ギャンブル依存症克服への道 〜パチンコ依存症・スロット依存症・断ギャンブル道場です!〜

ギャンブル依存症を治療し、快復・克服することは大変困難です。どうぞ遠慮なくご相談ください。ここでは、生活環境と生活習慣を改善してギャンブル依存症を克服する方法を、お金の専門家FPがご提供いたします。やめさせたいあなたも、ぜひどうぞ! 

パチンコ

ここまで腐った日本を よく見ておこうじゃないか

さすがに呆れ果てて、記事を書く気になった。最近になって、パチンコ・スロットに「換金が存在するかどうか?」といった、しょーもないことが話題に上っている。

> 「パチンコで換金が行われているなど、まったく存じあげないことでございまして」と警察庁の担当官。「建前論はやめましょう」。うんざり顔の議員ら。

>高村正彦・副総裁、野田聖子・総務会長、野田毅・税調会長ら大物議員が発起人に名を連ねる自民党の「時代に適した風営法を求める会」で、そんな堂々巡りが続いている。(朝日新聞2014年8月25日21時42分より引用)


オヤジが子供にチロルチョコかビスコを差し出し、「パチンコは賭け事じゃないんだ 勝ってもお金に換えられないんだよ!」などという言い訳は、弟が出来たとき上の娘にばつ悪そうに「赤ちゃんはコウノトリが 運んでくるんだよ」と話す以上に苦しく、また滑稽なものである。パチンコが堂々と換金できるバクチであることなど、遥か昔から小学生でさえ知っている。

この記事をお読みのあなたやあなたの旦那なんかも何度かは、ちょっと人目に付かない場所にある、あの小さな窓に文鎮や蝶々のはく製なんかを差し入れた経験があるに違いない。そして、そこから差し出されるお札に、ニンマリした記憶があることだろう。

以前の記事でも書いたが、パチンコが賭博であり公然と換金が行われていることなど、日本はおろか世界中周知の事実であり恥である。その証拠に業界の宣伝を担っているパチンコ誌は、常に交換率について公言している。そしてそこに登場するプロが本日の収支として、本日の上がりプラス●●円などと書いている。そもそも換金がないのにプロなど存在するはずがない。

あの業界は、何をどう釈明しようがギャンブルを生業としているのである。つまり、換金あってこその業界なのである。換金できないパチ・スロに、誰も金を使おうとしないことなど明白である。間違いないことだが、パチ・スロというものはれっきとした「最悪の賭博」なのだ。

今回、新聞の取材にPOKKA吉田氏が答えている。「警察が 業界の生殺与奪の権を握っている」というのがPOKKA吉田氏の意見だと思うが、実際は少し違うだろう。なぜなら警察があの業界を生かすことはあっても、決して殺すことなどないからである。そして裏でガチガチにつながっているにもかかわらず、実際には顔を赤くして否定しなければならない理由もある。

今なお警察からパチ業界への天下りは続いているし、警察署の生活安全課にお邪魔しても、そこに置いてあるカレンダーはパチ業界のものであることが多い。署内でも、雑談の多くは、パチ・スロの話題である。我々が感じる以上に警察とあの業界の結びつきは強く、それは決して一方的な支配関係などではない。

それと… パチンコ税を徴収するとはどういうことか? それは徴収先を殺さないということである。もう一ついえば、徴収する産業の発展が税収の拡大につながるのである。

安倍政権がバクチを重要な資金源と見ていることは、今回の出来事から見ても明らかだ。今、日本という国は国民をバクチ漬けにして、腐敗と破滅への道を辿ろうとしている。

今の政治家たちに、善意という言葉は存在しないのだろうか。

昨日の補足 パチ・スロは抽選回数が違う

こんばんは、タカビーです。

今夜は昨夜の補足として、お話ししたいと思います。


エンドレスの勝負とは

2249889725_df139f523f_m昨夜、私はパチ・スロは勝負が途切れにくくエンドレスになりやすいと書きました。

その理由として、

>・気が付かないうちに 次の勝負が始まっている(保留玉など)

>・高確率ゾーンや確変などがあり 勝負をやめると大きな損失を被る場合がある

>・天井がある場合が多く それを意識するとやめにくい

>・大当り確率が告知されているので もう来るだろうと安易な期待を持ちやすい

>・目に見えない期待が存在する(イベント 設定など)

>だからこそパチ・スロは一旦やり始めると、なかなかやめにくいのです。 こういったエンドレスの勝負が、時間を費やす要因となり破滅を呼びやすいのです。


といったものを挙げましたね。 ですがこれらのことが起きる一番の原因は、パチ・スロにおける抽選回数が格段に多いからだと思います。

このあたりのことを今夜は、わかりやすく書いてみたいと思います。



■パチ・スロが好まれてきた理由

パチンコが昔から庶民に受け入れられてきたのは、100円から遊戯できるという気軽さと「打てば まあ1発や2発は入るだろう!」という気安さがあったと思います。

つまり昔のパチンコはチューリップに入賞して賞玉が出るというスタイルでしたから、当たりへの敷居が低かったといえます。

宝くじや競馬などの公営ギャンブルって、なかなか取れませんよね。 宝くじなんか、ハズレ覚悟で買っている人ばかりなのではないでしょうか?

