ギャンブル依存症克服への道 〜パチンコ依存症・スロット依存症・断ギャンブル道場です!〜

ギャンブル依存症を治療し、快復・克服することは大変困難です。どうぞ遠慮なくご相談ください。ここでは、生活環境と生活習慣を改善してギャンブル依存症を克服する方法を、お金の専門家FPがご提供いたします。やめさせたいあなたも、ぜひどうぞ! 

カジノ解禁

大阪の門出 首相官邸への意見書

おはようございます、タカビーです。

大阪都構想への反対に協力してくださった皆様…。今この場にて、厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

これまで私は、時間が許す限り、都構想反対の運動を行ってまいりました。(家人も知りませんが 何度か街頭にも立ちました)

大阪市役所への苦情電話や質問電話、各機関への意見投稿などもおこないました。

今朝も、首相官邸に次の文面で意見を送信いたしました。


はじめまして、私はギャンブル依存症の克服を支援する団体(SAGS)代表のタカビーと申します。

今回、首相官邸に対し、ご意見申し上げます。

去る4月28日、IR議連による「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」 (通称IR推進法案)が提出されました。しかしながら、昨日大阪都構想がとん挫し、今後のIR政策も方針を転換すべき事態となったように思われます。

大阪都構想の否定は、一つの要素として、大阪維新の会が掲げるIRへの不安・拒否のサインでもあると私は考えます。

そのような状況をうけ、我々ギャンブル依存症支援団体(SAGS)では、今回首相官邸に対し3つのことを提案させていただきます。

1)国民のマイナンバー制度施行に伴い、「依存症ギャンブラーからの自己申告及び その家族からの申し出」で依存者本人が、賭博場(パチンコ店を含む)に入場できないシステムの構築を提案させていただきます。

方法としてはタバコにおけるTASPOのように、ギャンブルの投資額を制限するカードを作成し、ギャンブラーに使用を義務付けることが望ましいと思われます。

現にシンガポールでは行われ、一定の成果が出ています。また我が国における依存症ギャンブラーの大半は「パチンコ・スロット依存」です。パチンコ店入場の際にID認証を義務付ければ、依存症ギャンブラーは激減します。

依存症ギャンブラーがギャンブル依存症から快復・克服するためには、依存の対象を断ち切って生きるしか方法がありません。また、ギャンブル依存症を予防するには、賭け額に上限を設けるしか方法はないと思われます。

これら2つのことを同時に実現できる方法は、ただ1つです。それは「国民総背番号制に伴う ギャンブラーID登録制度」だということを、今回提案させていただきます。

2)依存症ギャンブラーの社会復帰を促進させ、経済の活性化を実現すべきです。

現在、ギャンブルへの依存者は500万人とも600万人ともいわれています。そういった人々の就業力低下は、景気回復と消費拡大を停滞させる大きな原因の一つであると感じます。

依存症ギャンブラーを自立・更生させ、新たな社会の労働力とすることも今後の成長戦略の視野に取り入れられてはいかがでしょうか? ウーマノミクス同様の効果があると思います。

3)カジノ誘致に対し、もっと長期的な視野で検討し、それが本当に国益にかなうものかどうか判断されることをお願いいたします。

安倍総理はセガサミー会長の里見氏と懇意であり、カジノ業界とつながりがあるのではないかという話をよく聞きます。そういった疑念もあり、国民の間には「まだこれ以上のギャンブルが国内に出来るのか」という不安が存在します。

しかもカジノというものは現在、世界的に斜陽化している産業です。マカオの売り上げは前年を下回りましたし、シンガポールもカジノ部門の売り上げが落ちています。ラスベガスは現在も構造不況の真っただ中です。

カジノを解禁して、それに伴うインフラを整備し、数年後に開業するとしても、その時点で世界的にカジノが廃れている可能性さえあります。しかもカジノを含む賭博産業は競争相手が多く、浮き沈みが激しい産業だといえます。

カジノを日本国内に誘致した際のリスクについては、現在殆ど公表されていないようですし、そのあたりも含めカジノ解禁について再考されるべきではないでしょうか?

