ギャンブル依存症克服への道 〜パチンコ依存症・スロット依存症・断ギャンブル道場です!〜

ギャンブル依存症を治療し、快復・克服することは大変困難です。どうぞ遠慮なくご相談ください。ここでは、生活環境と生活習慣を改善してギャンブル依存症を克服する方法を、お金の専門家FPがご提供いたします。やめさせたいあなたも、ぜひどうぞ! 

依存症ギャンブラー

経済効果が高い「断パチノミクス」

こんにちは、タカビーです。

国内ばかりか海外にまで知れ渡ったアベノミクスですが、まだまだ脆さを隠しきれません。今回の株価下落、その下落幅はリーマンショック以来で、これは「プチバブルが既にはじけた」といっても決して過言ではないと思います。

そんな状況の中、先月安倍首相が発言した内容に伴い、海外のメディアから「女性の雇用を活用する経済政策」としてアベノミクスならぬウーマノミクスという言葉まで飛び出しました。

>日本の現状をみれば、女性の力で経済を活性化させようとする「ウーマノミクス」の有効性は明らかだ。ゴールドマン・サックス証券のキャシー松井氏によると、女性の就業率は現在約60%。これを男性並みの80%に近づけることで、労働人口は推定約820万人も増加し、国内総生産(GDP)は最大14ポイント底上げされると考えられる。(本日のCNN日本版より引用抜粋)

簡単な話、働く人が増え労働の質が向上すれば、景気が上向くのは間違いありません。では働く人を増やすためにはどうすればよいのでしょうか?

女性の職場進出を支援したり、高齢者の雇用促進を助成するなどが一般的な方法です。

労働の質を向上させるためには、企業ごとに社員の意識を高めることが必要です。また、立派な社会人を養成するための教育も欠かせません。

ですが方法はそれだけでしょうか? 私はもっと有効な方法があると思うのです…。


遊びとバクチの違い

毎年「公益財団法人日本生産性本部」が発行するレジャー白書にはギャンブルのデータが含まれている。つまり、ギャンブルというものは広義でレジャーというジャンルに分類・認識されているといえるだろう。

だがギャンブルは他の遊びと、いろいろな意味で一線を画している。例えば、ギャンブルほど人間の堕落に深くかかわっている遊びなど存在しない。

またギャンブルほど、社会問題を引き起こしやすい遊びもないといえる。そして依存問題だ。本当の意味で依存を引き起こす遊びなんて、おそらくギャンブル以外にはあるまい。



■金だけの損失ではない

そしてもう一つ…

58979228_de34f60dbc_mギャンブルほど売り上げがある遊戯業など存在しないことも、事実だろう。パチンコ産業は売り上げの下落が続いているが、それでもここ数年の売り上げが18兆円規模の産業である。

ではこれらの売り上げは、どのようにして得られたのか? それはプレイヤーが暇の対価として、せっせと業界に貢ぎ続けているということだ。老若男女就業可能人口一人当たり、なんと年間におよそ19万円程度支出している勘定になる。

逆にいえば、それだけのお金がパチンコ産業に流れたのである。だがここで忘れてはならないことが一つある。それは流れ去ったものが金だけではないということだ…。


■「断パチノミクス」によって得られるもの

パチンコ・スロットという遊びをやった方ならわかると思うが、アレはエンドレスなのである。どういうことかといえば、開催日が決まっておらず営業時間も朝から深夜に及ぶパチ・スロは、プレイヤー自らがやめる時を決めねばならないということである。

また他のギャンブルと違いパチ・スロは、確変や高確率などやめたくてもやめられない状況が多い。これらの理由から、パチ・スロというものはついつい長時間プレーしてしまうものなのである。依存していれば尚更だ。

もしもパチ・スロ依存者を無くし、また、仕事をせずにホールでプラプラしている人達を社会に連れ戻すことができたなら…。きっとその効果はウーマノミクス並みか、もっと大きいものではないだろうか。