ですがパチンコの場合は、やれば少しは遊んで帰れるんじゃないかという期待感があったといえます。


■宝くじが当たらない理由

それは当選確率の悪さが大きな原因でしょう。 1ユニットで1000万枚発行し、その中で1等になるのはわずかに1本。 まさに気の遠くなる確率です。 1等か前後賞に入賞する確率は、単純に考えても0.0000003パーセント。 つまりおよそ333万分の1ということです。

最近の宝くじは還元率が下がっているので、1000円買った時点で既に630円負けているギャンブルでもあります。

さてその話は置いといて、宝くじがなかなか当たらないのは、何も大当り確率の悪さ・還元率の悪さだけが原因でもありません。


■抽選回数の差

宝くじが、なぜ当たらないのか? それは天文学的な大当たりの確率を、たった1回しか抽選しないからだと言えないでしょうか?

競馬にしたってそうです。 賭け方にもよりますが、16頭立てとした場合に一番当たる可能性がある馬番で16分の1=6.25パーセント。 3連単は3360通りですから、的中確率0.031%です。

こういった確率の抽選が、たった1回だからこそ取れないのです。

ですがパチ・スロは違います。 玉が入賞すれば1回の抽選、コインを3枚投入してレバーを叩けば1回の抽選なのです。

パチ・スロは常に抽選が行われているので、あたかもよく当たるように見えます。 だからこそ、「当たらないリスク」が少ないという錯覚に陥るのです。

ですが現実には、かなりカラい大当り確率ですし、それに見合う実入りも少ないといえます。 常に抽選しているということが、そういったことを感じさせない理由で、「パチ・スロは当たる」という盲信とカラクリの原点となっています。

今日も最後まで、ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
メルマガ登録したい!相談したい!という方は、次のページよりお願いいたします。

メルマガ登録と相談受付

今一度 パチとスロの違いとは

こんばんは、タカビーです。

昨日のりかさんから「元夫は、パチからスロへ移行し、依存症になりました。」というコメントを頂戴しました。

今日は特別に、パチとスロの違いについて書いてみたいと思います。


玉とコインとの違いだけではない

660699494_52b446e94c_mパチは玉、スロットはコイン。 こんな違いは誰だって知っていることでしょう。

ですがパチンコはハンドルを握るだけでよいギャンブル、スロットはコインを獲得するためにコインを投入して自ら絵柄を揃え続けるギャンブルです。



■スロットは無知が許されないギャンブルといえる

ここでパチンコとスロットの遊戯法について、簡単に書いておく。

●パチンコ

1.台を選択
2.千円札投入
3.ハンドルを握る
4.大当たり発生
5.賞球を獲得
6.終了もしくは確変など

●スロット

1.台を選択
2.千円札投入
3.コイン投入
4.レバーを叩く
5.子役など目押し
6.ボーナス発生
7.ボーナス絵柄を揃える
8.ボーナス消化(リプレイハズしなど)
9.コイン獲得
10.ARTなど特殊役抽選
11.終了もしくは特殊役


ざっと見ても、およそ倍近くの手順がある。 しかも各々の手順に、目押しやリプレイハズしなど技術的なものが必要といえるだろう。

パチンコはハンドルを握るだけで、あとは何もしないでよいのだが、スロットの場合コイン投入からボーナス消化まで多くの手順がある。

3.コイン投入
4.レバーを叩く
5.子役など目押し
7.ボーナス絵柄を揃える
8.ボーナス消化(リプレイハズしなど)


これらはパチンコにはない手順であり、まったく技術力がない者は知らずにやれば損をする場合が多い。 実はこのことがとても重要で、パチ・スロ愛好者は研究熱心にならざるを得ない。 だからこそ、パチスロは依存度が高いといえるだろう。

つまらない話で恐縮だがボクは以前、パチスロ猪木で「道」演出後フリーズし、その後一発でレギュラーでなくビッグを揃えた人を2度目撃したことがある。

こういった「無知」のせいで4〜5千枚獲得できるチャンスを、ビッグ1回で終わらせてしまうのがパチスロというものである。


■自惚れ屋とプロの違いとは

プレーするときの複雑な手順や技術は、とかく「自分は上手だ」という過信というか自惚れ・錯覚につながりやすい。

現にホールでも目押しが上手いやつは大きな顔をしていたし、研究熱心なやつはよく能書きをタレていた。 だが、そういった連中は負けなかったかといえば逆である。

自惚れが強い奴ほどハマりもひどく、ヤラれ方もハンパじゃなかった。 

「上手い人」と「プロ」は違うのである。 決定的な違いは「上手い人」が金を失うことがあっても、プロたちは絶対に金を失いはしない。

プロは上手いだけではない。 どんな手段をとってでも、金を持ち帰るのがプロだということを、あなたも覚えておいてほしい。

あなたがもしもスロプロなどに些かのあこがれでもあるのなら、かなり難しい国家資格にでも挑戦した方が良い。 その方が自分のためになる。 そしておそらくだが、スロプロになるよりは数段簡単なことである。

今日もご訪問ありがとうございました。

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)

あなたの禁パチ・禁スロ達成日数を 毎朝携帯へ配信!禁パチ・禁スロカウントメールのご登録は、次よりよろしくお願いいたします。↓

禁パチ・禁スロ達成日数カウントメール

あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、午前9時と夜7時どちらかをお選びになってくださいね↓。

午前9時配信

夜7時配信


★1日3分、10回で終了! 基礎メール講座

⇒無料のギャンブル依存症克服 基礎メール講座 登録受付中です!