以上、ご意見申し上げました。

ギャンブル依存症克服支援サイトSAGS 代表 タカビー

https://fp-osaka.com/profilepage/top/index



本当の意味で、今が大阪の門出です。あなたのご意見も、首相官邸に届けることができます。

今こそが、不合理なギャンブル行政に対し、我々国民が声を上げるときなのです。

↓次がフォーム送信ページです。


首相官邸への意見

カジノ解禁する前に 「賭博者登録システム」導入を!(賭博者登録システムとは)

こんばんは、タカビーです。今夜から、またシリーズで書かせていただきます。

さて、いろいろな場所でカジノ解禁が話題になっている今日この頃です。

なぜ今、カジノ解禁なのか? カジノ解禁することで、何か良いことがあるのでしょうか? 

カジノ解禁に積極的な人々の意見を聞いてみると、兎にも角にも外貨獲得・景気回復の起爆剤といったような答えが聞かれます。それは突き詰めてみると「観光需要の増加による外貨獲得が見込め 景気回復の一助となる」ということでしょう。

さて、本当にカジノ解禁賭博合法化は外貨獲得を実現し、日本経済回復の起爆剤となりえるのでしょうか?


なかなか厳しい 世界のカジノ事情

ところが今現在、世界のカジノには北風が吹いています。マカオとシンガポール以外で、元気のあるカジノはないに等しいです。

マカオの興行収入にも、翳りが見え始めています。中国当局がマカオにおけるマネーロンダリングの監視を強化し始めたからです。詳しい方なら、よくご存知でしょう。つまりマカオが今日まで発展したのは、中国の富裕層によるマネーロンダリングの影響が大きいということです。

ラスベガスはリーマンショック以来、凋落を続けていて、多くの従業員が職を失いネバダ州を出ていったといわれています。そういったことを考えても、また日本産カジノのエンターテイメント性を想像しても、今国内にカジノを導入して外貨を獲得できる可能性は低いように思えます。



■カジノが解禁されたらパチ・スロは?

それとカジノ解禁賛成派の中には「カジノが解禁されたら パチンコ産業が衰退する」など思い込んでいる人が多いです。

私はそれが大きな間違いだと思っています。なぜなら、カジノ解禁に際して入札し指名されるのは、殆どがパチンコ産業にかかわる業者だといわれているからです。最近ではカジノ解禁を見越して、パチンコメーカーなどギャンブル産業の株価が高騰しています。

それともう一ついうならば、カジノ推進派の人たちで「カジノが解禁されたら パチ・スロは今後こうなる」などといった具体的な話をしている人物など、一人もいないのです。

逆に「カジノの中にパチ・スロを設置する」とまで言っている人がいるほどです。ハンガリーは、一部のカジノを除き国内からスロットマシーンを撤去することを決定しました。こういった国際的な流れを完璧に無視するのが、今回のカジノ解禁なのではないでしょうか?


■合法化に際し 今議論すべきこと

そうはいうものの、今回の国会でカジノ合法化法案はおそらく通過することでしょう。ここはこの合法化の内容について、議論し検討する方が現実的なやり方だと思います。

私は新たな賭博の導入に反対する立場ですが、批判覚悟で申し上げるならばカジノ解禁にもメリットはあります。まあ、それは後述するとして…。

カジノ合法化に反対する人の意見を聞いてみると、それぞれ多岐にわたっていることが多いです。

・青少年の健全育成に及ぼす影響
・依存問題
・犯罪防止問題
・現存するパチンコ産業の問題
・収益性の問題

まあ一言でいえば…

「今現在 ここまで市中にパチンコが溢れているこの国に カジノを作ったらどれだけの社会問題が発生するのか? また外貨獲得とはいうけれど どんな裏付けがあってそれだけ多大な設備投資を行ってまでやる必要があるのか?」といったことでしょう。

まあそれぞれが納得できる内容でもあるのですが、ぶっちゃけたハナシ「どっかの孤島にでも作って 一般庶民がなかなか手の届かないように営業すれば 別段大きな問題も発生しない」ことは確かです。

しかもカジノ解禁による賭博合法化がパチンコ産業の3店方式に終止符を打ち、適切な「賭博税徴収システム」を作るのであれば、それはそれで一つの成果といえるかもしれません。

また、少し発展した話になりますがカジノ・公営ギャンブル同様に、仮に今現在市中にあるパチンコ店を全て出店地域制限し賭け額上限設定のもとで管理できるのであれば、依存問題も社会問題も大きく減少すると思われます。


