ギャンブル依存症克服への道 〜パチンコ依存症・スロット依存症・断ギャンブル道場です!〜

ギャンブル依存症を治療し、快復・克服することは大変困難です。どうぞ遠慮なくご相談ください。ここでは、生活環境と生活習慣を改善してギャンブル依存症を克服する方法を、お金の専門家FPがご提供いたします。やめさせたいあなたも、ぜひどうぞ! 

金銭問題

ギャンブルはお金の生活習慣病

こんにちは、タカビーです。

今日は少しばかりお金の話にします。 「ギャンブルはお金の生活習慣病」というお話です。


お金そのものの価値

我々人間は動物の中で唯一、社会を持ち経済生活を営んでいます。 経済生活ということは勿論、お金を使うことを前提としているのですが、このお金というものは便利でありながら、いろいろな問題を起こす厄介なものでもあります。

そもそもお金とは古来より「物の価値そのもの」だったのです。 だからこそ、その価値を反映するものとして、金など希少な金属で貨幣が鋳造されたりしたのです。

ところが文明が進化してからお金自体、価値を持たなくなりました。 そうなると、たかだか1枚の紙切れがたいそうな価値を持つようになりました。

IMG_3551つまりお金自体は価値を持たなくなり、「見合ったものと 交換できる券」となったわけです。 あなたがお持ちの紙幣を、よくご覧になってみてください。 必ず「日本銀行券」と書かれてある筈です。

殆ど何にでも交換できますから、お金自体価値があるというのは紛れもない事実です。 しかし反面、その存在が軽くなったことは間違いないでしょう。

私は小さなころお年玉を貰うとき、紙幣の千円札を貰うよりも百円玉を貰う方が嬉しかったことを思い出します。 子供とはいえ頭の中で、金属の方が紙よりも値打ちがあることを理解できていたのです。

こういった子供を大人は笑いますが、案外子供の目の方が正しかったりします…。



■二人の天才逮捕から学べること

我々は、時々とんでもない錯覚を起こすことがあります。 それは「お金をお金と思わなくなる」ということです。 

先日有罪が決定し収監確実となった堀江被告同様、本日は村上ファンド元代表村上世彰被告の有罪が確定しました。 二人とも素晴らしい頭脳を有し、いろいろなことをちゃんと分析する能力・発信する能力共に優れており、私はこれらの結末が残念で仕方ありません。

村上世彰被告は幼少のころから、親に株式投資を教え込まれ、実際に行って大きな利益を上げていたといいますから、ずば抜けた才能を持っていたのでしょう。

しかしながら先ほども申し上げましたように、お金自体の価値とその重みに触れることが少ないと、いかように優れた人間でもこのような結末になるものかと考えさせられました。


■金が金でなくなるとき

金が金でなくなる時がどういったときかと考えれば、一つ思い当たることがあります。 それはお金を消費しないときです。 貯蓄がそれに当たりますが、実際預けた金融機関に何かあれば100パーセント戻ってこない場合が多いです。

その他には投資というものがあります。 投資とは将来の利益を得るために行う行為ですが、消費とは少し異なります。

消費とは物や価値がその場で手に入りますが、投資の場合手に入るのは(可能性があるのは)将来です。 しかし将来手に入る可能性が高いものを選んで行う行為ですから、ちゃんとした分析に基づいた行為といえます。

そしてもう一つ…

金が金でなくなる最も顕著な例…。 それがギャンブルです。 ギャンブルは消費といえません。 なぜならあてのない見返りを期待して遊戯する人が、殆どだからです。 

ここで「お前はいつも ギャンブルはそもそも遊び代を徴収されるものだと いってるじゃないか!」と言われる方も居られることでしょう。 

もしもそれを言うのなら、本来ギャンブルは定額を支払って興奮とスリルを楽しむレジャーであるべきです。 しかし遊興費が確定していません。 つまり上限がないのです。

これは、ギャンブルがお金を対象とする遊戯だからといえるでしょう。 つまりギャンブラーは興奮とスリル以外にも、賭ける額に応じた見返りを求めているといえるのです。 


■ギャンブルはお金の生活習慣病

ギャンブルは一見、投資にも似ています。 しかしながら投資と絶対に違うところがあります。 それは「投資が将来 見返りがあることを前提としている」のに対し「ギャンブルは 賭け額に見合った遊戯費を必ず徴収される」ということです。

つまり簡単に言えば…

「ギャンブルは全くあてにならない金をあてにして せっせと金をつぎ込む遊戯」だといえるでしょう。

そしてこうなってしまう大きな理由は、アツくなったり慢性で遊戯したりするうちにお金をお金と感じなくなってしまうからでしょう。

そういった意味で「ギャンブルはお金の生活習慣病」なのです。 


今日もご訪問ありがとうございました。

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、午前9時と夜7時どちらかをお選びになってくださいね↓。

午前9時配信

夜7時配信


★1日3分、10回で終了! 基礎メール講座

⇒無料のギャンブル依存症克服 基礎メール講座 登録受付中です!


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否を解除されてください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。

過払い請求の落とし穴(これだけは気をつけたい!)

