ギャンブル依存症克服への道 〜パチンコ依存症・スロット依存症・断ギャンブル道場です!〜

ギャンブル依存症を治療し、快復・克服することは大変困難です。どうぞ遠慮なくご相談ください。ここでは、生活環境と生活習慣を改善してギャンブル依存症を克服する方法を、お金の専門家FPがご提供いたします。やめさせたいあなたも、ぜひどうぞ! 

借金問題解決法

いざという時に、慌てない為に・・・。(貸金業法改正のまとめ、気をつけておきたいこと!)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


今では、「いったい何の騒ぎだったの?」そう思えるくらい、平穏になった大阪です。


今回のインフルエンザでもそうですが、過去においてはオイルショック、そして暫定税率法案成立後のガソリン急騰問題など、後から考えればどう考えてもマスメディアの大袈裟な報道が原因だったということが多いようです。


私は常々感じていますが、テレビやラジオ、新聞などの報道は信用できないものが多いです。(~_~;) 今年の最初には、そのことを身をもって経験いたしました・・・。


それは別にしてですね、例えば・・・、


「行列が出来るホニャラ」なんてどうですか? 私は今までにそういった店に何度か足を運んだ経験がありますが、まあ期待はずれでした。


大阪ミナミでは、行列が出来ている有名ラーメン店にも行ったことがありました。 新御堂筋沿いで道頓堀の近くにある、立ち喰いスタイルの某店です。さんざんテレビでも取り上げられた店ですね・・・。


並んだ末そこでありついたのは、ちゃんとほぐれていない麺と生ぬるいスープ、そしてアルバイトらしき店員の無愛想な顔です。


もっとも、今では客もまばらになっていますが・・・。 ちゃんと報道を見抜くことって、大切ですね!


さて、少し難しい話題が続きましたが今日で最終です。 貸金業法改正〜総量規制についてのまとめです。 


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからの協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【今後、予想される情況とは・・・。】



ここからは、あなたとあなたの身の回りに影響を及ぼすと思われることについて、項目ごとに書かせていただきます。


【おまとめローンと系列サラ金で、銀行は二度オイシイ・・・。】


さて、大手のサラ金でも今や銀行の傘下に入ってしまったものが多いのです。 銀行というものは、そもそもブランドイメージを持っているものです。


特に大手都銀は以前より敷居が高く、最初からサラ金とは一線を画すものでした。


しかしながら、そんなプライドをかなぐり捨てて、ここ数年で銀行がサラ金を吸収合併し始めたのは、実はこの総量規制を睨んだからだったと思われますね・・・。


でないと、ブランドイメージ下げてまでここまでしませんよ。 そして、その理由としておまとめローンと言うものの存在があります。



今回の総量規制は銀行にとってはオイシイ改正です! だって、おまとめローンは対象外ですから・・・。


しかも切迫して金策を願う人が来るので、担保の設置も当然以前より楽になります。


そして、忘れてはならないのが担保付融資については、総量規制の対象外なのです。


つまり、サラ金のオイシイ部分を銀行とヤミ金で、ワケワケになる可能性が大きいです。


銀行は傘下のサラ金に融資させる、その後ワクが詰ればおまとめを担保付で締結させる、しかる後はその人物が一生かけても返せないくらいの金額から、金利をチューチュー吸えるわけです。


そして返せなくなったら、担保になった不動産などを取り崩せばよい・・・。



これはね、今までの銀行の不良債権に比べたら数段優良な貸し付け先ですよ。


しかも、おまとめローンにより、債務整理などでの過払い請求が出来なくなる可能性が出るので、余計有利と言えるでしょう・・・。


【ヤミ金が蔓延る(はびこる)】


先にも書きましたが、そもそも貸金業者としての認可を受けていないヤミ金は、こういった法律の改正など全く関係ないように思えます。


ところが、市中のサラ金が淘汰される中で、ヤミ金はこれからますます蔓延ると言われています。 当然ですが、借りれなくなった人たちがヤミ金に手を出すことが予想されるからです。


今現在でもヤミ金の取り締まりは甘く、現実は野放しと言って良い状態です。 ヤミ金法によりヤミ金が比較的減ったのは、ほんの少し前までです。 今では、ヤミ金は確実に増え続けているのです。


