネイブラーは一体、何に依存するのか? このことは考えれば考えるほど、難しいかもしれません。

ですが答えは一つです。イネイブリング(共依存)とは、特定の人間関係に依存する状態のことをいいます。そして「特定の人間関係」というものは、往々にして、依存者との人間関係であるわけです。

そして共依存という名の通り、依存者はイネイブラーに依存し、イネイブラーはまた依存者に依存しています。

最初にも書きましたが、これは絶対にギャンブル依存症を克復できない、不幸の方程式といってもよいでしょう…。


■イネイブラーの錯覚とは

イネイブラーの多くはいくつかの錯覚に陥っています。大きなものとして、次のようなものがあるでしょう…。

・自分は他人よりも劣っていると考える
・自分よりもまず相手と考えてしまう
・相手にとって自分は絶対に必要な人物だと思う
・相手を見捨てることに 過大な罪悪感を抱く
・相手の成功が自分の幸せだと思っている

これらの錯覚の結果、イネイブラーは依存者にとことんかかわり、何ごとにも手を貸そうとします。その根底にあるのは、自己評価の低さだと私は思います。

そして殆どのイネイブラーは、自分はイネイブラーではないと頑なに信じ込んでいます。

もしもあなたが少しでも感ずるところがあるのなら、自分がイネイブラーかどうかのチェックをされてみてはいかがでしょう?

依存者とイネイブラーの関係があるかぎり、ギャンブル依存症を克服することはできないと私は考えます。 この記事はまだ続きを書きたいのですが、来週更新したいと思います。

今日も最後まで、ありがとうございました。

イネイブリングのご相談にお答えして

おはようございます、タカビーです。

232962553_27aa9fb71a_mパソコン不調の原因がわかりました。 知る人ぞ知る「8月3日事件」だったです。

この話は明日にさせていただきます。

今日は、ご主人の依存にお悩みであるAさんの相談にお答えして、書かせていただきます。

よろしくお願いいたします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Aさんのご相談


ギャンブル依存症のご主人に悩まれ、今後どうすべきか相談されました。

イネイブリングについて、私からの回答です。



■Aさんへタカビーより

このブログでも何度か書かせていただいていますが、そもそも日本というのは共依存の国だったのです。

夫は外に出て禄を得、妻は家を守って子供と夫の世話をするのが常識でした。

家族が多く、嫁は特定の人物にだけかまうこともできませんでした。 祖父母の存在も有り、嫁の地位は低いものでした。

そういった家族構成の中での「世話」とは、美徳といえたのかもしれません。

また逆にいえば、そういった美徳に「家」は支えられていたものでした。

情況が変わったのは、女性が職場に進出し核家族化が進み始めてからです。

女性は経済的にも社会的にも、その地位が上がりました。 それに伴い、男性の行動に口を挿む機会が増えました。

特に大きかったのは女性に金銭的余裕が生まれたことです。 遺産分割などの法整備も女性には有利に進められましたし、働くことで女性は格段に豊かになったのです。

その一方で男性も女性に頼ることが多くなり、特に家の中における女性の地位は飛躍的にアップしました。

そもそも共依存の風土だった日本において、こういった社会の変化はイネイブリングという問題を生みました。

簡単に言えば・・・、

頼りになるおかあちゃんと、自立できない夫のカップルというわけです。

そもそも自分の母親から「妻は夫の世話をするもの」と教え込まれてその背中を見て育った妻は、自分の理想どおりに夫を世話しようとします。

ここで2つの問題があります。

一つは、世話の目的が妻の満足の為であるというところです。

夫の為と思いつつも、実はイネイブラーの目的は自身の満足です。 そして、このことに気付いていない方も多いんです。

だからこそ、イネイブラーから別れるという選択はまず有り得ません。

あなたが別れるという選択をされないのも、「私が居ないと問題は解決しない!」という使命感からではないでしょうか?