こんにちは、タカビーです。

過払い最近、更新が遅い時間になりました。

今日も滑り込みセーフの時間帯ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

今日は、「過払い請求の落とし穴」というお話です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
素晴らしい方法だが やり方を間違えると


先日よりお勧めしている過払い請求ですが、実際には請求する前から変換後までにおいて気をつけるべきことが多いです。

こういった話は、あまり聞く機会がないかもしれないので、今日は「過払い請求の落とし穴」として書かせていただきます。



■過払い請求 自分でもできるのでは!?

こういった疑問をお持ちの方が多いです。 現に昨日、自分でできないのかというご質問のメールを送ってこられた方がいらっしゃいました。

結論から言えば、過払い請求は自分でもできます。 

ただし、けっこう大変です。

・書類
・請求できるかどうかの判断(請求する意味があるのか?)
・時間と手間
・貸し金業者との交渉


少なくとも、これだけの問題があります。 というか、会社に勤めておられる方なら、殆ど不可能ではないでしょうか?

過払いがあるかどうかを判断することは個人でもできます。 そういったサイトも存在します。

ただし、正確な取引の履歴を貸し金業者より取り寄せる必要があり、それに基づいて書類を作成したり相手と交渉したりする必要があります。

これは時間と手間がかかる作業で、通常の人では殆ど無理ではないでしょうか?

離婚を経験されている方は離婚調停などの経験をされたことがあり、同じくらいの感覚でおられる方が多いです。

しかし相手は弁護士をつけた金融業者です。 個人相手のように、そうそう簡単にはいきません。


■過払い請求した後の大きな問題とは

それはズバリ、返還されたお金の使い道です。

返済途中なら、金利分ぐらいの負担が減りますので、まず間違いなく返済額が激減します。

もしも返済後の請求であるのなら、お金が手元に戻ってくることになります。

いすれにせよ、「お金を持て余す原因」を作ってしまうことになりかねません。

過払い請求した後、節約できたお金をどうするか?早めに決めて貯蓄に回すなどされてくださいね。

せっかく戻ってきたお金です。 その使い道を誤れば、また地獄行きが待っているのです。

どうそご注意くださいね。


●掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


●タカビーがお勧めする金銭問題の専門家への無料メール相談

PCからはコチラ
携帯からはコチラ

あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。

★1日3分、10回で終了! 基礎メール講座

⇒ギャンブル依存症克服 基礎メール講座登録受付中!


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否を解除されてください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。

過払い請求できなくなる日がやってくる

こんばんは、タカビーです。

昨日より、債務整理と過払い請求についてのお話をしています。

さて、いきなり本題ですが…、

あなたは、ご存知でしたか? 今まで支払った利息の過払い請求が、できなくなる可能性があるのです。

今日の記事はちょっと真剣に読んでほしいなぁ…。 それと、お勧めの無料相談窓口をサイドバーにベタベタと貼っておきました。

今日の記事本文でも、モバイルユーザーの為に無料相談できる窓口ちゃんとご紹介させていただきます。

ここまでしたんですから、あとは「やるか?」「やらないか?」それはあなたの気持ち次第です。

法律の専門家は、決して怖いおじさまではありませんよ。 皆さん、親切で優しい方ばかりです。 彼らも仕事ですからね、当然のことでしょう…。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弁護士・司法書士の選び方


373430688_082b1c5869_m債務整理するときに誰もが最初に悩むのが、「どうやって専門家を選ぼうか?」ということです。

弁護士・司法書士を選ぶには、いくつかのポイントがありますが、一番大切なことは債務処理に詳しい専門家を選ぶことです。

もうひとこと言うならば、専門家によっては債務処理を嫌がったり引き受けない方もいます。

わかりきった話ですが、そういった専門家に相談すると時間ばかりかお金まで無駄に使ってしまうことになります。

次に専門家を選ぶ際のポイントについて、もう少し書いてみましょう。



■弁護士と司法書士、どう違うの?

これも皆さんが悩まれるところです。 専門職として弁護士と司法書士は、取り扱うことができる事案が大きく異なります。

債務整理に関して言うならば、

・140万円以上の債務を 司法書士は取り扱いできません

・司法書士は地方裁判所に出頭できないので 裁判の代理人となれません そのため 裁判が不利になる場合があります

・司法書士に依頼すると 民事再生や自己破産となった場合 債務者自ら申し立てする必要が生じます

・殆どの場合、費用的には司法書士に依頼する方が安いです

・弁護士に依頼すると 司法書士に依頼するよりもあなた自身すべきことが少なくて済みます


そういったことを頭に入れて、あなたに適した専門家に相談されてみてください。


■費用は いくらくらいかかるの?

専門家を選ぶ前に気になるのが、債務整理の費用がいくらかかるかですね。 次にだいたい目安の費用を書いておきます。

自己破産:およそ20万~40万(平均すると およそ31万円ぐらいです)

民事再生:およそ37万円~50万円(平均すると およそ41万円ぐらいです)

任意整理:貸し金業者1件あたり およそ3万円~4万円くらいの手数料が必要です その他には 成功報酬が過払い返還金の15パーセント~25パーセントくらい必要となっています。



■過払い請求するのなら早く できれば今すぐ!