マスコミは一切触れないが、パチンコ産業が社会に大きな損失を与えていることは紛れもない事実なのである。


■「断パチノミクス」で労働の質も向上

そればかりか既に就業している人達については、「断パチノミクス」で労働の質が向上することさえ期待できるのである。

考えてもみてほしい。仕事の合間にパチンコ屋で暇をつぶしてばかりいる営業マンと、真面目に仕事する営業マンとでは業績に雲泥の差があって当然だ。心当たりがある人も、きっと多いことだろう…。


今、安倍首相がカジノ特区を作り、賭博合法化が推し進められる可能性は高いといわれている。カジノ誘致の経済的効果を期待してというのが、表向きの理由である。

カジノ解禁などによる経済的効果は、いってみれば取らぬ狸の皮算用である。賭博というものが人間の堕落に深くかかわり、かつ経済を沈滞させる原因になっているにもかかわらずである。

賭博を増やすのではなく、賭博者を減らせば確実に経済効果が期待できるのである。賭博者を減らすことに、政府はもっと目を向けるべきだろう。

あなたのご意見をどうぞ。

依存症ギャンブラーが更生し始める時 その1

おはようございます、タカビーです。

103683353_592184d739_t政治の話や地域の話ばかりしていると、どうも暗い話題ばかりになります。 これからはできる限り、明るい話も取り入れていこうと思います。