■賭博者登録システムとは

それらの構想を実現するために必要なもの。それは「賭博者登録システム」だと私は考えます。以下、私が考えるシステムの概要です。

簡単にいえば、TASPOのようにギャンブルする人がID登録し、賭博場の入り口で認証されないと入場できなくするシステムです。勿論ですが、ギャンブルしたい人だけが登録すればよいというものです。マイナンバー制度や住基基本台帳などとは関係なく、システムを構築することが望ましいと思われます。

このシステムでは個人ごとに所得などに基づく賭け額の上限設定がなされ、生活保護者や依存症ギャンブラーなどはIDの取得ができなくなります。

そればかりか、ID登録した人でも投資が上限額を超えると、次の月まで遊戯できなくなるという制度を用います。このあたりの基準を投資の限度額というものにするか、投資額と払い戻しの差額(いわゆる損益)を対象にするかは議論の余地があると思います。

依存者の克服に携わっている私からすれば、投資額を基準に上限を設定する方が良いというのがホンネですが、遊戯する人からすると醍醐味がないということになるかもしれないからです。


■このシステムのメリット

1.ID管理による賭博者登録制度により 生活保護受給者の賭博依存問題や個人の堕落を未然に防ぐことができる

2.個人の投資上限額を設定できるので やりすぎによる個人の破産・破たんなどを防げる

3.パチンコ店の入場制限が可能になり 青少年の賭博遊戯を防止できる

4.市民圏から賭博(パチンコ・パチ・スロ)を排除できる

5.全ての賭博に適用するので やり過ぎという問題がなくなる

5.公正な課税システムを構築できる



もしもこの構想に賭博業界が積極的になれないというのであれば、ひとえにそれは彼らが「賭博による売上額の頭打ちを警戒するから」といえるのではないでしょうか?

次回から、賭博者登録システムの概要について、さらに詳しく書いてみたいと思います。

あなたのご意見をお待ちします。

解禁後のパチ屋はどうなる?(もしも賭博解禁なら その2)

こんばんは、タカビーです。

最近感じますが、どうもド真面目な話題の時は読者さんの反応が低いようですね。 このあたりについては、まず私の伝え方が下手だと感じます。

もう少しわかりやすく書けるよう努力したいと感じます。

一方で、反応の低さはそれだけとも思えません。 過去には、1500以上のアクセスが有ったにもかかわらずノーコメントだった日もあります。

このあたりのリサーチは、実際とても重要な気がします。 ひょっとしたら、動かない市民を動かすヒントが埋もれているのかもしれません。


カジノ内だけの問題か!?

賭博解禁となれば、一体この国に何が起きるのか? そういった議論をする著名人が、見た限りでは一人も現れない。

なーんか、そんなハナシをすれば抹殺されるとでもいうのだろうか?

確かに相手は怖い業界だけど、勇気のない人達ばかりだ…。 幻滅する。



■市中のパチ屋はどうなる?

さて賭博解禁となったら、巷に存在するパチ屋は一体どうなるのだろう?

2ちゃんねるあたりでパチンコをボロクソに言ってカジノを期待する人たちなどは、きっとパチ屋が減るとか無くなるといったことを迷信のように信じているに違いない。 だが、常識的に考えれば、そんなことはあり得ないことに気づく。

まず第一に、ここまでパチンコとスロットの害に気づきながらも、その存在を容認している連中が、そんな状況になることを許すはずがない。

常識的に考えてカジノ解禁は彼らにとって、自分たちのメシの種が無くなるかどうかの瀬戸際の筈である…。 それを大したリアクションもなしに見過ごしていること自体、不気味である。


■斜陽産業のパチ業界へのカンフル剤とは

それはズバリ、サービスとレートの自由化である。 簡単に言えば、すべてのパチ屋が店でのサービスと交換率やレートなどを自由に設定できるようになるのである。

つまり、逆風どころかオイシイ部分ばかりである。 駅前のパチ屋でも、1球1000円のレートが実現する可能性さえ有る。

ここまで市民圏に入り込んだギャンブルも少ない。 それが野放し状態になれば、結果は自ずと見えるだろう。

賭博解禁はパチ業界縮小ではなく、大義名分を与えて今後の拡大と安定を授けることに他ならないのである。

今日も最後まで、ありがとうございました。


★私のメルマガを購読いただく際のご注意です。

1)必ずパソコンからのメール受信拒否設定を解除するか gmail.com をドメイン指定解除されてください。 メルマガによって送信アドレスが違うので、よろしくお願いいたします。

