ギャンブル依存症克服への道 〜パチンコ依存症・スロット依存症・断ギャンブル道場です!〜

ギャンブル依存症を治療し、快復・克服することは大変困難です。どうぞ遠慮なくご相談ください。ここでは、生活環境と生活習慣を改善してギャンブル依存症を克服する方法を、お金の専門家FPがご提供いたします。やめさせたいあなたも、ぜひどうぞ! 

パチンコ合法化

解禁後のパチ屋はどうなる?(もしも賭博解禁なら その2)

こんばんは、タカビーです。

最近感じますが、どうもド真面目な話題の時は読者さんの反応が低いようですね。 このあたりについては、まず私の伝え方が下手だと感じます。

もう少しわかりやすく書けるよう努力したいと感じます。

一方で、反応の低さはそれだけとも思えません。 過去には、1500以上のアクセスが有ったにもかかわらずノーコメントだった日もあります。

このあたりのリサーチは、実際とても重要な気がします。 ひょっとしたら、動かない市民を動かすヒントが埋もれているのかもしれません。


カジノ内だけの問題か!?

賭博解禁となれば、一体この国に何が起きるのか? そういった議論をする著名人が、見た限りでは一人も現れない。

なーんか、そんなハナシをすれば抹殺されるとでもいうのだろうか?

確かに相手は怖い業界だけど、勇気のない人達ばかりだ…。 幻滅する。



■市中のパチ屋はどうなる?

さて賭博解禁となったら、巷に存在するパチ屋は一体どうなるのだろう?

2ちゃんねるあたりでパチンコをボロクソに言ってカジノを期待する人たちなどは、きっとパチ屋が減るとか無くなるといったことを迷信のように信じているに違いない。 だが、常識的に考えれば、そんなことはあり得ないことに気づく。

まず第一に、ここまでパチンコとスロットの害に気づきながらも、その存在を容認している連中が、そんな状況になることを許すはずがない。

常識的に考えてカジノ解禁は彼らにとって、自分たちのメシの種が無くなるかどうかの瀬戸際の筈である…。 それを大したリアクションもなしに見過ごしていること自体、不気味である。


■斜陽産業のパチ業界へのカンフル剤とは

それはズバリ、サービスとレートの自由化である。 簡単に言えば、すべてのパチ屋が店でのサービスと交換率やレートなどを自由に設定できるようになるのである。

つまり、逆風どころかオイシイ部分ばかりである。 駅前のパチ屋でも、1球1000円のレートが実現する可能性さえ有る。

ここまで市民圏に入り込んだギャンブルも少ない。 それが野放し状態になれば、結果は自ずと見えるだろう。

賭博解禁はパチ業界縮小ではなく、大義名分を与えて今後の拡大と安定を授けることに他ならないのである。

今日も最後まで、ありがとうございました。


★私のメルマガを購読いただく際のご注意です。

1)必ずパソコンからのメール受信拒否設定を解除するか gmail.com をドメイン指定解除されてください。 メルマガによって送信アドレスが違うので、よろしくお願いいたします。

2)URL付きメール拒否設定を解除してご購読ください。 メルマガ内には必ず「解除アドレス」が挿入されています。

発行者に課せられたルールなので、どうぞよろしくお願いいたします。


私からのメールが24時間以内に届かない場合は、設定確認をよろしくお願いいたします。

ギャンブル依存症克服の掲示板入り口(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)

禁パチ・禁スロ達成日数カウントメール

禁パチ・禁スロお助けメール午前9時配信

禁パチ・禁スロお助けメール夜7時配信

無料のギャンブル依存症克服 基礎メール講座


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。
最悪の場合、市中のパチ屋もレート自由になるぞ!

いよいよ正念場か(もしも賭博解禁なら その1)

こんばんは、タカビーです。

今日は、一日外出でした。 手短更新とさせていただきます。


賭博解禁目前

478057069_8e86854155_m10月20日より開催される第179回臨時国会にて、カジノ法案が可決される公算が大となった。 いよいよ我が国も堕落への道を歩み始めたのである。

「カジノ誘致は復興の一策」というのは、とんだ隠れ蓑だ。 カジノで復興できるなど真っ赤な嘘である。 第一に復興の手段というのなら、時間がかかりすぎる。 賭博の街が出来上がる頃、東北一体は殆ど復興した後である公算が高い。



■賭博解禁なら

それにしても政治家という人たちは、カジノ好きだと呆れてしまう。

鳩山前総理も「ハウステンボスにカジノ」とか言っていたし、亀井さんは金融・郵政改革相だった頃に沖縄にカジノを作ると言っていた。

以前よりボクは言っているが、カジノ解禁になれば、パチンコとスロットも混在するカジノが登場することはまず間違い無いだろう。

先日の記事でも書いたが、1球千円のパチンコ・メダル1枚千円のスロットが登場する可能性が高い。 なぜならカジノ内でプレイヤーは、好みのレートを選択できるからだ。

そんなことになれば、カジノの中は一攫千金狙いのパチンコ・スロット依存者で溢れかえるだろう。 パチンコとスロットを快く思っていないがカジノ誘致には賛成という人たちは、この点を見逃している。