イネイブラーにとって、夫との別れは自分の希望と喜びとの決別なのです。 これは男女間の愛とは別物です。

あなたの心の満足が必ずしも、本当にパートナーの為・家の為になっているとは限りません。

もう一つは、イネイブリングという行為が夫(家族)の自立を妨げるということです。

イネイブラーが居る限り、依存問題は根を残したままです。 イネイブラーは自分が居ないと問題は解決しないと考えます。 ですが、実際はイネイブラーが居るからこそ解決しないことが殆どです。

特に金銭的な援助は、大きな問題です。 ギャンブル依存症にとって、一番大切なことは金銭のパイプをカットすることなのです。

それにもかかわらず、理由をつけては金銭を供与するのがイネイブラーだといえます。

その結果パートナーはいつまでたっても底尽きを得れず、目覚めることもありません。 突き放すことができない限り、本人にそのことを知らしめる方法などないのです。

金銭のガードをシッカリと固めた上で、放置すれば良いです。 自分で起こしたことの後始末を自分でさせることが、何よりも大事だと思います。

そうしないと、いつまでたってもパートナーの自立は有り得ません。

ご参考にどうぞ。


タカビー


今日も最後までありがとうございました。

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


★1日3分、10回で終了! 基礎メール講座

⇒ギャンブル依存症克服 基礎メール講座登録受付中!


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否を解除されてください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。

祖母のこと〜最終回(日本はイネイブラーの国だった・・・。)

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!
(携帯からもどうぞお気軽に!)



おはようございます、タカビーです。


〜1首、詠んでみました・・・。〜


『長女へ』

MKNBDRT行ってきます

そう言ってから

キミの場合

あいも変わらず

5分かかるね



毎朝ですが、とにかく時間がかかります。 見ていてハラハラします、タンスの前でゴソゴソ下駄箱の横でゴソゴソ・・・。


まあ、年頃の娘がいるとこんなものなんでしょ!


〜お手数ですが、応援クリックいただければ嬉しいです!〜


2つのバナーをクリックしてね!

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜お手間かけます! 携帯からのあなたは、人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。


ありがとうございました。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【イネイブラーの元では】



〜昨日の続きです。〜


ここで重要なことがあります。 その偉大なるイネイブラーの背中を見て育った人物がいるということです・・・。


それはとりもなおさず、6人の子供たちです。 そしてもう一つ重要なことがあります。


〜その6人は、祖父の背中も見て育ったということです・・・。〜


私は今までも、このブログで書かせていただきましたが、子供の場合育つ過程で女の子は母親を、男の子の場合は父親を手本にして育つ傾向が有るということです。


こういった原則どおり、祖母の家では依存などの問題こそありませんでしたが、シッカリとした女兄弟とどうにも頼りない男兄弟が出来てしまったようです。


〜そしてそのうちの一人が私の母なのです・・・。〜


以前世話になった教授は、私にこう言いました・・・。


「タカビー君、カミさんを貰うなら、少し頼りなくて問題が有る親父の居るところから貰ったほうがいい・・・。 その方が後々楽できるからね・・・。」


当時は、そんなものかな?と思っていたのですが、今思えばとんでもないことです。 つまりこの教授は、イネイブラーをカミサンにせよと言っていたのですから・・・。


余談ですが、祖母はかなりの歳になっても他人を手伝うということをやめようとはしませんでした。 ちょくちょく母や母の妹が、「もう無理せんと、いい加減にしたらどうなん!」と呆れて言っていたことを覚えています・・・。


今になって思えば、偉大なる祖母も今までの家の慣習をシッカリと引継ぎ、その結果子供たちにもその遺産を引き継いだといえます。


それでも家がちゃんと成り立っていたのが、昔の日本でした。 ところが男女同権が叫ばれるようになり、共稼ぎ世帯の増加と核家族化が進んだ結果、こういったイネイブラーの残した遺産は負の遺産になることが多くなりました。


〜それはつまり、こういったことです・・・。〜


●仕事以外は、家のことを全く顧みない(かえりみない)夫

1.共稼ぎ増加とともに、家での存在感が薄くなりました

2.思いやりのない旦那と思われるようになりました

3.家で過ごすことが苦痛になってきました

4.子供に尊敬をされることが困難になってきました

5.何もしない父親を手本としているので、責任感がなく家の中では浮いた存在になりました


●仕事をするようになった妻

1.今までのように多くの家事にまで、手が届かなくなりました

2.収入を得れる為、自立しやすい環境が整いました

3.家事をしない夫に対して、不満を持つようになりました

4.家族にとっては、今まで以上に頼もしい存在になりました

5.昔の「家」では有り得なかったことですが、夫に対して不平不満を堂々と言うようになりました。



私はそもそも日本という国は、イネイブラー(共依存)の国であったと思っています。 そして一昔前は、それでも上手く機能していたのです・・・。


〜よき頃の、日本ですね・・・。〜


それが社会全体の変化により、こういった現象が起きるようになりました。 ましてや核家族化した家の中では、子供たちを包んでくれる祖父母の姿もありません・・・。


だから子供も、そして時には夫さえもが家のなかに居ることが苦痛で外で過ごしたくなります。 そういった中で帰宅拒否とパチンコ依存などの問題や、引きこもり・非行などが増えるのは無理のないことかもしれません・・・。