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否設定を解除してご購読ください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。

むかしに 帰りなさい

パチンコよ

今日は お前が若かった頃のことを話そう

あの頃お前は 俺の友達だった

2217329740_a2977ed113ちっちゃな受け皿 手打ちのハンドル

銀の棒に指を乗っけると ヒンヤリ冷たかったっけ

あの頃のお前ときたら 本当に飾り気が無かった

盤面に有ったのは 赤いチューリップ そして赤ランプが一つ

そのチューリップが開くたび 閉じるたび心躍らせた 目を輝かせた 


そんなお前が変わってしまったのは いつの頃だったか

ハンドルが電動になり やたらとチューリップも多くなった

そのうちに毒々しいランプまで点滅するようになり いつしか球を打つ楽しみがデジタルを揃える楽しみになった

以前よりも 多くの金を飲みこむようになった

負けることが シャレでなくなった

お前は 不幸な人々を作り出す遊戯に成り果てた

今 依存者の群れがお前たちの前に集う

今お前がしていることは 誰彼かまわず金を吸い上げ 不幸な人たちを作り続けること

なぜお前は ここまで堕落したんだ?

なぜお前は 我々を堕落させるようになった?


むかしに帰りなさい 我々の友だった頃に…

むかしに帰りなさい これから不幸な人々を作らないために

むかしに帰りなさい 消え去りたくないならば

それが今お前にできる 唯一つのことである



今日もご訪問ありがとうございました。

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、午前9時と夜7時どちらかをお選びになってくださいね↓。

午前9時配信

夜7時配信


★1日3分、10回で終了! 基礎メール講座

⇒無料のギャンブル依存症克服 基礎メール講座 登録受付中です!


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否を解除されてください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。

パチンコ・スロット、その還元率の罠(パチンコ・スロット依存を考える その5)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


今日は、借金についてのお話をしようと考えていました。 しかしながら、どうも何か伝え足りないような気がしたのです。


コメントを頂戴して、ハッと気が付きました! そうそう、パチとスロの還元率についてです・・・。


これはね、誤解されていらっしゃる方が多いので、以前からも書いてきましたが今回も書かなけりゃと思ったんです。


KMNGAO今現在、パチとスロの還元率は80パーセントといわれています。 そして競馬など公営ギャンブルが75パーセント・・・。


しかしながら、同じように一日遊ぶとしても、お金の使い方が全く違うということです。


今日は今までの総復習です、パチとスロ還元率の罠と題してお話させていただきます。


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからのご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【なぜ、パチとスロはこうも投資がかさむのか・・・?】



一昨日の記事で、パチとスロに投資する金額についてお話させていただきました。 だいたい現行機種のフィーバー機やスロットで、1万5千円前後ということでしたね・・・。


UMI1しかしながら、この投資金額に大当たりによって得る出玉換金分を差し引いたのが実損額ということです。


例えば・・・、


1万円投資(玉2500発)−(出玉2000発)=500発 とします。

交換率が40発100円の場合は、500発÷40=1250円の負けではありません。

ここは単純に・・・、

1万円(投資費用)ー5000円(2000発交換分)=5000円の負けとなります。


つまり・・・、たった500発しか玉数ではマイナスになっていないのに、ここで既に5000円負けになってしまうのです。 これが交換率によるホール側の利ざやになっています・・・。



ですが、交換率によってこういった負け方は大きく変わりますね。 かなり複雑だといえます、ホールごとに交換率は違いますから・・・。 


こういったことを全て加味して考えてあるのが、還元率なのです・・・。 そしてパチとスロの還元率は現在80パーセント以上といわれています・・・。


【なぜ、ギャンブルは負けるものなのか!?】


ギャンブルには、負けるパターンといえるものがあります。 例えばあなたはこうお考えになりませんか・・・?


“元手が無くなった時点で、ゲームセット! これで、今までの投資が全て吹っ飛ぶ! 金がなくなるまでやる・・・。 これが必敗パターンだ。”


なるほど確かにそうです、特に公営ギャンブルで、最終レースまでやってスッテンテンになる方が中には居ます。


しかしながら絶対に勝てないギャンブル・・・、それは最初から分配すべき金額が控除されて(差し引かれて)支払われるギャンブルなのです・・・。


現在の日本において認められているギャンブルは全て、還元率というものが定められており、それにしたがって遊技者の投資金額が分配されます。


いわゆるショバ代ってやつですか・・・。これが公営ギャンブルの場合は25パーセント、パチとスロは20パーセント差し引かれます。


toukeiつまりギャンブルというものがそもそも勝てないのは、こういった還元率に基づいて掛け金が分配されているからなのです。 そして・・・、


コレだけ見れば、パチとスロは公営ギャンブルに比べ、優しいヤツだということになります・・・。


ましてや、宝くじの還元率なんかは45パーセントです。 TOTOなんかで35〜50パーセントの間で変動でしょう。


【還元率を信用してはならない】


ところが、あなたの好きなパチとスロは、そんなに甘い遊びですか? どうでしょう? 持って出た3万円の虎の子は2割減っただけで、帰りの財布の中に残っているでしょうか・・・?