このブログはギャンブル依存症を克服するお手伝いが目的ですから、多分、克服した例や解決した人たちからのメッセージが一番よいことでしょう。

ということで、これからはちょくちょく嬉しいお便りなどを取り上げてみます。


先日頂戴した Hさんからのお便り

タカビーさん

こんにちは
ご無沙汰しています

Hです。

最近の息子は、以前とは 全く違います。

部屋の整理整頓が出来るように なりました。よく掃除をしている様です。

買い物のレシートを集めて こちらから言わなくても持って来る様になりました。

電子レンジと電子調理機を買いました。

電化製品も少しずつ増えていってます。
今度のお給料で炊飯器を買う予定です。

夜は、スーパーに行って買い物をし家で食事をする様になりました。

食べ過ぎて太り気味だからとか… 野菜が足りて無いとか…
自分の身体の事も考えられる様になりました。

パチンコの事は、頭に浮かばないまま気がついたら3ヶ月が立っていた…みたいな感じだそうです。

今は、全然パチンコに行きたいと言う事は 無いそうです。

行ってしまった夢は見る事が有るけど 行ってしまったと言う罪悪感で目が覚めて二度と あんな思いをしたく無いと言う考えの方が強いそうです。

お金の価値が分かったらパチンコに使うんやったら何か買ったり食べたりする方が いいと言ってました。

家族みんなを食事にも連れて行ってくれました。

パチンコに行かなくなって もうすぐ4ヶ月に成ります。

油断しないようにと言うと…大丈夫!パチンコをしたら あかん人間やと分かってる

狂ってた時は、お金が お金に見えて無かったけど今は、1000円の価値が分かると言いました。

ここまで これたのはタカビーさんの お陰です。

自分では、厳しくしていた つもりだった事が 事ごとく 甘かった事に気づかされました。

タカビーさんが 揺るがない お金には 特に シビアにと言う事を あの時 実行したのが 良かったのだと思っています。

有難うございました。

お忙しい所 長々と読んで頂き 有難うございました。

まだまだ 気候が 安定しませんので…お体には 気をつけてくださいね…

それでは これで 失礼 致しますm(_ _)m
 
Hより



■克服の足音は 突然聞こえ始める

私は以前より何度か、Hさんから相談のメールを頂戴してきました。

お話を伺う限り、なかなか良い息子さんなのですが、どうしてもふとパチンコに行ってしまうようで、そうなってしまう度に親子共々傷つかれていました。

そんなHさんでしたが、私はアドバイスとして徹底的な金銭管理をお願いしました。必要なお金は日銭で手渡し、金銭的援助を一切しないことを提案しました。

Hさんも、アドバイス通りにされ、一時は親子関係や外での借金などの不安に悩まれたものの、昨年の暮には状況が改善され始めたのです…。


Hさんから年末に頂戴したメール

タカビーさん
こんにちは

Hです

今年も残り少なくなって参りました。

タカビーさんには ご心配を お掛けしました。

又 適切な アドバイスを頂き 有り難うございました。

現在の息子の様子ですが…

病院への受診は、まだ 出来ていませんが

今の所は、落ち着いています。一日の食費が800円は、ちょっと きついと言うので1000円にしています。

今月分の お給料から自分で 管理出来るように練習を始めました。

お金は、今まで通り実家に 置いといて…毎月 支払うべき お金を封筒に 振り分けて 私に 預ける…

後は 今までと同じです。一日分の食費として 1000円を振り込んでいます

仕事が終わったらスーパーに行って買い物を しているようです。

スリップして一ヶ月ですが、パチンコの事を考えたくない!

パチンコに行ってしまった 夢を見て 嫌な 思いが したと言ってました。

まだまだ 一ヶ月目なので 油断は、出来ませんが 息子の様子を見ながら 騙され無い様に気をつけて 見守ってみます。

タカビーさんに教えて頂いた事は、決して忘れず…様子を見ながら実行して行きたいと思っています

お金の管理を自分でするに あたって息子に宣言している事は…

何事も 自己責任で行う事!

自立する事!です。

お正月は、一緒に過ごそと思っています

タカビーさん
お忙しい所 長々と読んで頂き 有り難うございましたm(_ _)m

寒いので お身体を大切にして下さい。
インフルエンザも そろそろ流行って来ています。くれぐれも気をつけてくださいね。

家族 揃って 元気に良い お年を お迎え下さい。

Hより



■快復・克服の基礎は今さらながら 1ヶ月が大きな山場

今回のHさんの場合も、状況が改善する兆しが見え始めたのは禁パチが1ヶ月続いた頃からです。

・家族がちゃんと金銭管理する→本人も自らの問題が見え始める→1ヶ月が経過する→金銭感覚も正常に近づく

本人と家族の努力により、こういったよい循環が生まれ始めたといえるでしょう。

今さらながら感じますが、ギャンブル依存症は必ず克服できるのです。

明日へと続きます。 今日も最後まで、ありがとうございました。

パチ屋を減らせば 生活保護受給者は減る!?

こんにちは、タカビーです。

今日は昨日の続きです。


依存症ギャンブラーの転落先

私の元へメールされて来られる方の中には、生活保護をお受けになられている方が何人か居ます。

そういった方々から、ギャンブル依存症についての悩みをお聞きするのですが、信じられないような話が多いです。

生活保護は依存症ギャンブラーの転落先ではありますが、終着点ではありません。 まだまだ先は遠いというのが現実なのです…。



■パチ屋でスッテンテン そして残飯あさり 

昨日も書いたが、保護費を手にすると、それを掴んだままでパチ屋へ向かう人達が居る。 勿論、殆どの人達がそれをあっという間に使い果たしてしまうのだが、次に取る行動は人により様々である。

ある人は売人の手先や運び屋など、犯罪の幇助を行って金を得る。 知り合いに頼み込んで、テキ屋などで使ってもらうこともあるそうだ。

空き缶などを集めて、僅かばかりの金を得ようとする人もいる。 その金では生活できないので、そういった人達の多くは残飯をあさるのである。

残飯をあさるまで落ちぶれても、パチ・スロはやめれないと言う人も居た。 これは最早、受給者だけの問題とも言えないのではないだろうか?