特に高齢者を狙った年金立替ローンは、巧妙にお年寄りの懐を狙っています。 


【ショッピング枠を巧妙に利用したヤミ金が増える】


今回の法改正で、対象となったのは多目的ローンでした。 しかしながら、依存症ギャンブラーなどはとにかく目先の遊技の為になんとしてもお金を必要とします。


そんな人たちにとって、総量規制の対象でないものがあります。 それはクレカのショッピング枠です・・・。


つまり総量規制が無い為、ショッピングに関しては従来どおりの枠で買い物が出来るのです。 このことを利用したヤミ金が増えると予想されます。


ショッピング枠一杯まで買い物させて商品を巻き上げてその商品を2足3文で買い取り、あとは知らぬという悪徳なヤミ金業者です。


テレビや家電などの他、貴金属などを購入させ、3分の1〜5分の1くらいの値段で買い叩くのです・・・。


〜では、こういった業者に騙された後はどうなるか・・・?〜 


【自己破産者が増える】


当然ながら、カード枠を使い果たしてどうにもなら無くなった人の自己破産が急増します。 


ヤミ金は違法行為だから返済義務は無いといっても、現実はそう甘くありません。    


実際、弁護士もヤミ金に対しては腰が引けている場合が多いのです。 理屈が通用しない相手にはどうにもならないことがあるのが現実です。   


ヤミ金へのこういったクレカの買い物による借金は特にたちが悪く、専門家も引き受けするのを嫌がる案件です。



【予定していた借り入れが出来なくなる】


一般家庭での借り入れも、少なからず影響を受けると思われます。


特に、いざと言う時の神頼みと思って残しておいたクレカのカードローンのワクが、所得証明書の提出後大きく減ったり消滅する可能性があります。


勿論、このことによって借りすぎを防ぐというのが今回の改正の趣旨ですが、真面目にローンを利用している人にとっては大きな脅威です。


以前より総量規制にならなくても、ストップはかかりました。個人の貸付で無担保ですと、ざっと400万〜500万で一旦はストップです。


このあたりで、止まるようになっていたんです。 でも、今回は借り入れする時に所得証明が必要ですからかなりシビアですね・・・。


例の瞬間最大借り入れ可能額=●千万、こういった裏ワザはもう使えません。 念のため・・・。


【タカビーはこう見る】


全く痛みを伴わない改革など有り得ないでしょうが、一部の業種や人たちが潤う改革もどうかと思います。


特にヤミ金対策はキッチリと取るべきで、法の整備が必要でしょう。


それと・・・、今までの改革がこういった名目と言葉とともに進められてきた結果どうだったか、良く考える必要がありますね・・・。


過去から学ぶことも必要と、私は考えます。


ただし、こういった制度が落ち着いた暁には、個人に対するローンというものの考え方が大きく変わると思われます。


そうなれば、ギャンブル依存症になっても安易な借り入れが出来ない基盤が出来るので、結局は依存症ギャンブラーにとって損害が少なくてすむ可能性が大きいです。


今後、良い面と悪い面を合わせて、見守っていきたいと感じました。


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

こういった借り入れが対象! さて、あなたは・・・!?(適用される借り入れ目的とは)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


ウチの家の近所で空き巣が入りました・・・。 1階2階どちらも、とことん荒らされたそうです。(゜o゜)


それが1週間くらい前の出来事でした。 そして昨日、また斜め前の家に不審な人物が・・・。


幸いその家はSECOMに加入されていて、けたたましい防犯ベルが鳴ったため、大事には至りませんでした。


我が家の周辺は静かな上に老人世帯が多く、裏は陵(天皇さんのお墓)ときています・・・。 やはり、こういった事件が多発すると怖いですね。


ポストにタイミングよく入っていたSECOMの勧誘チラシを、思わずシッカリと読んでしまいました・・・。(笑


“ウチも、考えなければならないかな・・・。”


〜今日は貸金業法改正で対象となる、「借り入れ目的」についてのお話です・・・。〜


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからの協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【対象の借り入れ目的は、ズバリ・・・。】



ハイ! 対象は個人の多目的ローンです!