もしも、3万円もって出て朝から夕方まで遊び、帰りの財布の中に2万4千円残っていれば、あなた! まずまずだったと思いませんか?


ところが現実はそう甘く無いと思います。 空財布を嘆いて帰ってくる、それにはワケがあります・・・。


それはパチとスロの投資が、プレーし続けている限り続いているからなのです。 つまり1時間プレーすれば、時間あたりの投資額1万5千円の2割・・・。


つまり時間あたり、3千円負けていることになります。 私は以前の記事で時給マイナス4千円と書きました。 機種にもよりますが、パチとスロは時給マイナス3〜4千円のギャンブルだということです。


ですから、かりにあなたが朝一番から行って夕方5時までするとします。 プレーしている時間は、約6時間くらいでしょう・・・。


その間にヤラれる金額は・・・、3000×6〜4000×6、つまり1万8千円〜2万4千円ヤラれるのです。


これが2000回のハマリなどで持ち金が無くなった場合、その時点で即ゲームセットとなります。


〜今日のまとめです。〜


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

現行の日本におけるギャンブルが勝てないのは、そもそも分配する際に還元率によってテラ銭が差し引かれているからです。

パチンコとスロットの還元率80パーセントは、全く当てになりません。 それはプレーし続ける間、ずっと投資し続けるからなのです。

あなたは、パチンコとスロットを【時給マイナス3000円から4000円】とお考えください。

プレーし続ける限りどんどん負け続ける、それがパチンコとスロットなのです・・・。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

パチンコ・スロットでこれだけヤラれる!(パチンコ・スロット依存を考える その4)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


今までに何度も書かせていただきましたが、ギャンブル依存が生み出す最も大きな問題とは金銭問題です。


その理由とは、ギャンブルという遊技の最終目的が“金銭を得ること”だからです。


このことは、きっとあなたもお分かりになっていることでしょう。 しかしながら・・・、


一番身近なパチンコとスロットが、なぜにこうも金喰い虫の遊戯なのかについては、あまりご存知ない方が多いのです。


今日は、パチンコとスロット依存による金銭問題についてです。


〜ここで、禁パチ川柳を一句・・・。〜


一句寒空に

並び 帰りは

カラ財布



なぜそうなるのかについても、復習の意味を込めて書かせていただきます。 それと・・・、


希望者がいらっしゃいましたので、小説『少年と二人の神』のダウンロードリンクをサイドバーに復活しました。 よろしければ、ダウンロードしてくださいね!


〜いつもながら、あなたへお願いです!〜


頑張って書かせていただきましたので、よろしければブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為に、あなたの応援は本当に助かります。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなたには、いつも感謝しています。 人気ブログランキングはおかげさまで、かなり順位が上がりました。〜 本日もお手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

どうもありがとうございました・・・。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【負けないと錯覚するのは、なぜか・・・?】



私がまだパチ屋へ通っていた頃、知り合いに何人かのパチプロが居ました。 パチプロとは、純粋に他に仕事をせずにパチンコだけで喰っている人々です。


私は以前から気が付いていましたが、彼らプロは独特の経済感覚を身につけていました。 それは次のようなものです・・・。


1.割り数(営業割りではないです。)


:出た球数÷入れた球数×10で表せる。

例 4000個出て、一万円の投資は・・・、
4000÷2500(1万円分の球数)×10=16割(160%)

2.交換率

:持ち玉を交換する際の交換比率である。 通常パチンコの場合、玉を買うときは25個で100円だが交換するときは悪い交換率となっている。(40個で100円とか)

購入の時と交換するときが同じ場合、等価交換という。 最近のスロットは等価交換が多い。


3.持ち玉比率

:自分の持ち球で、どれぐらいの頻度プレーできるかということである。

ずっと持ち玉でプレーできるスタイルを、無制限という。 最近では無制限のホールが殆んどである。


4.時間あたり投資金額

:ズバリ、1時間にいくらのゼニが必要かということである。

このことは極めて重要で、プロが一番気を使うことでも有る。



割り数とは、かなりいい加減なものです。 なぜなら、いくら割が10割を越しているといっても、交換率が悪ければマイナスになるからです。


例えば、先の例でも交換率が40個で100円なら、出玉の交換金額が10,000円ですから、チャラになってしまいます。



そこで、こういった低い交換率の時は持ち玉遊技に期待ですが、ようは現金投資が避けれて有利な投資ですむというのが持ち玉遊技の特徴なのです。


おそらくこういった話は、実際にパチかスロをされていらっしゃ方ならすぐに分かるでしょうが、されない方にとってはチンプンカンプンだと思います。


ですが、ここまでは全く重要なことではありません。 問題は次なのです・・・。


【そもそも、1時間にいくら要るんだよ・・・?】


問題はここなのです。 いくらパチンコが酷い遊びだ、諸悪の根源だといっても、例えば1時間に使う遊技代が千円だったとしたら・・・、


パチンコの存在はここまで大きな社会問題にはならないでしょう・・・。 プロはちゃんとこのあたりのことを良く知っていて、極力時間あたりの投資金額の少ない機種・台を選んでいるのです。