過払い請求を戸惑う方の殆どは、一度も専門家に相談した経験がない方ばかりです。 

最初の第一歩を踏み出せずに、悩んでいる人が多いと感じます。 相談は無料なので、まずは一度専門家に相談されたら良いと思いますね。 メール一本でOKですから。

今回の武富士に次いで業界大手の某サラ金も、最近良い噂を聞きません。 サラ金が倒産したり廃業すれば、過払い請求できなくなる可能性が高くなります。

ただし先に申し上げましたが、「金銭問題に強い専門家」に相談・依頼することが大切です。

そういった意味で、お近くの専門家の事務所に足を運ばれる前にメール相談をされてみてはいかがでしょうか? 無料のサービスを利用しない手はありません。


■携帯からも 無料相談OK!

私のお勧めする相談先バナーを、ブログの左サイドバーに貼らせていただきました。 パソコンからご覧になっている方は、そちらからどうぞ。

私も、金銭問題についての相談をお受けします。 よろしければ、ご利用ください。 ただし私は法律の専門家でないので、債務整理に着手することはできませんのでご注意くださいね。

私への相談メールはコチラまで。

次に携帯から相談できる専門家を書いておきます。 パソコンからは、左のサイドバーよりご利用ください。

●新紀尾井町法律事務所

全国対応のネットワークを持つ弁護士事務所です。

安易に妥協しないことを宣伝文句にし、丁寧な対応が自慢です。

メール相談のフォームが簡単なので、最初の一歩が踏み出せないあなたには特にお勧めですね。


●弁護士法人ARMS法律事務所

債務整理など、金銭問題に強い全国組織の弁護士事務所です。

敷居の高くない弁護士事務所をモットーに、親切な対応を心がけています。

こちらも相談はメールで簡単にできます。 およそ5分もあれば可能でしょう。


●日野司法書士事務所

関東中心に無料相談を受け付けています。 司法書士への相談をお考えならば、一度メールされてはいかがでしょう。

メールフォームへの書き込みは、簡単でした。


●私への相談メールはコチラまで。



■あなたの返すべきお金はいくらか?

それは専門家に相談するまで、全くわからないはずです。

場合によれば、今までに支払ったお金が帰ってきます。

このチャンスを物にするためにも、できる限り早く無料相談をご利用くださいね!


今日も最後までありがとうございました。


●掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


タカビーお勧めの債務整理の専門家(無料メール相談)

PCからはコチラ
携帯からはコチラ

あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。

★1日3分、10回で終了! 基礎メール講座

⇒ギャンブル依存症克服 基礎メール講座登録受付中!


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否を解除されてください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。

借金を減らす努力 されていますか?

こんにちは、タカビーです。 久々にギャンブル依存症関連のお話をさせていただきます。

182392860_53a2e4d2b1_m少し前のメルマガで、過払い請求の話をしました。 過払い請求が徐々にできなくなっていくという話です。

「過払い請求は、できる限り早くしてください」というお話でしたね。 ということで、今日から2回にわたって、債務整理の知識について書かせていただきます。

今がどん底だと思われているあなた! ひょっとしたら、一日後にはバラ色の人生になるかもしれません。

よろしければ、お付き合いください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なぜ今、過払い請求なのか?


まず過払い請求について、おさらいの意味も込めて書いてみましょう。

ギャンブル依存症が引き起こす問題で一番大きな問題は、どう考えても金銭問題です。

金銭問題の解決にはいろいろな方法がありますが、そのうちで返済額を減らす有力な方法として知られるのが任意整理=過払い請求です。

特に債務返済後の過払い請求は信用調査機関(ブラックリスト)に登録されることがなく、余分に支払った利息が帰ってくる可能性もあるのでやって損はありません。



■行動しない人たちの特徴

私は今までに、かなり多くの方に任意整理と過払い請求をお勧めしてまいりました。

しかしながら、行動されない方が多いですね。 その理由としては次のようなことをおっしゃる方が多かったです。

・手間がかかる 面倒くさい
・ブラックリストはいやだ
・身辺や会社に知れるかも!?
・どうせ、そう効果もないさ!
・かなりお金がかかるんでしょ?
・どうも弁護士は敷居が高くって…


まあ、そんな気持ちもわかるのですが、私が考える限りこれらの心配は殆ど無用です。 

確かにブラックリストに登録されることは有り得ますが、その他の問題については殆ど心配ないと思います。

というよりは、まず法律の専門家に相談してから、どうするか悩めばよいということです。


■債務整理法 その違い

借金を整理する方法にはいくつか種類があります。

次に代表的な方法について、簡単に書いてみます。

・自己破産

:借金を全て帳消し(免責)にする方法です。 ただし、認められる場合と認められない場合があり、社会的に制約を受ける部分が生じます。

通常、ギャンブルが原因の借金は免責とはなりません。

・民事再生

:自分名義の住宅などを手放したくないときに有効です。 ただし、軽くしてもらった金額を分割で返済する必要があります。

ギャンブルなどが原因でも、認められる方法です。

・任意整理

:原則として金利カットをして、元金だけを分割で支払う方法です。

ギャンブルなどが原因でも、認められる方法です。

・過払い請求

:過去に支払った「余分な利息」を返還請求することです。

支払い中であっても、完済後であってもかまいません。 返済中でも、過払い金が生じ逆にお金が戻る可能性さえあります。

ギャンブルなどが原因でも、認められる方法です。



■おまとめローンよりも 債務整理!