2)URL付きメール拒否設定を解除してご購読ください。 メルマガ内には必ず「解除アドレス」が挿入されています。

発行者に課せられたルールなので、どうぞよろしくお願いいたします。


私からのメールが24時間以内に届かない場合は、設定確認をよろしくお願いいたします。

ギャンブル依存症克服の掲示板入り口(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)

禁パチ・禁スロ達成日数カウントメール

禁パチ・禁スロお助けメール午前9時配信

禁パチ・禁スロお助けメール夜7時配信

無料のギャンブル依存症克服 基礎メール講座


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。
最悪の場合、市中のパチ屋もレート自由になるぞ!

いよいよ正念場か(もしも賭博解禁なら その1)

こんばんは、タカビーです。

今日は、一日外出でした。 手短更新とさせていただきます。


賭博解禁目前

478057069_8e86854155_m10月20日より開催される第179回臨時国会にて、カジノ法案が可決される公算が大となった。 いよいよ我が国も堕落への道を歩み始めたのである。

「カジノ誘致は復興の一策」というのは、とんだ隠れ蓑だ。 カジノで復興できるなど真っ赤な嘘である。 第一に復興の手段というのなら、時間がかかりすぎる。 賭博の街が出来上がる頃、東北一体は殆ど復興した後である公算が高い。



■賭博解禁なら

それにしても政治家という人たちは、カジノ好きだと呆れてしまう。

鳩山前総理も「ハウステンボスにカジノ」とか言っていたし、亀井さんは金融・郵政改革相だった頃に沖縄にカジノを作ると言っていた。

以前よりボクは言っているが、カジノ解禁になれば、パチンコとスロットも混在するカジノが登場することはまず間違い無いだろう。

先日の記事でも書いたが、1球千円のパチンコ・メダル1枚千円のスロットが登場する可能性が高い。 なぜならカジノ内でプレイヤーは、好みのレートを選択できるからだ。

そんなことになれば、カジノの中は一攫千金狙いのパチンコ・スロット依存者で溢れかえるだろう。 パチンコとスロットを快く思っていないがカジノ誘致には賛成という人たちは、この点を見逃している。

間違いなく賭博解禁は、一層深刻なパチンコ依存・スロット依存を生み出すのである…。

明日へと続きます。 今日も最後まで、ありがとうございました。


★私のメルマガを購読いただく際のご注意です。

1)必ずパソコンからのメール受信拒否設定を解除するか gmail.com をドメイン指定解除されてください。 メルマガによって送信アドレスが違うので、よろしくお願いいたします。

2)URL付きメール拒否設定を解除してご購読ください。 メルマガ内には必ず「解除アドレス」が挿入されています。

発行者に課せられたルールなので、どうぞよろしくお願いいたします。


私からのメールが24時間以内に届かない場合は、設定確認をよろしくお願いいたします。

ギャンブル依存症克服の掲示板入り口(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)

禁パチ・禁スロ達成日数カウントメール

禁パチ・禁スロお助けメール午前9時配信

禁パチ・禁スロお助けメール夜7時配信

無料のギャンブル依存症克服 基礎メール講座


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。
●断パチ・断スロ達成日数をメールでお知らせ
基礎講座
●克服の基礎メール講座
基礎講座
●断パチ・断スロ お助けメール(朝)
お助け
●断パチ・断スロ お助けメール(夜)
お助け
●リンクはご自由にどうぞ!
リンクフリー
Archives
●ギャンブル依存症克服リンク集
リンク集
●メンタルヘルスのお友だち
TRE
●アーティストのお友だち
HRART3
●企業家、専門職、団体のお友だち
SENMONKA
●タカビーの大切な女性のお友だち
WOMEN
●タカビーの大切な男性のお友だち
MAN
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
・SAGSトップページ
SAGSコミュニティー
伝言板
SAGS掲示板
掲示板1
断パチ・スロ3原則
断パチ3原則1
●依存症ギャンブラーが陥る2つの錯覚
依存症ギャンブラーの錯覚
●ブログのQRコード
QRコード
●掲示板のQRコードです
QR掲示板
@タカビーにメールする
Recent Comments
  • ライブドアブログ