こういった時間あたりの投資金額は、法律で定められている球の発射間隔と賞球数で決まりますが、計算する際に大当たりや、その他の当たりを含めないとします。


簡単に説明すれば、賞球が全く無いパチンコ台で時間あたり最低2万円は必要です。 フィーバー機の場合、いくらかの賞球がありますので現行機種で1万5千円前後でしょう。


スロットの場合は、1時間でプレーできるのがせいぜい600プレーくらいですから、1000円で30回プレーできる機械で約2万円くらいです。(コイン持ちが激悪の機械で17回、時間3万5千円くらい)


ここは少し複雑なので、あなたは“パチもスロも例外はあれど、時間あたりに1万5千円前後は使う遊びだ!”、そうお考えください・・・。


この際大当たり中や確変消化中など、複雑なことは抜きで、そうお考えいただいても良いと思います・・・。


【てめえ、ウソついてるだろ!(怒】


そう思われた方も多いでしょう! しかしながら、コレは事実です。 このままでいくと、8時間パチ屋に居ると12万円使う計算になります・・・。


疑われた方も多いと思いますが、これはあなたが1時間に使う本来の投資金額です。 どうです、だってあなた・・・!


1時間オケラだった場合、これくらい使っているでしょ! ここに救済で乗っかるのが、あなたが出した大当たりによる出球です!


DAMAGEフィーバー機で千円あたり20回転回る機械なら、1時間で300回転します。 ホールでたまに見かける2000回ハマリの機械は実に7時間くらい、金額にして10万円は吸い込んでいる機械です。


もっとも、千円で20回も回る機械は少ないと思います。 実際はもっとヤラれることでしょう・・・。15万とか・・・。


“どうぞ覚えておいてください・・・。”


勿論、大当たりの消化時間・確変中なども有りますが、少なくとも8時間パチ屋に居るということは、平均して10万以上はGETしないとチャラにさえならないのです。


あなたが疑問に思われる大当たり消化時間や確変中などの時間は、平均して1時間あたりせいぜい10分前後です。


残りの50分は、投資し続ける50分です。 このビファインド(不利)を跳ね除けるだけの機械は、ほんの少しばかりのお宝台だけなのです。


そのお宝台の在り処(ありか)をいつも知っている、そして探し出せるのがプロなのです・・・。



〜今日も最後までありがとうございました。〜


PS


明日は、パチとスロの実損額についてお話しするつもりです。 どうぞよろしくお願いいたします。


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

なぜ、パチとスロはハマりやすいのか?(パチンコ・スロット依存を考える その3)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


一昨日の記事で、「ミリオンGOD」という究極の依存者作成マシンについてお話させていただきました。


少し補足いたしますと・・・、


現行のギャンブルの中で、パチとスロは格段にレートが高いということです。 簡単に言えば、賭博性が強いのです。


KLIUY勿論、公営ギャンブルなどに天井は存在しません。 いくらでも好きな金額を賭けることが出来るのです。 たとえ、100万円であろうと一度に賭けることが可能なのです。


コレに比べ、パチとスロは天井が存在します。 なぜならパチンコでもスロットでも、時間あたりに打ち込める金額の制限が法律によって決まっているのです。


スロットの場合、1時間あたりの回転数で600〜700回くらいまでです。 しかしながら、これだけの回転数を回す為に必要なお金は、先の「ミリオンGOD」の場合で3万円から4万円必要だといえます。


この金額は、老若男女誰が打っても必要な金額なのです。


さて、ここまでお話して・・・、


“公営ギャンブルとパチとスロ、どちらの賭博性が高いでしょう?”


もうあなたにはお分かりのはずですよね・・・。


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからのご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【パチとスロにハマる心理とは】



一昨日の記事で・・・、


ドツくことができる:ストレス発散

予告が存在する:期待感を盛り上げる

信頼度が徐々に高くなる:脳汁があふれ出す

プレミアムリーチが存在する:希少性を訴える

プレミアムキャラが出現する:幸運と思わせる

大当たり再抽選する:期待していなかった喜びに満ち溢れる

確変再抽選する:奈落の底から、救い出してくれる

次回の確変が確定する:充実感と満足感

その状態を演出する:優越感



今現在のパチとスロの客寄せに使われる手法として、これらのことを例に挙げて書かせていただきました。


しかしながら、1回1回のリーチの期待度など変ることもなく同じです。 大当たりに至るまでの段階で、どんな出来事が起ころうとあくまで期待できる玉数など同じです。


しかし打ち手としては、とてもその1回に大きな期待をよせてしまうのです。 もう少し詳しく説明すれば、リーチ一つにしても次のような巧妙な罠が仕掛けられているといえるのです。


つまり・・・、


STEP1 リーチ発生、期待度小(確変絵柄以外)