〜圧力の前で人の取る行動は、逃避なのです・・・。〜


依存をはじめとする心の病やうつなどについて、最近多くの問題が浮上してきているのは、こういった背景があるからだと感じます。


【今、あなたにできること】


それでは、これから私たちは一体何に気をつけて生きていけば良いのでしょうか? その答えはただ一つです・・・。


それは、そういった負の連鎖をあなたの代で断ち切ってしまうことです。 このこと意外にありません・・・。


本人の人格を尊重して、かかわらないことです。 過度のお節介は、特に禁物です。 そういったスタイルで家族に接し、常に子供たちの視線を感じて行動されてください


今現在依存など、既に多くの問題が起きているというのであれば、本人に対しては干渉せずに放置することです。 


イネイブラーの一番良くないことは、対象とする人物の自立を妨げることです。 その人物がギャンブルへの依存者であるならば、脱パチ3原則が基本です。


子育てであるならば、子供に人格が備わってからの躾はしないことです。 口を出したいのを堪えて放置し見守ることが大切なのです・・・。



そしてあなたへ最後にひとこと・・・。


あなたのパートナーがあなたなしで生きていけないとは、決して思わないことです。 人はそんなに柔な生き物ではありません。


温かく見守るということこそ、本当の愛だと知ってくださいね!


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

祖母のこと〜その3(イネイブラーとしての祖母の生い立ち)

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!
(携帯からもどうぞお気軽に!)



おはようございます、タカビーです。


YJJ裕次郎までパチ台になったら、もうお仕舞いだな〜!


少し前には、今現職の千葉県知事である森田健作さん主演の「俺は男だ!」がパチ台になったしね・・・。


ひょっとしたらそのうちに、政治家のキャラまで出てくるかもしれないね・・・。 まあ、さすがに日本の首相までは有り得ないかもしれないが、アメリカの大統領であったリンカーンあたりはなるかもしれない。


そういえば、歴代将軍様がパチンコやスロットのキャラになっているなぁ・・・。


「吉宗」にガッポリと年貢を取られた人も多いことだろうね・・・。


〜さて、今日は『祖母のこと』最終回です。〜


〜お手数ですが、応援クリックいただければ嬉しいです!〜


2つのバナーをクリックしてね!

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜お手間かけます! 携帯からのあなたは、人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。


ありがとうございました。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【人生の半分以上を生きてきて、知ったこと・・・】



7月10日の記事からの続きです。〜


私はいつも祖父のことが気になっていました。 理由は一つ、祖父はいつも浮いていたのです・・・。


それと、子供心にも不思議に思ったのは、祖母が祖父に対しても息子や娘たち同じように接していたということでした。


つまり、ひどい言葉でいえば『仕切り口調』ということになります。 私は家の中で一番偉いのが祖父だと思っていたので、なんともいえない違和感を持っていたことを思い出します・・・。


【祖母の生い立ち】


祖母は兵庫の山奥の田舎から、都会の祖父のところへと嫁いできたそうです。 以前に聞きました。 見合いの時はじっと下を向いたまま、見合い相手の祖父の顔さえ1度も見れなかったと・・・。


その後は祖母自身一切口を挿むこともなく、縁談はとんとん拍子に進み、その時の心境について祖母はこう語ってくれました・・・。


とにかく嫁ぐ前は、嫁に行ったらどんなことがあっても帰ってきたらあかんで!といわれていた。 祖父の元へと嫁入りして来るのは、ある種死ぬ覚悟で来たのであると・・・。


そして、祖母の実家においては昔の家らしく、徹底した男尊女卑であり、男の面倒は全て女が看るものであると教えられてきたそうです・・・。


事実その後の祖母は姑との関係に苦しみ、家の中のことには全く無頓着な祖父であったため、家事、6人の子の育児、寝たきりになった姑の世話と、何もかもの家の用事を一人でこなしたそうです。


祖父は昔の人らしく家のことは一切何もせず、祖母がどんなに忙しくしていても平気で用事があれば言いつけたそうです・・・。


【イネイブラーの生きる目的とは】


これほどまでに苦労をし、しかも6人の子供を育て上げた祖母でしたが、6人の子供を育て上げると余った時間を利用していろいろなことを始めました。


その多くは他人の世話役をすることです。 誰かが病気になれば、マッサージを施しに行ったり、不幸な人の為に写経をしたり、困った人が居ればどんな遠方にでも出かけました。


先に書いたとおり、私もその恩恵を受けた一人です・・・。


では、こういった類稀なまでに素晴らしい人のエネルギーは、いったいどんな所から出てくるのでしょう?