言い方は良いが、多目的ローンとはいわば意味不明な借金であるともいえますね・・・。


まずはそういった借り入れから、メスが入る模様です・・・。


【こういった借り入れは、対象外!】


∞∞∞∞2チャンネルの書き込みから引用∞∞∞∞
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/credit/1241783560/


【総量規制の対象から外されている債務】

★住宅ローン(不動産購入のための融資)
★マイカーローン(購入車を担保とする融資)
★クレジットカードのショッピング枠(S枠)

また、規制対象者が以下の理由により、
借り入れを余儀なくされた場合についても対象外とされています。
(顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付)

★有価証券担保貸付を受ける場合。
★住居等の生計に支障をきたさない不動産を担保として貸付を受ける場合。
★個人事業主が事業資金としての借り入れをする場合。
★緊急の医療費が必要となった際に借り入れをする場合。(要証明書類)

参考
「おまとめローン」は「顧客に一方的に有利となる借り換え(1回の返済額・
総返済額が減少し、追加担保・保証なしの場合)」という制限つきで対象外に なる見込みです

利用の際に金利や条件をよく確認して、本来の目的どおりに「おまとめローン」
を利用するのであれば、総量規制の対象外となるはず。

∞∞∞∞∞∞∞∞引用終わり∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



しかしながら、ここでの書き込みには甚だ疑問があります。 おまとめローンであろうが無かろうが、ようは銀行法に基づく融資であるのなら、貸金業法の適用外の筈ですからね・・・。


この書き込みが参照しているサイトです、ここはおまとめローンなどのお勧めサイトですが、あなたは安易なおまとめローンを組む前に良くお考えになってくださいね・・・。


おまとめローンについての注意事項は、先の記事で書かせていただきました・・・。


ちなみに余談ですが、市中の貸金業者と銀行はどういった基準で、適用される法律が異なっているかといえば・・・、


“銀行は、貸付だけでなく預金業務も行っているからだ” ということらしいです。 だから銀行に関しては、銀行法が適用されるというわけです・・・。


【多目的ローン以外にも不安は存在する】


実際に多目的ローンが、多重債務者を生む元凶となっていることは間違いないことです。 


なぜなら、多目的ローンの使途はギャンブルであるとか浪費であるとか、あまり生産的なことには使われていませんからね・・・。


しかしながら、現実には住宅ローンやオートローンが原因で破綻する方も多いのです。


本来ならば、そういった他の借り入れにもメスを入れるべきなのでしょうが、一度に多くのことをすれば社会的な不安を起こす恐れがあります。


そういった意味でも、今回は貸金業者による多目的ローンと限定されての改正だったと思えます。


つまり今回は問題として取り上げられなかったものの、まだまだ日本には多くの金融不安が残っているということです。


次回はそのあたりについてのお話と、今回の改正のまとめとしてお話させていただきます。



〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

貸付は年収の3分の一が上限になる・・・!?(かなり強烈な改正となる可能性が高い・・・。)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


いよいよ暑くなってまいりました。 夏を目前にして、我が家では先日から栽培しているプチトマトとバジルの生育が素晴らしいです!


こういった植物を育てることは、面倒そうでも心の安らぎになります。 週に1回くらい土をいじってみるのも楽しいものですよ・・・!


さて今日は、昨日の続きです。 平成22年度の貸金業法改正についてのお話です。 後に後悔しないためにも、是非お付き合いくださいね!


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからの協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【貸付額の総量規制とは】



昨日の記事でも書かせていただきましたが、サラ金やカード会社などには、貸金業法という法律が適用されます。


この法律は昭和58年に、【貸金業の規制等に関する法律】として施行され、平成19年に今現在の【貸金業法】という名称になりました。


この法律は、今までに2回の大きな改正を経ています・・・。


1.平成15年改革(通称、ヤミ金対策法)

:違法業者であるヤミ金を取り締まる為に、施行されました。


2.平成18年改革(グレーゾーン金利撤廃)

:違法に高利で貸し付けることを規制した、グレーゾーン金利撤廃の為の法律でした。



そして、今回の改正である平成22年度改革の目的とは、次のようなものです・・・。


3.平成22年度改革(貸付額の総量規制と所得証明書類の提出義務付け、確認義務)

:今回の改正により、実質年収の3分の1を超えて借り入れすることが出来なくなります。

ただし、一家としての借り入れとして考えることは可能です。 その際は、配偶者との婚姻関係や配偶者の同意を得る書類が必要となります。



【どんな場合が、対象なの・・・?】


ひとことではなかなか言い表せませんが、こういったことです。


●まずあなたは・・・、

貸金業組合に登録している金融業者からの、多目的ローンの額が自分の年収の3分の1を上回って出来なくなります。


●貸付する金融業者は・・・、

自らの貸付額が50万円を超えるか、もしくは他社と合算した貸付金額が100万円を超える場合、源泉徴収票や所得証明書などで債務者の収入を調査する義務が発生するということです。