■堕落する原因 ワースト1とは

先週の番組では受給者側の原因ばかりを取り上げてた。 勿論、自立支援は必要だし、受給者の社会復帰は真剣に取り組むべき問題である。

だが、今の大阪などは人々が堕落する原因となるものが多過ぎるのだ。 受給者を食い物にするビジネスや、暴力団による違法賭博などは受給者が堕落する原因である。

しかしながら、一番現実的な問題とは受給者のパチ屋通いである。 今回も例のごとく放映されていなかったが、受給者が堕落する一番大きな原因はパチンコ店の存在といえるだろう。

そもそも生活保護費を受給している者が、パチ屋になど行けるわけがないのである。 パチ屋はレートが高すぎるのだ。

というか、ギャンブル自体、生活に窮している者がすべきことではないのである。


■ギャンブル投資額の上限設定を!

おそらくだが、日本国においてギャンブル投資額に関する上限設定を行えば、受給者の堕落は大幅に減ることだろう。

TASPOならぬPASPOを作って、ギャンブルに使える金額を上限設定すれば良い。 当然のことながら生活に困っている人物ならば、使用できる金額を少なく設定すれば良いのである。

投資可能額を月収の10分の1くらいに押さえれば、かなり大きな歯止めになるとボクは思うのだが…。

こういった視点で物事を考える人が、現れない。 不思議である…。

あなたのご意見をどうぞ!

今日も最後まで、ありがとうございました。

★私のメルマガを購読いただく際のご注意です。

1)必ずパソコンからのメール受信拒否設定を解除するか gmail.com をドメイン指定解除されてください。 メルマガによって送信アドレスが違うので、よろしくお願いいたします。

2)URL付きメール拒否設定を解除してご購読ください。 メルマガ内には必ず「解除アドレス」が挿入されています。

発行者に課せられたルールなので、どうぞよろしくお願いいたします。


私からのメールが24時間以内に届かない場合は、設定確認をよろしくお願いいたします。

ギャンブル依存症克服の掲示板入り口(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)

禁パチ・禁スロ達成日数カウントメール

禁パチ・禁スロお助けメール午前9時配信

禁パチ・禁スロお助けメール夜7時配信

無料のギャンブル依存症克服 基礎メール講座


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。
 

生活保護は最後の砦とならない

こんにちは、タカビーです。

今日は生活保護のお話をさせていただきます。 書こうと思ったきっかけは、先週の金曜日にNHKで放映されたNHKスペシャルです。


生活保護は最後の砦なのか?

番組内で、保護費受給者について詳しく取材解説されていました。 あの番組を見て、本当に生活保護は最後の砦なんだなと感じました。

いえ! 最後の砦になるべきだと思いました。 保護費打ち切りを検討している自治体もあるので、そうでないと困ります。

保護費を打ち切られた人は、一体どうなるのでしょうか? 

おそらく更正することはできないでしょう。 その先にあるのは、ホームレスになるか、それとも死しかありません…。



■生活保護といえば やっぱ大阪か…

NHKの番組(NHKスペシャル)の取材先…。 案の定、その場は大阪だった。 パッと見ただけでどこかわかる。 見慣れた風景ばかりだった。

保護費受給のために西成区役所で並ぶ人々も映し出されていた。 ボクにとっては見慣れた光景だった。

ボクは大阪の住人だが、ハッキリと言わせていただくと、大阪は今全国で一番治安が悪い場所だろう。 他の都市に行くと、交通マナーが良く人々の表情などが明るいことに驚かされる。