それは、こういった人の生きる目的と言って良いかもしれません。 私は、この歳になって少しは誰かのお手伝いも出来るようになってからわかるようになりました・・・。


それは・・・


こういった人のエネルギーは、敬い、慕われるということです。 そしてその結果、たくさんのお礼の言葉で感謝されることが満足となっています・・・。


おっと! これはどこかで聞いた話でも有ります。 私はそこまで偉大な祖母のようには到底なれませんが、イネイブラーであるところだけは受け継いでいるようです・・・。(笑


桜パパさんのお話によると私は、他人から神よ仏よと崇め奉られることが生き甲斐となるタイプだそうです・・・。


うーむ・・・、気をつけよう!(´ェ`)ン-・・


実際に、祖母の生き様を見ていて分かるのですが、ここまでの苦労を耐え忍ぶ為には、何か大きな目的と満足がなければなりません。


聡明なるあなたは、もうお気付きのことと思いますが、このことこそがイネイブラーの考えの原点です。 


しかしながら、これは決して無償の愛とはいえないと思います。 ちゃんとした目的と満足に基づいたものだということです。


では目的とは何か? それは、自分の理想とする姿に他人を導くことであり、果てはその人の幸せであるのです。


では、満足とは何でしょうか? それは、まず間違いなく、感謝され慕われることです。


〜最終回へと続きます〜


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

祖母のこと〜その2(私の出会った偉大なるイネイブラーたち)

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!
(携帯からもどうぞお気軽に!)



おはようございます、タカビーです。


昨日は、私の祖母の想い出話をさせていただきました。 数々のコメントを頂戴し気付きましたが、皆さんそれぞれに良い思いでをお持ちのようですね・・・。


HKU1昨日のコメントのレスでも書かせていただきましたが、やはり父母よりも祖父母との想い出は甘いものが多いようです。


父と母が忙しくて子供にかまっていられないときでも、祖父母はちゃんと子供たちを包んでくれます。


昨今の核家族化した現状ではなかなか叶わないかもしれませんが、一昔前の日本において祖父母の存在は、ちょうど良いクッションの役目になっていたのかもしれませんね・・・。


さて、今日からそろそろと本題に入っていきます。 少しショックな内容となりますが、偉大な祖母も実はイネイブラーであったというお話です。


〜お手数ですが、応援クリックいただければ嬉しいです!〜


2つのバナーをクリックしてね!

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜お手間かけます! 携帯からのあなたは、人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。


ありがとうございました。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【偉大なる祖母と・・・】



〜昨日からの続きです。〜


以前からも何度か書かせていただいてきましたが、私の母はイネイブラーです。 とにかく自分が気に入るようにしないと、気がすまない人だったのです。


生活態度、勉強、食事、言葉・・・。 子供の頃からずっとそうですが、私が違うことをしようとすると、とにかくそれを直すまで言葉でやられました。 そして、周りの人物と比較されるわけです。 


褒めてもらった経験など、殆どありません。 何か揉めると自分が間違っていても、私が謝るまでは何ヶ月でも絶対に口を聞きませんでした。


このパワハラとモラハラには、閉口しました。 口論して理屈が通らなくなるとと、急に口を閉ざし無視されました。 全く私が悪くなくても、黙って物を投げつけられたりしました。