今あちこちで「おまとめローン」が宣伝されていますが、「おまとめローン」は「うまくいけば金利の負担が減る」という程度のものです。

あとは借入先が一本化するので、返済の手間が少なくなるというところでしょうか。

しかしながら実際に返済の負担は大きく残るので、今後に不安を残します。

そういった意味で、私はまず任意整理をお勧めしたいです。 なぜなら、任意整理・過払い請求は「金利を無くす、または払いすぎた分を返してもらう方法」だからです。

ブラックリストに登録されることを気にする方が多いです。 しかしながら登録されても、せいぜい5年から長くても7年程度です。

その間、ギャンブル資金を借り入れできないメリットの方が大きいでしょう…。


ということで、今日は債務整理のメリットについてお話させていただきました。 

明日は、専門家の選び方と「なぜ債務整理を急ぐべきか!」というお話です。 これはけっこう大切なお話なので、どうぞお付き合いくださいね。


今日も最後までありがとうございました。

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


★1日3分、10回で終了! 基礎メール講座

⇒ギャンブル依存症克服 基礎メール講座登録受付中!


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否を解除されてください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。

パチ屋を意識しない金銭感覚を!

おはようございます、タカビーです。

最近掲示板や頂戴したメールを拝見して、感じることがあります。

それは

「何を考えて、普段の所持金を決めているんだろ?」ということです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そんなにお金って必要なものなのか?


そう私が問えば、殆どの方が「当たり前だ!」とお答えになることでしょう。

でも、果たしてそうでしょうか? 我々は、日常的にそこまでお金に縛られる必要があるのでしょうか・・・・?



■お金が必要な場面とは

私はお金が必要な場面って、考えているほど多く無いと感じます。

実際に私は外へ出るとき、一銭もお金を持たずに外出することが多いです。

どうしても持ち歩くときは、必要なお金以外極力持ち歩きません。

そして、普段自分が考えているほど、お金を必要とする場面は少ないと感じます。


■お金を持たないリスクは少ない!

お金を持っているがために、災難に遭うことはよくあります。 引ったくりとか紛失とかが、そうですよね。

でもお金を持っていなかったために問題が生じることは、意外と少ないのです。

たとえば買い物に行くとかがそうですが、そもそも買い物はお金と商品を交換する行為なので「お金を持っていなかったために問題が生じる」とは、言いがたいですね・・・。

3424396006_9a4f58e2f5つまり・・・

あなたがお金を持っていないせいで何か不都合なことに出くわすとしたら、それはたまたま街で友人と出会ってお茶に誘われる時くらいのものでしょう。

仮にそういった場面に出くわしたところで、出会ったときに「お金を持っていないことを、それとなく伝えればよい」と感じます。


■それにもかかわらず、お金がないと不安なのは・・・?

ズバリ言いますが、スリップする人はスリップに至る前、すでにスベっています。

つまり「パチのための軍資金」を含めて所持金をいくらにしようかと決めている段階で、スリップするのは必然なのです。

どうでしょうか? あなたはスリップする前にすでに滑り台の上に登ってはいないでしょうか?

このことに気をつけて毎日余分なお金を持たない工夫をする人は、いち早く幸せになれる人です。

さて・・・。

あなたはこれからどういった道を歩まれるのでしょうか・・・?


今日も最後までありがとうございました。

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


★1日3分、10回で終了! 基礎メール講座

⇒ギャンブル依存症克服 基礎メール講座登録受付中!


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否を解除されてください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。

節約と家計の相談にお答えして

おはようございます、タカビーです。

さて、月曜日過ぎて火曜日ですね・・・。

今日は1通の相談メールに返信した内容を、あなたにお届けしたいと思います。

禁パチしながら、家計も上手くやっていきたいというTさんからのご相談でした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

相談内容(家計簿をつけることをお勧めしたメールの返信一部です)


タカビーさんにいくつか質問があります。

◎(ご主人に金銭管理してもらって、お金を受け取る周期を)1週間で区切るか、10日で区切るか。両方やってみましたが、どちらがいいかよくわかりません。

◎そのうちの予算はだいたいいくらが妥当でしょうか?うちは四人家族です。

◎1ヶ月、食費や雑費など合わせた生活費はいくらくらいが妥当でしょうか?