STEP2 2段階リーチ発展、期待度ややアップ


STEP3 スーパーリーチ発展、期待度大


STEP4 特定演出発生、激アツ


STEP5 ハズレ、落胆・失望


STEP6 大当たり復活演出、脳汁が放出されまくり


STEP7 大当たり、満足感・充足感・確変昇格期待感


STEP8 再抽選、期待感MAX


STEP9 確変昇格、脳汁MAX、満足感・充足感MAX



LKJDE1回の大当たりまでに、これだけ多くの演出とアクションが存在し大当たりを盛り上げるのです。 この一連の動作に魅せられ、パチンコのジャンキー(中毒者)になる方はとても多いと思います。


しかし・・・、


通常大当たりは完全確率制といって、回転数何回で大当たりするといった確率が決まっています。(大当たり確率380分の1とかいった具合にです。)


勿論、早く大当たりする場合も有れば、なかなか大当たりを引いてこない場合もあります。 ですが長い目で見れば確率は平均して380分の1に近づいていきます。


このことを、『大数の法則』といいます。


いずれにせよ、1回あたりの大当たりの期待値は380分の1とかいう具合に決まっているのです。


つまりこの場合、380回デジタルを回さないと大当たりしない機械であるということです。 しかしながら客は平凡に380回も大当たりを待つという行為を甚だ(はなはだ)退屈で苦痛に感じます。


だから、ここでこういったパチンコ機製造メーカーは様々な工夫を凝らします。


1.頻繁にリーチが来るようにプログラムする

:退屈させない、効率を下げる


2.様々な演出を設ける

:期待感を高める


3.再抽選させる

:幸運の喜びを与える


4.デジタル回転時間を調整する

:良く回っているように見せる


5.確変での獲得玉数を多くする

:射幸心を高める



こういった罠は実に巧妙なもので、ついついプレイヤーは自分の遊戯している機械が確率380分の1であることを忘れ去ってしまいます・・・。


そして・・・、


1.出費は多く

2.演出も多く

3.期待も多く

4.満足も大きく

5.効果は派手に

6.実りは小さく


こういったことをモットーに、新台の開発に余念がありません。 これらのことばかり考えているプロが、開発した機械です・・・。


ハマりやすいのは無理も無いですね! でも、ここであなたへ一つご注意・・・!


1.出費は多く

6.実りは小さく


これらのことをシッカリと覚えておいてくださいね! 割りに合わない遊技、それがパチとスロなのです・・・。


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

パチンコ・スロットと他のギャンブルとの違いとは?(パチンコ・スロット依存を考えるその2)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


私は以前、MJさんに・・・、


「タカビーさんは、ジャンケンさえもギャンブルだというオッサンだ!」と突っ込まれたことがあります。


まあ、オッサンなのは正解なのですが、(笑 ジャンケンがバクチなのかどうかについては、ちゃんとした学説が今までにも有り、これはこれでけっこうアツい論争となっています。


OH!今日は『賭博の起源』のことも含め、パチンコとスロットと他のギャンブルとの違いについてお話したいと思います。


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからのご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【進化し続けるギャンブル、それがパチとスロ!】



【そもそも賭博とは・・・?】


賭博(ギャンブル)というものは太古の昔、少なくも人間が文明を築き、その中で生きるようになった頃から、その存在が明らかになっています。


一説によれば、賭博はそもそも占いであったといわれています。 そして占いが王侯貴族や特定の階級の特権であったといわれた頃、国の領地の広さなどを決めるのにも各地の領主が賭博によって公平に分配したと言われています・・・。


そういった神聖な行事を司る者は、一定の身分を勇し賭博そのものが現在のギャンブルという意味ではなく、『偶然性』と『公平さ』を象徴するものでした。


例えば、『すごろく』などに使われるサイコロは、そもそもその発祥の地はインドといわれています。 そして当初は賭博としてではなく、占いをする為の道具として使われていたといわれています・・・。

サイコロについてのページ by Wikipedia


そして、その後賭博(ギャンブル)という行為は、いろいろな文化とかかわった反面、時の支配者によって弾圧されるという歴史を歩むことになりました。


日本古来の賭博というものは、『富くじ』や『丁半バクチ』などが主流でした。 幕府からの賭博禁止にもかかわらず、江戸時代中期には、賭博は一世を風靡し・・・、


“ばくち知らぬ者は野暮という”などといわれるようになりました。 賭博は粋人の一条件だったんですね・・・。


しかしながらその後現在に至るまで、日本における賭博は国の認めるもの以外は全て禁止されています。


今では『公営ギャンブル』と『くじ』、そして実際にはギャンブルでありながらも存続し続けているパチンコ店以外は一切禁止となっています・・・。


【パチンコと他のギャンブルとの決定的違いとは】


ちなみにパチンコ発祥の地は大阪で1925年でした、その後名古屋で1930年に日本初のパチンコ店が誕生しています。


日本国内で認められているギャンブルの中において、パチンコの一番の魅力は、自分も参加できるということです。 これこそが他のギャンブルと違う所であるといえます。


つまり、公営ギャンブルにせよ宝くじにせよ、当たりかどうかを決めるのは、他人任せです。 


〜あなた、どうですか?〜


あなたが馬の代わりに走ることは出来ないでしょ! かといって、自分が入れ込んでいる馬に、人参を差し入れすることだって出来ないはずです・・・。(笑


宝くじの当たりを決める抽選を、あなたがすることは出来ないはずです。 ところが・・・、


〜パチとスロはそれが出来るのです。〜


だって、そもそも大当たりを引くという行為が遊技の基本となっているからです。 ツキの強い人ほど、多くの大当たりを引けるともいえますね。


そして、パチスロならば自分で目押しして7を揃える、パチンコなら玉の節約の為に止め打ちするといった按配(あんばい)です。


自らが参加できるギャンブルは数多いですが、今現在日本の中で認められているのはパチとスロ、そしてTOTOなどの一部のくじしか存在しません・・・。


(今回は、TOTOなどのくじについては、触れません。 そもそも、大当たり確率が低すぎますので・・・。)