食事の時間になっても無視されたり、「お前は生まれつきだ!」そう何度言われたことでしょう・・・。


もっとも、このことはもう過去の話です。 そんなことを今ここで話して、恨みごとを言うつもりはありません。 私にとっては、遠い過去の想い出に過ぎません・・・。


〜なぜなら私は自分を許すことによって、自分とかかわる人全てを許すことが出来たからです・・・。〜


当時の私はこのようなキツい母がいる反面、母方の祖母にはたいそう可愛がってもらいました。 今考えると、このことは物凄く大きなギャップです。


【不思議に思っていたこと・・・。】


しかしながら当時、そんな子供の私でも少し疑問に思うことがありました。


〜それは、母の実家の家族についてでした。〜


母の兄弟は、女3人で男が3人です。 その兄弟6人を見ていて、子供であった私でも気が付くことがあったのです。


兄弟の女3人は仲がよくシッカリしているのに、なぜか男3人はバラバラで頼りないような気がしていたのです・・・。


当時私はそのことについて、まあ偶然だろうくらいに考えていました。 


その頃の祖母はと言うと、とにかくスーパーお婆ちゃんだったのです。 自分の娘や息子の嫁ぎ先などで何かあれば、どんなに遠くとも出かけました。


近所でも、身内でも、その面倒見のよさは評判でした。 手伝いに出かけたり、相談に乗ったり、果ては特殊なマッサージ方を習得して困った方に無償で施したり・・・。


誰が見ても、これほど素晴しく頼もしいお婆ちゃんは居なかったのです。 言うまでもなく、誰もが祖母を慕い尊敬していました・・・。


ところがその一方で、その当時の私にはいくつかの疑問がありました。 それは、母の兄弟のことでした。 それともう一つ、どうしても気になってしょうがないことがありました・・・。


〜それは、祖父のことだったのです・・・。〜


〜次回へ続きます。〜


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

祖母のこと(私の出会った、偉大なるイネイブラーたち)

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!
(携帯からもどうぞお気軽に!)



おはようございます、タカビーです。


昨日は愛の論争で、けっこう盛り上がりました・・・。(´∀`) それと、子育てに関する貴重なお話もたくさんいただきました!


〜どうもありがとうございました。〜


一日お休みしたイネイブラー(共依存者)のお話ですが、今日からまたお話させていただきます。


KLNGr4こういったお話を分かりやすく説明するのは、やはり例を挙げて話するのが一番です。 今日からは、私の慕っていた祖母のお話です・・・。 


とても複雑な心境で書きます! どうぞ、読んでやってくださいませ!


〜お手数ですが、応援クリックいただければ嬉しいです!〜


2つのバナーをクリックしてね!

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜お手間かけます! 携帯からのあなたは、人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。


ありがとうございました。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【偉大なるお婆ちゃん】



今回お話するのは、私の母方の祖母です。 この方は私の命の恩人でもあります。


今思えば子供というものは、親が思っている以上に大人のことをよく見ています。 当時中学生だった私もマセたガキでした・・・。


全然子供らしさがない! ネクラだし、覇気がない、目つきが悪い、自己中だ!と来れば、子供は勿論大人だって毛嫌いします。


私は特に、母方の祖父に嫌われていたことを覚えています。 いつも可愛がられるのは、母の妹や弟の息子である私の従兄弟たちばかり・・・。 


本当は寂しかったのですが、私はいつも強がっていました。 私はとにかくそういった従兄弟たちと比較され、卑屈に生きていました・・・。


【堪える為のひとこと】


祖母については、以前の記事でも書かせていただきました。 この記事は、次女の子育てに躓いた今年の春に書いたものです。 以下は、大切な部分の抜粋です・・・。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

たった一人、私を愛してくれた人が居ました。 私の母方の祖母です。


祖母は、私が愛情不足で育っていることを知るたった一人の人物でした。 そのことは、会った時の言葉の一つ一つでとてもよく感じられたのです。


「あんたがな・・・、そうやって叱られるのも、ウチの娘の気が強いせいや、ごめんな。 でもな、決して悪気があってそうしてるのと違うんやで!」


祖母は、孫の私に頭を下げてまでそう言って諭してくれたのです。 このことを思い出すと、もうここまで書いていても私の目頭には涙が溢れています・・・。


私は、自分が27歳の時に祖母を亡くしました・・・。 あの時ほど、悲しくつらかったことはかつてありませんでした。


忘れもしません、初めて就職した時・・・。


東京の伊勢丹に出かけてその初任給の半分近くも使って、祖母に漆塗りの針箱を買ってプレゼントしました。 あの時の祖母の笑顔は私の宝物です・・・。


〜そう! 私は愛されていたからこそ、愛したのです・・・。〜

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



今思えば、祖母のこのひとことがあったから、当時私はグレルこともなかったのだと思います。


祖母は私の唯一の理解者だったのです。 今となって思えば、命の恩人でした・・・。


私は以前にも書きましたが、イネイブラーである母に散々ヤラれました。 (今は仲良く暮せています。)


当時の私にとって、全く考えてもみなかったことが一つあります。 


それは、母がこの偉大なる祖母の娘であると言うことでした・・・。


〜次回へと続きます。〜


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

今一度、イネイブラー(共依存者)とは・・・?