恥ずかしながら、結婚して10年経つのに今だに生活費の使い方、振り分け方がよくわかりません。

銀行引落のものは毎月ノートにかいていくら支払いがあるのか分かっていますが、日々の生活費はよくわからず、家計簿もつけたことがありません。どうつければいいのかもよくわかりません。


■タカビーからの回答

Tさん、タカビーです。


世間ではね・・・、家計簿つけない方のほうが多いです。

今までのことはあまり気にせず、でもこれからはキッチリとやっていきましょうね。


> ◎1週間で区切るか、10日で区切るか。両方やってみましたが、どちらがいいかよくわかりません。

これは、ご主人が金銭管理をそこそこ請け負ってくれるとした場合、間違いなく週単位でしたほうがやりやすいです。

精算日(曜日)を設けておくといいですね。

例えば、週末の日曜日にレシートを見せて、余ったお金を返却し精算するわけです。

そして必要なお金を、また手渡してもらうわけです。

できれば大きな買い物は、週末にご主人と行かれることです。

いつも大金を持たなくて良いので、スベりにくくなります。

それと、精算する習慣があれば、パチに行く行為は完全にバレますからね・・・。


> ◎そのうちの予算はだいたいいくらが妥当でしょうか?うちは四人家族です。

これは一概には言えませんが、外食しない場合の食費を普段から計算されることです。

ウチの場合は概算ですが、基本の食費を4人家族で月6万円くらい計上します。

その他には嗜好品のアルコールとおやつ類が乗ることになります。

それらの金額は、およそですが2万円ぐらいでしょうか。

つまり光熱費別にして、食費としては基本8万円使って頑張っています。

これだけで子供のお弁当も全て入れますし、今のところ問題なくできています。

ただし、知恵が必要かと思います。


ちょうど最近のブログ記事にアップしました。

http://osakafp.livedoor.biz/archives/65369492.html

いつもいつもこういう風にはゆきませんが、かなり工夫しています。

ウチでは、何でも自家製にしておいしく安くを心がけています。

ちなみに今夜のメニュー(7月22日)と予算です


IMG_5144・タンドリーチキン(260円
・イワシの梅干煮(150円
・ナマ節と豆腐の煮物(310円
・柴漬け(保存食460円
・厚揚げの煮物(120円
・エビの天麩羅(160円
・サラダ(50円
・ごはん(チンするので0円

合計1510円

柴漬けは長期保存食なので、今日は食べません。

漬けあがる5日後くらいから、およそ半月分で460円です。

つまり光熱費抜きで、1050円が今日の夕食費用です。

朝はアッサリと食べるので、いつも


・味噌汁(50円
・ごはん(朝に炊きます 4合で150円
・納豆など(90円
・漬物類(20円
・夜の残り物(0円

合計310円くらいです。


昼食はその日によって違いますが、4人でできる限り500円以内を目指します。

つまり、4人で1日の食費を2000円以内くらいで収めるよう頑張っています。 まあ実際には、余裕でクリアーできますね。

余裕が出てきたら、その分を積み立てて家族で外食すれば良いです。 ご褒美みたいで、節約し甲斐もあるってもんです。


> ◎1ヶ月、食費や雑費など合わせた生活費はいくらくらいが妥当でしょうか?

これを知るには、まず固定費用を算出されることです。

・家賃

・住宅ローンなどローン

・光熱費

・通信費

・(車の維持費用)
:ガソリン
:税金
:車検積み立て費用
:修理費
:任意保険料

・保険料
:火災保険
:生命保険など

・教育費
:学費
:塾など
:習い事など

・日用品など雑費
:被服費用
:消耗品(石鹸など

・医療費
:薬
:医療機関

・レジャー費用
:固定
:積み立て

・貯蓄:するのとしないのとでは、大違いですね。

・交通費

・家族の小遣い

・嗜好品(タバコなど

・冠婚葬祭など交際費

・(固定資産税)

・(住居管理費用)


これらの物は、今までのレシートなどから算出可能です。

是非、固定費用を算出して、Tさんのお家で必要な「家計」を知っておいてくださいね。

そうすることにより・・・、

☆自分の家は
どれだけあれば
生活できるのか?


★どれだけないと
生活できないのか?


このことがわかります。

そうすれば、安心して過ごせますし、また逆に青くなるかもです。(笑

ちなみにウチの家の場合決して贅沢していませんが、かなりの美食一家です。

おいしく満足した食事を楽しんでいます。


最後に・・・

食費の節約は、とにかく時間がかかりますが、やり甲斐あります。

禁パチに必要な、「時間を持て余さない」ことが節約と共に可能です。

どうぞ頑張ってくださいね。 というか、大丈夫です。 できますよ!

タカビー


最後まで読んでくれてありがとうございました!


掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


★1日3分、10回で終了! 基礎メール講座

⇒ギャンブル依存症克服 基礎メール講座登録受付中!


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否を解除されてください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。

ギャンブル依存症と誤った金銭感覚 まとめ(あなたがこれからすべきこと)

こんにちは、タカビーです。

1298641514_9cacefbb5d連休前になりましたね。 今日は今回のシリーズのまとめとして、書かせていただきます。

少々お付き合いくださいませ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
金銭感覚快復4つのポイント!



いよいよこのシリーズも最後となりましたが、最後に金銭感覚を正常にするためのご提案として書かせていただきます。


1.パチ屋へ行くのに、義務感を持たない!