やはり病んでいる自治体には影がある。

そんな大阪で今、最も頭の痛い問題は生活保護受給者の問題だろう。 大阪市にいる生活保護受給者は、現在15万人を超えたといわれている。

15万人とはどんな数字かといえば、大阪市の人口と比べればその5.63パーセント。 なんと18人に一人が、生活保護を受けて暮らしているということになる。

この数字は全国平均の1.57パーセントに比べて、驚くべき高さとなっている。


■這い上がれない受給者たち

番組では、働ける受給者に就職を斡旋しようと、市の職員が懸命に努力している姿が映し出されていた。

だが効果は薄いという。 その大きな理由とは番組内でも紹介されていたが、最低賃金の低さと就職率の低さだろう。 ところがそればかりが原因でもない。

受給者が働かない背景には、生活保護制度を悪用して受給者を食い物にするビジネスがあるからだ。


■受給者を食い物にするビジネスとは

番組では暴力団関係者の秘密賭博施設(摘発済み)が紹介されていたが、その他にも売人や犯罪の幇助など、受給者を使った手口がたくさん存在する。

それとその一方で、パチンコ店も生活保護者の生活を脅かせる存在である。 保護者たちは保護費を受け取ると、運試しだとばかりパチ屋へ向かう。

保護費からは家賃などの固定費が差し引かれるため、保護者の手元に残るのは僅かばかりの金である。 そんななけなしの金をパチ屋に吸い取られ、保護者たちは自立どころかその日の生活にさえ事欠くようになってしまうのである。


■どうすれば生活保護受給者は減るのか?

このことについて、明日書かせていただこうと思う。

今日も最後まで、ありがとうございました。

★私のメルマガを購読いただく際のご注意です。

1)必ずパソコンからのメール受信拒否設定を解除するか gmail.com をドメイン指定解除されてください。 メルマガによって送信アドレスが違うので、よろしくお願いいたします。

2)URL付きメール拒否設定を解除してご購読ください。 メルマガ内には必ず「解除アドレス」が挿入されています。

発行者に課せられたルールなので、どうぞよろしくお願いいたします。


私からのメールが24時間以内に届かない場合は、設定確認をよろしくお願いいたします。

ギャンブル依存症克服の掲示板入り口(ご参加は、掲示板正面=メインスレッドから禁ギャンブル宣言され、開始日をお知らせください!)

禁パチ・禁スロ達成日数カウントメール

禁パチ・禁スロお助けメール午前9時配信

禁パチ・禁スロお助けメール夜7時配信

無料のギャンブル依存症克服 基礎メール講座


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

生活保護世帯について 書くつもりでしたが…

こんにちは、タカビーです。

またまたMHKスペシャルの話なんですが、先週の金曜日に生活保護世帯についての特集がありました。

今日は、生活保護世帯についてコッテリと書きたかったのですが、時間がなくなりました。

明日以降に、書かせていただきたいと思います。

ということで、今日の一言です。


1861497327_40b0965da7_m幸せすぎるのは

ある種の病にかかっているようなものだ

by タカビー


以前、私が不幸のどん底にいた頃、周りの人達が羨ましくてなりませんでした。

では、そういった人々は今どうなっているかといえば、必ずしも幸せであるとはいえません。

昔からのことわざで「禍福は糾える縄の如し」(悲しみと喜びとは交互にやってくるもの)といいますが、幸せすぎるのもまた問題が多いものです。

頂点にいれば後は滑り落ちるだけ。頂点を目指していれば更なる幸せが待っているというのが、世の中じゃないでしょうか…。

もしもあなたが今、不幸のどん底にいるのなら、これから先はどんどん良いことに恵まれるとお考えになればいかがでしょう?

今日も最後まで、ありがとうございました。
●断パチ・断スロ達成日数をメールでお知らせ
基礎講座
●克服の基礎メール講座
基礎講座
●断パチ・断スロ お助けメール(朝)
お助け
●断パチ・断スロ お助けメール(夜)
お助け
●リンクはご自由にどうぞ!
リンクフリー
Archives
●ギャンブル依存症克服リンク集
リンク集
●メンタルヘルスのお友だち
TRE
●アーティストのお友だち
HRART3
●企業家、専門職、団体のお友だち
SENMONKA
●タカビーの大切な女性のお友だち
WOMEN
●タカビーの大切な男性のお友だち
MAN
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
・SAGSトップページ
SAGSコミュニティー
伝言板
SAGS掲示板
掲示板1
断パチ・スロ3原則
断パチ3原則1
●依存症ギャンブラーが陥る2つの錯覚
依存症ギャンブラーの錯覚
●ブログのQRコード
QRコード
●掲示板のQRコードです
QR掲示板
@タカビーにメールする
Recent Comments
  • ライブドアブログ