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!
(携帯からもどうぞお気軽に!)



おはようございます、タカビーです。


いろんなブログにお邪魔して感じるのですが、NHKにひとことある方が多いようですね・・・。


トマトさんもそうでしたね・・・。 NHKを合法的に解約する方法について、私のミクとものひろゆきしゃんが書かれていたので、紹介いたします・・・。


NHKを合法的に解約するには・・・? こうすれば、良いらしい!(自己責任でどうぞ!)↓

http://simohakase.hp.infoseek.co.jp/3pun.htmh





〜なんだか、ほほう!って感じでしたね!〜


うちの家は、たまに見てるから今のところダメだな・・・。 

今日は、イネイブラーについて簡単な説明を書かせていただきますね!


〜お手数ですが、応援クリックいただければ嬉しいです!〜


2つのバナーをクリックしてね!

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜お手間かけます! 携帯からのあなたは、人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。


ありがとうございました。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【イネイブラーって、そもそも何だ・・・?】



昨日の記事で、「イネイブラーのことについて少し分かりにくい!」というご意見が多かったです。


今日は、そもそもイネイブラーとはどんなものなのか、お話させていただきます。


【イネイブラーの特徴とは】


思いつく範囲で、イネイブラーの特長について書いてみます。


1.相手の人格を無視して、自分の主義主張を押し付ける

:相手の言うことや行動に制限を加え、自分に従うように仕向ける


2.相手の理想の姿と自分の理想とをすり替える

:自分の思っている相手の理想の姿が、相手の理想の姿だと思い込む


3.金銭的な援助まで、厭わない(いとわない)

:相手を金銭的に甘やかせる


4.相手の一挙一動が自分の満足であり、また不満足でもある

:自分に従えば満足、従わなければ不満足、結果は2の次となることが多い


5.相手の為なら、自分を犠牲にすることさえ厭わない(いとわない)

:相手のためと思い込み、途方も無い苦労をしたり、抱え込んだりする


6.相手の自立を考えずに行動する

:相手の自立よりも、目先の結果と自分の満足がもっぱらの関心である


7.手を離すことが出来ない

:ここまで来れば大丈夫!という線引きが出来ない 止め処なく援助し、かかわり続ける


8.自分の満足=相手の幸せだと、誤解している

:相手にとって好ましいことが、自分の思い描くことであると誤解している 実際には満足は人それぞれであり、必ずしも一致することがない


9.自分あってこその相手だと思う

:相手の上達・成功などは、全て自分のお陰だと思いこんでいる



〜いかがでしょうか?〜


一度、参考になさってみてください! ひょっとして、あなたはイネイブラーではありませんか?


もしくは・・・


そういった方が、あなたの身近にいらっしゃらないでしょうか・・・?


イネイブラーの記事、まだ少し続きます。 いよいよ肝心のお話になってまいります。


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

私が出会った、偉大なるイネイブラー(共依存者)たち(私の経験から)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!
(携帯からもどうぞお気軽に!)



おはようございます、タカビーです。


私は今までに、3人の偉大なるイネイブラー(共依存者)に出会いました・・・。


一人は、私の祖母です。 もう一人は私の母、そしてもう一人は私が学生の頃入部していたテニス部の顧問・部長だった恩師です。


今日から何回かに分けて、久しぶりに共依存をテーマとして書かせていただきたいと思います。 これはトマトさんへのメッセージでも有ります・・・。


1回目は学生の頃のほろ苦い思い出でもある、テニス部の顧問・部長だった恩師の話です・・・。 気楽なお話です。 お付き合いいただけますか・・・?


〜お手数ですが、応援クリックいただければ嬉しいです!〜


2つのバナーをクリックしてね!