あなたがパチ屋へ行く理由を、まずはよく考えてみてください。 依存していない人であれば、「遊びに行く」ということが目的のはずです。 まあ、せめて「ひょっとしたら勝って儲かるかも!?」くらいでしょう。

もしあなたがパチ屋へ行くのに義務感を持っているのであれば、きっと心の奥底に・・・

・取り戻そう
・このままではムカつく


などといった今まで失ったお金に対する未練と執着があるはずです。 ここで大きな間違いといえるのが、「パチ屋に今日行かなければ、今まで失ったお金を取り戻す権利を放棄している!」などと考えてしまうことです。

お忘れなく・・・。

ギャンブルという5文字の中に「取り戻せる」の5文字は含まれません・・・。

とにかく今通いのホールをの関係を、断ち切ってしまうことです。 時間と共に未練はなくなっていきます。


2.勤労により、お金の価値を知る


依存症ギャンブラーの中には、主婦や無職の方が比較的多いです。 その他には年金生活されていらっしゃるご老人や、学生など働いていない方も居るのです。

こういった方は働いている人に比べ、お金の価値を見失いがちです。

今自分がサンドに放り込もうとしている千円札が、1時間分の時給以上の価値だと思えば目が覚めるかもしれません。

パチ屋に行く暇があるのなら、思い切って働いてみてはいかがでしょうか?


3.物の価値(値段)をちゃんと知ってみる


パチ屋通いばかりしていると、とかく物の値段に鈍感になってしまいます。 その理由は簡単で、依存症ギャンブラーはお金の使い道をギャンブル以外に見出せ無いからです。

こういった問題を解決するためには、ギャンブル以外の物にお金を使ってみることも必要です。 あなたがパチ屋で3万円失ったとしたら、このお金で夫婦二人でそこそこ良い旅行プランが立てれるでしょう。

パチ屋で3万円失うのに、2時間もあれば十分でしょう。 あなたがサンドに入れようとしているお金が、本来はどれだけ有意義なものか?このことを知ってみてください。


4.貯蓄してみる


次に大切なことは、お金を蓄えるということです。 お金を貯めると、人は無茶なお金の使い方ができなくなってきます。 貯蓄は浪費を防ぐのです。 これは依存症ギャンブラーにも当てはまります。

貯金は楽しみでもあります。 貯まった後に何に使うか考えておくと、楽しみは倍増します。

私は目的・目標のある貯蓄をお勧めしています。


■ギャンブル依存症克服基礎メール講座のご登録は・・・


次のリンクをクリックされ、登録ページにてご登録くださいませ。

ご登録は→■ギャンブル本気でやめる!(入門編) 

どうぞよろしくお願いいたします。

今日も最後までありがとうございました。


掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

ギャンブル依存症と誤った金銭感覚 その10(貯蓄することの重要性)

こんにちは、タカビーです。

克服の基礎講座受講を迷われているあなたへ、お知らせします。 よくあるインターネット商材のように「期間限定」とか「今だけ無料」とか「いつ、このページは無くなってしまうかわかりません」なんてことはありませんでの・・・。(笑

あなたがご自分の都合のよいときを選ばれ、ご登録ください。 1通のメールを読むのにかかる時間は、およそ1〜2分くらいのものでしょう。

このあたりも参考にされ、ご検討くださいね。 さて今日は、長らく更新できなかった金銭感覚の記事です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

余裕の有る生活は、依存しにくい生活



61683020_dfa98e1803_m人間は生きる為にどうしても必要なものがあります。 それは衣食住ではないでしょうか?

そして最低限の衣食住を得ようとするならば、どうしてもある程度の豊かさが必要となってきます。

依存症ギャンブラーが取り戻そうとする行為は、そもそも貴重な金銭を使いきってしまうことが原因といえます。

ズバリ言いますが、金銭的余裕がない人ほど依存度が高く重症なことが多いのです・・・。


■豊かさの尺度


ではこういった「ある程度の豊かさ」とは、何が基準になっているのでしょうか?

・電化製品が充実していることでしょうか?

・広い家に住むことでしょうか?

・食費に困らないことでしょうか?

・教育にお金をかけれることでしょうか?


私は豊かさの規準となるのは、その人が貯蓄する余裕があるかどうかだと思っています。


■ギャンブルは貯蓄の芽を摘む


言うまでもありませんが、ギャンブルはお金を奪っていきます。 個人がする浪費の中で、「呑む」「打つ」「買う」という言葉がありますが、間違いなく「打つ」という行為が一番お金を浪費しやすいです。

この理由は、ギャンブルには体力的な要素が少なく健康の害も他の2要素に比べたら少ないことが原因です。

そしてもう一つ、ギャンブルは依存するとエスカレートするということです。 このことが原因で、ギャンブルはもっともお金を消費するといえるのです。

ですから、ギャンブルに依存してしまうと多くの場合お金の流れが滞り正常なお金のやりくりができなくなります。 その証拠に依存症ギャンブラーの家庭では、まず間違いなく貯蓄ができていません。

つまり、「お金を貯める機会を失わせるもの」それがギャンブルなのです。 ギャンブルが奪う金銭は真っ先に貯蓄に回るべきお金だといえるでしょう・・・。


■今日のポイント〜貯蓄のススメ


貯蓄ができない家庭では、金銭的な余裕が生まれません。 お金に不安の有る家はとかく揉め事が絶えず、家庭内に多くの問題が発生します。

依存症ギャンブラーは貯蓄する習慣がありませんが、ここは小額からでも貯蓄することを覚えるべきです。

あなたの大切な人生と家族、そしてお金をギャンブルに託してはならないのです。 貯蓄に回るお金をギャンブルに使い切ってしまう生活は、家族の首を絞める行為です。

ギャンブルにお金を使うということは、お金を減らすということのみならず、あなた自身やあなたの家族を不幸にする可能性が高い行為だとご認識ください。

ムダなお金を使うのであれば、役に立つことに使うために貯蓄してみましょう。 そして最後に・・・、

貯蓄することは、ギャンブル依存症から快復するために大いに役立ちます。 金銭感覚を取り戻すためにも、貯蓄の習慣をつけてくださいね!