間違いなく賭博解禁は、一層深刻なパチンコ依存・スロット依存を生み出すのである…。

明日へと続きます。 今日も最後まで、ありがとうございました。


★私のメルマガを購読いただく際のご注意です。

1)必ずパソコンからのメール受信拒否設定を解除するか gmail.com をドメイン指定解除されてください。 メルマガによって送信アドレスが違うので、よろしくお願いいたします。

2)URL付きメール拒否設定を解除してご購読ください。 メルマガ内には必ず「解除アドレス」が挿入されています。

発行者に課せられたルールなので、どうぞよろしくお願いいたします。


私からのメールが24時間以内に届かない場合は、設定確認をよろしくお願いいたします。

ギャンブル依存症克服の掲示板入り口(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)

禁パチ・禁スロ達成日数カウントメール

禁パチ・禁スロお助けメール午前9時配信

禁パチ・禁スロお助けメール夜7時配信

無料のギャンブル依存症克服 基礎メール講座


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

ギャンブルを推進する人たちは こういった人たちだ

こんばんは、タカビーです。

今日は、自分たちの都合ばかり考えてカジノやパチンコを合法化しようとする人たちについて、書いてみます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
297227465_86e4fa8437_m堕落した有識者と偽りのマスコミが国を滅ぼす


カジノ合法化やパチンコ合法化の報道を見ていて、気付くことがあります。

それは、批判的なコメントをするマス・メディアが見当たらないということです。 一方、依存などを扱う精神医学の専門化などのコメントや記事も見かけません。

今更ながら思いますが、マス・メディアはスポンサーに不利な辛口の報道を一切しないのです。



■ギャンブル推進派の特徴とウソ

カジノ誘致・合法化を擁護する人たちに共通する特徴は、次のようなものである。

1.どこかで、その産業と繋がっている(ようはカネ)

2.外貨獲得ばかり叫ぶ

3.国内での問題には触れない

4.地域振興に役立つとアピールする

5.雇用促進につながると考えている

6.ギャンブル依存症について無知

7.大きな声を上げず 法案通過だけに粉骨砕身

8.倫理観が全く無い



他人の懐からくすねた金をあてにすることが、今堂々とまかり通り実現されようとしている。 呆れてものが言えない。

そのうえ、そういった人たちは殆どがウソつきである。 だから自らのことばかり考えて、スポンサーの気に触らぬように立ち回るのが常である。


■カジノ推進派の矛盾

外貨獲得

外貨獲得とかいろいろいわれているが そもそもギャンブルとは他人の金をバクチで毟り取ろうとする行為に他ならない。

こういったことの倫理的問題に触れる人物も、現在の日本には殆ど居ない。 日本の国も落ちぶれたものである。

まあ、おいそれと客は来ないと思うが…。

地域振興

彼らはバクチで巻き上げたお金をあてにして、町おこしをするという。 世では、こういったことを称して「取らぬタヌキの皮算用」という。 

それに、万一上手くいったとしても、子供たちに何と言って説明するつもりだ?

雇用促進

いかがわしい産業で働く人間が増えるということだ。 ラスベガスの例を知らないのか? ウエイトレスは殆どコネがないとなれない。 彼女たちは関係者たちの縁故か愛人などである。 そんな彼女たちの日給は10万円だそうだ。


明日はちょっと気楽な記事を書いてみます。 今日も最後までありがとうございました。

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


★1日3分、10回で終了! 基礎メール講座

⇒ギャンブル依存症克服 基礎メール講座登録受付中!


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否を解除されてください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。

なぜ日本にカジノは適さないのか?

120990034_718811095b_mこんばんは、タカビーです。

私はかねがね、日本のような国にカジノは適さないと考えてきました。 それには理由があります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カジノで潤っているのは 殆ど小国である


さて昨日の続きである。 ボクはパチ・スロを、決して擁護するわけでも肯定するわけでもない。 しかし残念なことに、日本人に好まれるのはパチとスロである。 しかも最近では飽和状態といえる。