〜そしてパチとスロのもうひとつの特徴とは!〜


進化しつづけるギャンブル、それがパチンコとスロットなのです・・・。


【究極の依存者作成賭博、それがパチとスロ!】


最近のパチンコは・・・、


ドツくことができる:ストレス発散

予告が存在する:期待感を盛り上げる

信頼度が徐々に高くなる:脳汁があふれ出す

プレミアムリーチが存在する:希少性を訴える

プレミアムキャラが出現する:幸運と思わせる

大当たり再抽選する:期待していなかった喜びに満ち溢れる

確変再抽選する:奈落の底から、救い出してくれる

次回の確変が確定する:充実感と満足感

その状態を演出する:優越感



これらの特徴があり、愛好者の増加に一役買っています。 まあこれは良い言い方で、依存させやすく作られているともいえますね・・・。


昔の機械昔のパチンコというのは、もっとメカニカル(機械的)なものでした。 簡単に言えば、今の機械のように画面が付いていたり音声が出たり、イルミも無かったですし、台枠が光ったりもしませんでした。 そもそも演出など存在しなかったのです・・・。


〜玉が入賞すれば、チューリップが開く、賞球が出る〜

ただそれだけだったといえます・・・。 それだけでも私はけっこう楽しかったですが、あれからかなり大きく進化してきました。


例えば・・・、


一昔前まで、パチンコ台をドツくなど許されない行為でした。 私が学生の頃など、こういった行為をする客は機械室の中に連れこまれ、逆にドツかれたもんです!(笑 


しかしながら今は、逆に客のこういった行為を認めることによって、メーカーは上手に客寄せしています。


「ひたすら願って、叩くべし!」などといったアナウンスがリーチ中に画面に流れるなど、その研究というか開発者魂は恐るべきものがあります。


こういった行為を公に認めるだけで、客はストレス発散ができ、リピーターになりやすいといえますね!


〜あなた、いかがです?〜^^;


叩けと言うアナウンスにしたがって叩いた結果大当たりすれば、自分の努力の成果だと思い込んでしまいませんか?(笑 私なら、思い込んでしまいそうですね・・・。


努力の結果報われる・・・。 これはかなりモチベーションが上がりますね! こういったモチベーションとは、マイナスのモチベーションです。


▼よし、もっと頑張って遊戯しよう!

▼もう1回大当たりを引いてみよう!

▼この調子だと、勝てるかもしれない!

▼取り戻せるかも!!

▼よっしゃ! 明日もこの台で粘るぞ!



こういった“マイナスのヤル気”の結果が果たしてどういったものか・・・? そしてその結果どんなことになるのか?


胸に手を当てて考えれば、きっとあなたにはお分かりのことでしょう・・・。


こういった、“台をドツく行為”以外にも・・・、


×予兆・予告の存在

×高確率状態演出

×リーチ信頼度が段階的に増す

×プレミアムリーチ・キャラの出現

×大当たり再抽選

×確変再抽選



これらの演出が存在し、客の満足度を向上させています。 だからこそ昨今のパチンコ・スロットはハマりやすいのです。 そして、今日の記事で一番書きたかったこととは・・・、


ゲームやアニメに日頃から慣れ親しんでいる人ほど、ハマりやすいということです。 言い方を変えれば、こういった人物をターゲットにして、メーカーは新しい機械を開発しているといえるのです。


『冬ソナ』という機械が一時的にヒットになりましたが、エヴァには到底及びません。 芸能人やタレントをキャラにした機械は数多いですが、あまりヒットしません。


『北斗』や『エヴァ』などの大ヒット台は、ヒットする要素があります。それは遊戯性とマニアックな演出の絶妙のマッチングです。 そしてその大前提といえるのは、アニメのキャラであること・・・。


逆に遊戯性だけでヒットしているのが、パチンコなら『海物語』スロットならば『ジャグラー』というわけです・・・。 これらの機械は、マニアックになりにくいお年寄り向きの遊戯しやすい機械であるといえるのです・・・。


さて、今日は少しマニアックな話を多くしましたね!(笑 明日は、パチンコ・スロットにハマりやすい心理をもっと具体的に解説したいと思います。


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

なぜパチンコとスロットは人気が高いのか?(パチンコ・スロット依存を考えるその1)

なぜパチンコとスロットは人気が高いのか?(パチンコ・スロット依存を考えるその1)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


私はここで、ギャンブル依存症の克服についてお話し、皆様の力をお借りして掲示板をさせていただいております。


“ギャンブル依存症・・・。”


この言葉について考える時、我々日本人にとって一番問題となっているのが・・・!