今日も最後までありがとうございました。


掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


カウンター参加者はコチラから!あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


■ギャンブル依存症克服基礎メール講座のご登録は・・・


次のリンクをクリックされ、登録ページにてご登録くださいませ。

携帯からのあなたは→■ギャンブル本気でやめる!(入門編) 

PCからのあなたは→■ギャンブル本気でやめる!(入門編)

どうぞよろしくお願いいたします。

今日も最後までありがとうございました。


掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)

あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。


タカビーのツイ友になってくださる方は、PCからはタカビーのTwitterページ携帯からはタカビーの携帯Twitterページまでよろしくお願いいたします!(フォロー確認し次第、私もフォローさせていただきます。)

ギャンブル依存症と誤った金銭感覚 その9(価値観の違いは 依存度の違い)

おはようございます、タカビーです。

389951008_2767c75410_m金銭感覚が狂っているということは、物の価値が理解できていないということでもあります。

今日は、そういったお話です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

物とお金の価値を今一度認識してみる



昨日は、最近の問題としては避けて通れない1パチと5スロについてのお話でした。 実はこの話はギャンブラーの金銭感覚を語る上で、極めて重要な話です。 というのは・・・、

いつも無謀な勝負をするギャンブラーといえども、レートのことを気にしているのは確かで、最後のかすかな望みともいえる金銭感覚をかろうじてこのあたりで持っているともいえるからです・・・。


■あなたは物の値段をご存知でしょうか


物の価値について少し前の記事で書いたことが有りました。

>例えば一昔前なら、「キミ、今酒屋でビールは1本いくらするんだ? 3000円くらいするのかね?」なんていう先生がいました。 ウソでは有りません、笑い話ですが実話です。

こんな記事だったのですが、ようは日頃買い物などに無頓着な人は物の価値と価格に音痴であるということです。 このことは依存症ギャンブラーにそのまま当てはまります。

まだやってみたことが有りませんが、依存症ギャンブラーの方たちにアンケートをして・・・

「今、スーパーで卵1パックいくらかご存知ですか?」というような質問をしてみたら面白いと思います。

さて、あなたはこの質問にどうお答えになったでしょうか・・・?


■何の為のケチなのか・・・?


勿論あなたが主婦であるのなら、すぐさま「特売なら100円、いつもなら180円」とかちゃんと答えることができるでしょう・・・。

依存症ギャンブラーの主婦たちは多くの場合、スーパーの中に居る時はいたって普通の主婦なのです。 いや、それどころか、もっとケチな主婦である可能性が高いです。

しかしながら買い物をケチるわりに、サンドに千円札を放り込むのにはいささかの抵抗もありません。

こういった現象はなぜ起きるのでしょうか?

それは殆どの場合、ギャンブルに依存することによって金銭の価値観が変わってしまっているからです。 

簡単に言えば

「買い物の金額をケチってでも、パチすることのほうが大切」そう思い込んでいるということです。


■無知なのかケチなのか?


こういった場合、卵1パックいくらかを知っていながらパチに依存している方が重症だといえます。 

つまりケチは無知を超えるのです。 間違いなくケチなギャンブラーほど依存度が高いといえるでしょう・・・。

パチ屋に通いながらも、ちゃんと昼時になれば食事を取り「たまには贅沢もしてみようか!」そう思える人はあまり金銭感覚が狂っているとは思えません。

問題は昼飯までも抜いて、遊戯に没頭する人たちなのです。

こういったケチな人たちは、頭の中にあるお金の価値がギャンブル一色になってしまっています。 狂った価値観を正常に戻す為には、ちゃんとしたお金の使い方を知る必要が有ります。


今日のポイント〜お金を使うことも快復のクスリ


お金を使うことで正常な金銭感覚を取り戻すことも、時には必要です。

その為には買い物をするときに「底値表」などを用いて節約し、一方で惣菜などを購入せずに「安い金額でおいしいものを作る工夫」をされてみたら良いと思います。

もしあなたが男性であるのなら、たまには週末に奥様の買い物に付き合い、新しい料理にチャレンジするのも良いと思いますね。


どうぞよい意味での節約を身につけてくださいね!


今日も最後までありがとうございました。


掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


カウンター参加者はコチラから!あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。


タカビーのツイ友になってくださる方は、PCからはタカビーのTwitterページ携帯からはタカビーの携帯Twitterページまでよろしくお願いいたします!(フォロー確認し次第、私もフォローさせていただきます。)

ギャンブル依存症と誤った金銭感覚 その8(1円パチンコや5円スロットに対する 誤った考え方)

おはようございます、タカビーです。

金銭感覚の話をする上で、昨今の1パチ・5スロについては、どうしても避けて通れないと感じます。 

298051669_69fbf5f4d6_m1円パチンコや5円スロットであれば、被害が少なくて助かると考えている方が多いようです。

ところが1パチや5スロには大きなワナが仕掛けられています。

今日は少し号外的な記事になりますが、1パチ・5スロについてのお話です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1パチと5スロは 依存症ギャンブラーの墓場とならない



禁パチ3原則で、余分なお金を持たないという項目があります。 では実際にはいくらの金銭の所持なら許されるのでしょうか?