またこれが原因で今現在、大きな社会問題が発生している。 パチとスロは手軽であり、あらゆる面で社会に根付いてしまっているからだ。 

カジノ誘致は地域振興どころか日本人を堕落させ、経済的にも大きなお荷物になる可能性が大といえるだろう。

ハッキリ言って、日本でリゾート型のカジノ経営は難しいだろう。 残念ながら日本人が好むのは、各地に星の数ほど存在するパチンコ店である。

だが「いや、外貨を稼ぐために有効だよ!」と言う人もいるだろう。

・シンガポール
・マカオ
・モナコ

これらの国は今までにカジノで潤ってきた国である。 そしてその特徴は小国であるということだ。 つまりピンポイント的にしかカジノ産業は成功していない。

これらの国や都市は、いろいろな国がカジノを試みた中での勝ち組だともいえる。 そもそもカジノで成功した国など、ごく僅かなのである。

それなのにこれらの国のことを例に挙げて、いかにも日本でカジノを解禁したら経済効果が得られるという人たちがいる。 大間違いである。



■アメリカでさえも

ネバダ州ラスベガス

最近マカオに抜かれたが、世界でカジノといえばラスベガスというくらいその歴史は古い。 そしてラスベガスのカジノは、賭博産業というだけでなく、いろいろな意味でカジノの先例として存在してきた。

いわば悪しき遊戯のお手本である。 あの街はギャングが集まり、金の妄想に駆られた者たちが集う街である。

ここで誰もが考えるのは、「アメリカという国はカジノを容認している国なんだ」ということなのだろう。

だがそれは間違っている。 アメリカではギャンブルはむしろ厳しく取り締まられていて、ギャンブルそのものが許されているのは一部の州だけである。 そしてギャンブルができる年齢は21歳までからとなっている。

>カジノの扱いは州によって異なり、10の州では合法とされているが3つの州(アーカンソー州、ハワイ州、ユタ州)ではカジノに限らず一切のギャンブルが禁止されている

by ウイキペディア


このようにカジノを始めて成功した事例は数少なく、なおかつ撤退している地域も多い。

なぜここまで無謀な冒険をして、治安が守られ市民に道徳感が根付いている日本にカジノを持ち込まねばならないのか?

ボクにはその理由というものが全くわからない。

明日へと続きます。 

今日も最後までありがとうございました。

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


★1日3分、10回で終了! 基礎メール講座

⇒ギャンブル依存症克服 基礎メール講座登録受付中!


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否を解除されてください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。

ボクは カジノ・パチンコ合法化に反対するその4(マネーロンダリングとカジノ)

こんばんは、タカビーです。

今日はカジノ合法化に伴うリスクとして、マネーロンダリングについてお話いたします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
汚れた金とは


国民の3大義務の一つに「納税の義務(憲法30条)」というものがあることは、誰だって知っていることと思う。

脱税は必ずバレる。 なぜか? それは、お金には入り口と出口があるからだ。

商取引する際のお金の決済では、必ず領収書などの控が残る。 では「もし残らない場合、どうなるのか?」ということだが、通常在庫数や顧客数などから税務署の職員は売上額を知ることができる。

彼らはその道のプロである。 算出するためのツールも充実している。 今の世の中、脱税は一番損な選択だといえる。

だがこういった脱税や犯罪などで得た金を、隠したりキレイな金に変える方法がある。



■マネーロンダリングとは

マネーロンダリングとは、汚い金をちゃんと使えるように洗浄することである。

>資金洗浄(しきんせんじょう)とは、犯罪によって得られた収益金の出所などを隠蔽して、一般市場で使っても身元がばれないようにする行為である。

ウイキペディアより

マネーロンダリングと聞けば、まず思い浮かべるのがスイス銀行である。 実際にこういった海外銀行の口座は、今まで国際テロ組織や犯罪者の資金隠蔽や送金に利用されたことが多い。

だが、マネーロンダリングには他にも方法がある。 その中で有力な方法とは「ペーパーカンパニー」と「カジノ」を利用することである。

ペーパーカンパニーを利用するとは、文字通り架空の会社と取引したように見せかけて資金を送金する方法である。 口座が海外の会社名義だと、足がつきにくい。


■カジノとマネーロンダリング

カジノを利用してマネーロンダリングをすることもできる。 これは最も手軽な方法といえるだろう。

例えばルーレットなどの場合、赤か黒に賭けるという方法がある。 勝った場合賭け金は倍になるが、赤と黒へ同時に賭けることができればチャラということになる。

これを繰り返せば、汚い金をカジノで使って、帰りにはその金を「カジノの勝ち金」として持ち帰ることができる。 勿論、赤と黒同時に賭け続ければそのうちにバレるが、複数の人間でやればバレることなく短期間で効率的に行えるだろう。

このように汚い金は、やはり汚い場所で蠢いて(うごめいて)いる。 そしてカジノなどを合法化すれば、脱税した金や犯罪で得た金の洗浄化に使う連中が後を絶たなくなる…。

間違いなく脱税も増えるだろう。 だからこそカジノ合法化は、国益を損なうといえるだ。

そして今日の最後に…。

カジノで経済的効果がある国は、一定の特徴を備えている。 ボクは日本はそういった国ではないと考える。

その理由については、明日お話したい。

明日へと続きます。

今日も最後までありがとうございました。

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


★1日3分、10回で終了! 基礎メール講座

⇒ギャンブル依存症克服 基礎メール講座登録受付中!