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜お手間かけます! 携帯からのあなたは、人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。


ありがとうございました。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【それはみんなのタブーだった・・・。】



私が始めてテニスラケットを握ったのは、高校3年のときでした。 それまでに剣道・サッカーとやってきましたが今いちシックリとこず、晴れて大学に通ればテニスはやってみたいと思っていたスポーツだったのです。


そんな私がテニス部に入部した頃です。 入部早々、いろいろな事件がありました。 長くなるのでそれは割愛しますが、一番の問題だったのはクラブ部長であるドイツ語の教授でした・・・。


通常、テニスなどを教える人は自分も経験者で無いと勤まりません。 しかしながらこの方は、軟式テニスの経験はあるもののテニスを知らないまま顧問・部長として新入生のレッスンを担当されました。


このことが私とテニスとの付き合いを変えてしまいました・・・。 簡単に言うと、全くデタラメな理論で私たち学生は何期にも渡ってテニスを教えられ、その結果あまり上達することもなく多くの部員が学生時代を終えていきました・・・。


テニスをご存じない方が聞いても分からないかもしれませんが、グリップチェンジできないグリップを教え込まれました。 無理もありません、テニスのことをご存知ない方でしたから・・・。


この方はもう亡くなられましたが、今思えば上達する可能性の有る学生を何代にも渡ってダメにして来ました。 そして、クラブの為に遺言で財産を寄付されました。 今も基金として残っています・・・。


当時、そのことが分かっていても誰一人としてそれを口にするものはいませんでした。 


部長のレッスンが無意味であるということ・・・。 それは、部員全員のタブーだったのです・・・。


部長は当時60歳の定年間近な教授でした。 結婚されることも無く、我々のクラブの為に尽されました。 新入部員をレッスンすることが生き甲斐だった方です。


先輩の代から私の後輩に至るまで、いったい何人の学生が飲食の世話になったことでしょう・・・。 思えば、このあたりから既に何かがおかしかったと思います。


先輩=奢ってもらえる

後輩=奢らねばならない


こういった図式が出来ていた頃でもあります。 その結果、我々部員はドッカリと部長に甘えることを、当然のことと思ってしまったのです。


こうして無意味なレッスンに誰も口を出すことなく、クラブ内にはそのことを言ってはならない伝統が出来ました。


もうあなたならお分かりのことでしょう! この部長は、典型的なイネイブラーでした。 そして自分が影響力を持つことを満足させる為に、何代もの部員をダメにしてきたのです・・・。


そして、その無意味な堕落した伝統は、好ましい物として受け継がれました。 いくら練習しても上達せず、悔し涙にくれた学生は多かったです。 勿論、退部する学生も数知れずいました・・・。


自分の一存で女子部を作らなかったのも、この方のなせる業でした。 女子部のないテニス部など、当時でも考えられなかったですからね・・・。


しかしながら一番の問題は、こういった負の遺産を何名もの学生が代々引き継いできたということです。 おそらく私が今ブログでこんな記事を書いていることがわかれば、怒鳴らんばかりに非難するOBがたくさんいることでしょう・・・。


若い頃からの洗脳とは、こうまでも恐ろしいものなのです・・・。 このせいで私はまともにボールを打てるようになったのが、社会人になってからでした。


学生の頃はサッパリでしたが、社会人2年目で元インカレの選手とシングルスで互角に戦えたことが唯一の想い出です。


相手のバックに大きく弾むスピンサービスを打てたのも、ちょうどこの頃でした。 短い選手寿命でしたけれど・・・。


今日のお話はここまでです。 明日もイネイブラーの記事です。 どうぞよろしくお願いいたします。


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

あなたがすべき、愛のある放置とは?

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


今日も最初はお役に立てる情報から・・・。


OCT“軟らかいタコは選べる・・・!?”( ̄Σ ̄=)!


あなたはタコがお好きですか? 私は大好物です。


酢だこ、タコヤキ、ヌタ、タコぶつ、から揚げ、何にしてもおいしいですね。 でも私の好物で、あまり知られていない食べ方に『タコのやわらか煮』というのがあります・・・。


普通ならば、タコは熱を通すと硬くなります。 しかしながらこの料理は、煮込みでありながらもタコが軟らかくおいしいのです・・・。


“どうすれば、こんなに軟らかく煮付けれるのだろう・・・?”


このことはずっと私の疑問でしたが、先日ようやく一つの疑問が無くなりました。 以前、いきつけの店で聞いたのは、まな板にタコを乗せビール瓶で叩けということでした。 しかしながら今回聞いたのは、そもそも軟らかいタコを選別できるということです・・・。


“メスのタコは軟らかい・・・。”のだそうです!(笑


どうぞあなたも知っておいてくださいね!