“そうです! パチンコとスロットへの依存です!”


PC135私の元へご相談に来られる方の殆んどが、パチンコとスロットへの依存に関してお悩みになっておられる方です。


掲示板参加者の方は、今のところ殆んどがパチとスロへの依存者です。 実は日本におけるギャンブル依存症の特徴は、このパチンコとスロットへの依存であると言っても過言ではありません。


ということで、今日から我々日本人にとって最も身近とも言えるギャンブルであるパチンコとスロットへの依存について書かせていただこうと思います・・・。


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからのご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【なんで、パチンコ・スロットなんだ・・・?】


例えばあなたが、もし何かギャンブルをしようとお考えの場合、まず真っ先に何をお考えになるでしょう?


“えっ! 一人じゃ行けない・・・!” それはそうでしょう! 入りづらいですよね・・・。


“手軽でないと、ちょっと・・・。” うん、それも最もな理由です。


“ガバチョンとやられるのはイヤ!” 確かに!


“使える時間が限られているので・・・。” そうですね、時間が無いときもあるよね!


“何が一番って、面白くなけりゃ論外!” はい! これが今日のテーマになってます・・・。


【ギャンブルの魅力とは?】


そもそもバクチはなぜ面白いのか?”というお話です。


ギャンブルが他の遊技と違うのは、遊戯の最終目的が金銭であるということです。 


金銭獲得が最終目的であるが為に、ギャンブルは・・・、


▼生活を脅かせ易いです

▼すぐにアツくなってしまいます

▼欲が深くなります

▼偽ったことを言い易くなります

▼人格を下げます


そして、もっとも問題でありかつ重要なこと・・・。


▼勝った時の興奮と喜びが大きい

▼負けて金を失ったときの落胆が激しい



といえると思います・・・。 つまり、ギャンブルは他の遊技に比べて、人間が生きる為にかけがえの無い金銭が対象であるが為に、より多くの興奮と喜びを得ることが可能です。


しかしながら、失うのが金銭ですから・・・、


“得るものと失うものとの落差が激しい遊技である!” といえるのです。 だからこそ、ギャンブルは勝っても負けても面白くやめられないともいえるでしょう・・・。


【パチンコ・スロットの遊戯性】


例えば、今ここにいらっしゃるあなたは、パチンコとスロットに対してどんなイメージをお持ちでしょうか?


1.手軽である:日本国中、津々浦々にありますね!

2.身軽である:気取っていかなくても良いです。

3.拘束性が無い:好きなときにやめられます。

4.気楽である:好きなときに一人で行けますね!

5.元手が少ない:賭けの最小単位は100円からです。

6.親しみが湧く:ほら、好きなキャラとかあるじゃないですか!

7.面白そう!:テレビのCM見ても、なんだか面白そう!



あなたがもしも未経験者の方なら、これらのような印象を持たれるかもしれません。


では実際にどうなのかということですが、残念ながらこれらの殆んどは正解です。


〜特に、パチンコとスロットは基本的に面白い遊技です。〜


このことが、パチンコとスロットへの依存を多くする大きな原因のひとつになっています。


〜ではその魅力の要素とは、いったい何なのでしょうか?〜


1.キャラクター(嗜好)

2.アクション(種類)

3.演出

4.出玉

5.期待

6.変化

7.満足

8.射幸心



今思いついたことだけ、順に並べるとこうなります。 これだけのものを殆んど満足させる要素を持つギャンブル、それがパチンコとスロットなのです・・・。


ではこれらの要素が、我々の心のどういった部分に作用して満足を与えるのか?


そのあたりについて、明日より順にお話させていただきます。


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

ギャンブル依存症克服法 エピソード8 私の経験から

タカビーです。


 〜今日は私自身の攻略経験からお話いたします。〜


経験ったって、今は昔の世界です。今現在において、攻略を求めるのはハッキリ言ってナンセンスですからね。 


あなたに何でこんな経験をお話しするかといえば・・・・・・、


 〜あなたに、私の真似をして頂きたくないからです。〜
 特に、パチ屋で喰っていけると頑なに信じているあなた!


 〜割りに合わない商売ですよ、実際。〜


ということで、78連勝したオハナシです。
 
続きを読む
●断パチ・断スロ達成日数をメールでお知らせ
基礎講座
●克服の基礎メール講座
基礎講座
●断パチ・断スロ お助けメール(朝)
お助け
●断パチ・断スロ お助けメール(夜)
お助け
●リンクはご自由にどうぞ!
リンクフリー
Archives
●ギャンブル依存症克服リンク集
リンク集
●メンタルヘルスのお友だち
TRE
●アーティストのお友だち
HRART3
●企業家、専門職、団体のお友だち
SENMONKA
●タカビーの大切な女性のお友だち
WOMEN
●タカビーの大切な男性のお友だち
MAN
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
・SAGSトップページ
SAGSコミュニティー
伝言板
SAGS掲示板
掲示板1
断パチ・スロ3原則
断パチ3原則1
●依存症ギャンブラーが陥る2つの錯覚
依存症ギャンブラーの錯覚
●ブログのQRコード
QRコード
●掲示板のQRコードです
QR掲示板
@タカビーにメールする
Recent Comments
  • ライブドアブログ