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否を解除されてください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。

ボクは カジノ・パチンコ合法化に反対する その3(肝心なことを知らない著名人は沈黙せよ)

こんばんは、タカビーです。

カジノ賛成派の人たちの文章を読むと、気付くことがある。 それはカジノを誘致すれば、いかにも経済効果が有るようなことばかり書かれていることだ。

パチンコの合法化に賛成する人の意見を聞けば、合法化によって税収が上がり経済効果が有るとおっしゃる場合が多い。

たいていそういった人々は評論家であったり、カジノ研究者であったり、政治家であったり、ようは知識も豊富な有識者といえる人たちである。 

そしてそういった方たちの文章は、横文字の専門用語をたくさん用いて、いかにもそれが正しいように書かれてある場合が多い。

例えば「ゼロサム」なんて言葉は、その際たるものだろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
肝心のことを知らない 有識者たち


昨日の記事でも書いたが、「ゲーセンのお遊びの方が パチ屋の遊戯よりも賭博性が高い」と書くカジノ研究者が居る。

また、そういった人物がカジノ・パチンコ合法化に対して意見できる立場にあるという事実…。

どう考えても、ナンセンスである。



■ギャンブルは生産行為ではない

カジノ誘致やパチンコ合法化などは、いってみれば不幸のたらいまわしなのである。 トランプのババ抜きといってもよいだろう。

liar2どこかが潤えば、必ずどこかが凹む。 誰かが胸を撫で下ろしてホッとすれば、誰かが突然の災難に嘆き悲しむ。 それが賭博というものの宿命である。 こういった生産性の無い行為を世間では、ゼロサム・ゲームと呼んでいる。

だがここで反論もあるだろう。

パチンコ店などの場合、一時的に見れば殆どの客が勝っている場合がある。 こういった現象は「誰かが勝てば 誰かが負けている」というふうにはならない。

これではゼロサム・ゲームではないと、いう反論である。

これは短期的に見ればそうだが、そもそもギャンブルとは物の価値を生む行為ではない。 一時的にどこに金が流れようが、それは結果的に同じである。 ゼロサムなのだ。


■規模縮小に言及しない人々

ボクが幻滅していることが、もう一つある。

それはカジノやパチンコを合法化することのメリットばかりアピールして、そのデメリットについて語る有識者が殆ど居ないこと。

そして「規模を縮小しょう!」という意見が、全く(今まで見た限りにおいては)出ていないことである。

カジノ合法化というが、草案はとうに出来上がっている。 パチンコ合法化についても、その草案はもう殆ど出来上がっているのだろう。 

ちなみに「パチンコ合法化」というが、実際にはスロットも同じことである。 スロなどは、パチが合法化されれば自動的に合法化されるのは間違いない。

こういった草案を書く人たちにとって、業界の規模縮小などもっての外なのだろう。

その理由は明白である。 それがいずれは、自分たちのメシの一部となるからだ。

明日へと続きます。

今日も最後までありがとうございました。

掲示板入り口です。参加はコチラからどうぞ!(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)


あなたの携帯へ毎朝配信!禁パチ・禁スロお助けメールのご登録は、コチラからよろしくお願いいたします。


★1日3分、10回で終了! 基礎メール講座

⇒ギャンブル依存症克服 基礎メール講座登録受付中!


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

携帯からメールされる方は、パソコンからのメール受信拒否を解除されてください。

私からのメールが24時間以内に届かない場合は、その可能性が高いです。 よろしくお願いいたします。
●断パチ・断スロ達成日数をメールでお知らせ
基礎講座
●克服の基礎メール講座
基礎講座
●断パチ・断スロ お助けメール(朝)
お助け
●断パチ・断スロ お助けメール(夜)
お助け
●リンクはご自由にどうぞ!
リンクフリー
Archives
●ギャンブル依存症克服リンク集
リンク集
●メンタルヘルスのお友だち
TRE
●アーティストのお友だち
HRART3
●企業家、専門職、団体のお友だち
SENMONKA
●タカビーの大切な女性のお友だち
WOMEN
●タカビーの大切な男性のお友だち
MAN
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
・SAGSトップページ
SAGSコミュニティー
伝言板
SAGS掲示板
掲示板1
断パチ・スロ3原則
断パチ3原則1
●依存症ギャンブラーが陥る2つの錯覚
依存症ギャンブラーの錯覚
●ブログのQRコード
QRコード
●掲示板のQRコードです
QR掲示板
@タカビーにメールする
Recent Comments
  • ライブドアブログ