“えっ! どうやって見分けるか分からない!って・・・”


OCT2足の吸盤がキレイに並んでいるそうですよ、メスのタコは・・・。 オスは吸盤がデタラメに並んでいるそうです。


さて、今日も昨日の続き『愛のある放置』についてです・・・。


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからのご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【やめさせる為に、あなたができること◆



昨日、院長先生へのコメントでも書かせていただきましたが、「やめさせたい方」からのご相談の時、このようなケースがよくあります・・・。


良くある会話例


☆「旦那が、パチンコで借金をしました。いくらやめてくれと言っても、聞いてくれません・・・。」


私「今回が初めての借金なんですか?」


☆「いいえ、これで3回目です・・・。」


私「では、今までの借金はどうやって解消されたのでしょうか?」


☆「家の預金を取り崩したり、私の預金から支払いました。」


私「それは良くありませんね・・・。 一番やってはいけない行為です。 それをする限り、ご主人はギャンブル依存症から抜け出ることはできないと思いますよ・・・。」



と、まあこんな感じでお話しすることが多いのです。 そして、日常生活において本人にはあまりかかわらないことと、金銭的な援助をしないようにお話しすると、納得されない場合が多いです。


そして、『共依存』についてのお話をすると・・・、


「勘違いなさらないで下さい! 狂っているのは、私ではなく旦那なんです。」 と、まあ露骨に嫌な顔をされることが多いのです。


特に「『共依存』は心の病気とはいえなくとも、好ましくない心の状態です。」とお話しすると、血相を変えて抗議される方が多いと思います。


確かに、ギャンブルに依存して家のお金に手を付け、借金をして家計をズタズタにしてしまったのは依存者です。 「悪いのは本人だけなんだ!」と言いたくもなりますが、それは違います。


【依存症は心の病気である】


ギャンブル依存症というのは、何度も書きましたが、「心の病気」です。 病気である限り、適切な処置と治療が必要です。


しかしながら、今現在、ギャンブル依存症には「うつ」などと違って有効な治療法や薬などは存在しません。 このことについても、今までに何度も書かせていただきました。


そして、唯一の治療法といえるのが、生活習慣と生活環境の改善です。 つまり投薬や対面治療ではなく、自ら克服することが必要とされる心の病といえるでしょう・・・。


その克服の邪魔をする人たちがいます。 その多くが依存者のパートナーです。その他邪魔をする人には、依存の対象に誘惑する人もいます・・・。


ですから、まずあなたは本人に執拗にかかわることで心理的に追い詰めたり、逆に何かあったときに甘やかさないことです。


このことにより、本人の快復・克服できる確率が格段に高まるのです。


【共依存は心の病なのか・・・?】


共依存者の多くが、機能不全家庭で育てられ、共依存である母親の背中を見て育ってきたということは、過去の記事でも書かせていただきました。


コチラからご覧下さい。 シリーズで書いています。〜


しかしながら、こういった共依存者はすべて心の病であるのかといえば、それは甚だ疑問であると私は思っています。


その大きな理由として考えられるのが、日本という国はそもそも『共依存の国』であったともいえるからです。


このあたりについても、過去の記事をご参考になってください。


ですから、私はあなたに自分が心の病であると自覚してくださいというわけではなく、せめてパートナーに対して『愛のある放置』をしてくださいとお願いしたいのです。


〜それでは最後に、今日の一言です。〜


MAGHT“人はそれぞれに違った、距離を測るための物差しを持っています。”



あなたが1メートルと感じていても、相手はひょっとしたらその距離を30センチと感じているかもしれません・・・。


その距離を長いと感じる人が、短いと感じる人に合わせてあげるのが、今回のような場合の『愛の有る放置』なのです。



〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。
●断パチ・断スロ達成日数をメールでお知らせ
基礎講座
●克服の基礎メール講座
基礎講座
●断パチ・断スロ お助けメール(朝)
お助け
●断パチ・断スロ お助けメール(夜)
お助け
●リンクはご自由にどうぞ!
リンクフリー
Archives
●ギャンブル依存症克服リンク集
リンク集
●メンタルヘルスのお友だち
TRE
●アーティストのお友だち
HRART3
●企業家、専門職、団体のお友だち
SENMONKA
●タカビーの大切な女性のお友だち
WOMEN
●タカビーの大切な男性のお友だち
MAN
記事検索
livedoor プロフィール

タカビー

Categories
・SAGSトップページ
SAGSコミュニティー
伝言板
SAGS掲示板
掲示板1
断パチ・スロ3原則
断パチ3原則1
●依存症ギャンブラーが陥る2つの錯覚
依存症ギャンブラーの錯覚
●ブログのQRコード
QRコード
●掲示板のQRコードです
QR掲示板
@タカビーにメールする
Recent Comments
  • ライブドアブログ