私が相談者さんたちにお勧めしているのは、1日あたり1000円の所持金で過ごすことです。

ところが昨今のように1パチが多くなると、たとえ1000円といえども危険なゾーンに入ってしまう場合が多いのです。

実際に1円パチンコや5円スロットはレートダウンになっているのでギャンブル依存症の被害が少ないかといえば、決してそうではありません。

×安易に手を出しやすい

×ダラダラ長く遊戯してしまう

×調整がキツい場合が多いので、結果的に被害が大きい

×4パチや20スロの入り口ともいえる

×金銭管理をより難しくする厄介な存在


これらの問題があり、被害額を減らす効果となっていないように思えます。

そしてここで問題となることがあります。 それは依存症ギャンブラーたちが、果たして1円パチンコや5円スロットを遊戯しているのかということです。

私は殆どの依存症ギャンブラーがそういった低いレートの勝負でなく、高いレートの過激な機種で勝負していると感じています。

そう! 依存症ギャンブラーがパンクする場所は4パチと20スロなのです・・・。


■1パチでは取り戻せはしない


先日来、何度もお話させていただきました。 取り戻すという考え方は、典型的な依存症ギャンブラーのマインドです。

では実際に取り戻そうとしている人が、1円パチンコや5円スロットで勝負するのかといえば、それは見当違いである気がします。

私も昔経験ありますがパチ屋で負けが込んでいる場合、一発逆転の可能性がある機種で勝負するのが常でした。

例えば・・・

・大工の源さんで5万発

・浜ちゃんで25連チャン

・ゴッドでPGGを引く

・獣王で長いサバを引く

・吉宗でBIG10連チャン


とまあ、これらのことですね。 確かに一発引き当てれば、取り戻せる可能性が高い遊戯性の有った機械でした。 さしずめ今なら、慶次なんかがそうらしいです。

ところがもしこういった場合、レートを選べるとしたらどうでしょうか?

答えは簡単ですね・・・。

勿論、目一杯高いレートの機械でプレーするわけです。


■ギャンブル依存症は進行性の心の病である


取り戻すために一発逆転狙いで手を出した過激な機種・・・。

ですが、パチにせよスロにせよ負けることが多いワケですから、当然打つ可能性が高くなります。

これまた私の経験ですが、一旦高いレートや過激な機種をプレーすると、次に低いレートの機械やハネモノなどの機械を打つのがアホらしくなります。

あなたにもそんな経験が無いでしょうか?

こういった事実からも、ギャンブル依存症は進行性の心の病であるといえるのです。


今日のポイント

依存症ギャンブラーにとって、低いレートのギャンブルを選択することは全く問題の解決とはなりません。 なぜなら・・・


・ギャンブル依存症を克服するためには、レートの高い低いに関係なくギャンブルその物を断つしか方法がありません。

・ギャンブル依存症は進行性の心の病です。 低いレートの店や機種をプレーしていても、いずれ過激な機種へとエスカレートします。

・依存症ギャンブラーはギャンブルでの負け金を取り戻そうとします。 1パチや5スロは取り戻すための土俵とはなり得ません。

依存症ギャンブラーが散るのは、殆どの場合レートの高く過激な機種によってです。 1パチや5スロは、その入り口になるに過ぎません。

根本的なレートダウンをするならば、業界全体が音頭をとり日本全国一斉にするしか方法がないのです。



今日も最後までありがとうございました。


掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


カウンター参加者はコチラから!あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。


タカビーのツイ友になってくださる方は、PCからはタカビーのTwitterページ携帯からはタカビーの携帯Twitterページまでよろしくお願いいたします!(フォロー確認し次第、私もフォローさせていただきます。)
●断パチ・断スロ達成日数をメールでお知らせ
基礎講座
●克服の基礎メール講座
基礎講座
●断パチ・断スロ お助けメール(朝)
お助け
●断パチ・断スロ お助けメール(夜)
お助け
●リンクはご自由にどうぞ!
リンクフリー
Archives
●ギャンブル依存症克服リンク集
リンク集
●メンタルヘルスのお友だち
TRE
●アーティストのお友だち
HRART3
●企業家、専門職、団体のお友だち
SENMONKA
●タカビーの大切な女性のお友だち
WOMEN
●タカビーの大切な男性のお友だち
MAN
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
・SAGSトップページ
SAGSコミュニティー
伝言板
SAGS掲示板
掲示板1
断パチ・スロ3原則
断パチ3原則1
●依存症ギャンブラーが陥る2つの錯覚
依存症ギャンブラーの錯覚
●ブログのQRコード
QRコード
●掲示板のQRコードです
QR掲示板
@タカビーにメールする
Recent Comments
  • ライブドアブログ