★簡単に言うとあなたは・・・、


貸金業者1社から50万円以上の貸付を受けるか、もしくは複数の貸金業者から100万円以上の借り入れがあるときには、自らの所得を証明する書類を提出する必要があるということです・・・。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

(例)所得の証明が必要なケース



1.サラ金1社から借り入れ、借入額60万円

2.サラ金4社から借り入れ、借り入れ総額110万円


(例)所得の証明が不要であるケース


1.サラ金1社から借り入れ、借入額48万円

2.サラ金4社から借り入れ、借り入れ総額90万円

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


しかしながら、ここで注意が必要なのは、この改正が基準金額(1社で50万以上、複数の借り入れで100万以上)に達した場合にのみ、こういった証明を提出させねばならないというものではないことです。


つまり、貸金業者によってはもっと少ない金額で所得証明を求めてくる可能性が有るといえるのです・・・。


〜甘く考えていては、酷い目に遭いますよ・・・。〜


【どんな影響が出るの・・・?】


今回の貸金業法改正に関しては、私はかなり大きく大胆な改正だと思っています。


これから借り入れを行おうとする人にとっては、そうも大きな影響も無いと思います。 しかしながら問題は、今までにそこそこの借金が有る方なのです・・・。


明後日以降の記事で、そのあたりについて詳しくお話させていただきます。 明日は、パチ屋行かずに、エコ栽培! 土レ味♪で、プチ有機栽培にチャレンジ!(3)をお届けいたします。


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

貸金業法改正が迫る・・・!(いよいよ安易な借金は、出来なくなる!)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


掲示板の中で話題になっていたことですが、平成22年度の貸金業法改正にともなう“貸付額の総量規制”というものが、早速ながら今年12月に前倒しで実施される見通しとなりました・・・。


「そりゃ、一体何じゃ?」とおっしゃるあなたの為に、簡単に説明いたします。 よろしければお付き合いくださいませ・・・。


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからのご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【おい! 俺の借入先ってどうなんよ・・・?】



さて、あなたに借金があるかないかは別として、もしあるとした場合、その借入先によって、適用される法律が違うことをご存知でしょうか・・・?


このあたりのことはその業界の方か、かなり詳しい方で無いとご存知でないと思います・・・。


簡単に申し上げると次のようになります・・・。


1.個人間の貸借関係・・・民法

2.銀行との貸借関係・・・銀行法

3.サラ金や信販会社など・・・貸金業法



あらかじめ申し上げておきますが、あなたはこういったややこしいことを詳しく知る必要はないかもしれません。 お暇ならどうぞ!


ここは、適用される法律によっていろいろと取り決めが違うということを、知っておいてくださいね!


今回改正されるのは、貸金業に関する法律です。 きっとあなたは、ここで疑問に思われたかもしれません・・・。


「おい! 俺の借金はどうなんだよ・・・!?」


〜そうです! このことが問題なんですね・・・。〜


【今回問題となるのは、3のグループ!】


実はこのあたりについてのことが、一番の問題と言えるのです。 もしあなたの借り入れがサラ金からならば、文句なしに今回の改正の対象です。


しかしながら最近では、モビットや@ローンなど大手銀行系の多目的ローンも多くなりました。 その他にはカード会社、信販会社からのカードローンやキャッシュサービスなど、これらがこの法律の対象であるかどうかは判断が難しいところでしょう・・・。


しかしながら、自分の借入先が実際はどうなのか? ここは気になるところだと思います・・・。


そこで今日は私から、貸金業法が適用されるかどうか、その判別の仕方をあなたにお話させていただきます・・・。


【あなたの借金、こうして判定!】


例えば、これはアットローンの公式サイトです。

http://at-loan.jp/


このサイトの一番下をご覧ください・・・。 最下段に貸金業協会の組合員であることが示されています。 


貸金業協会の組合員であるということは、貸金業法が適用されるということです。 つまり、今回の法律改正の及ぶところとなります。


ですから、もしあなたが自分の借入先が今回の法律改正の適用を受けるかどうかについて知りたいのであれば、自分が借り入れしている業者の公式サイトをご覧になってみることです。


もしくは、次のような検索方法でGoogleかYahoo!など検索エンジンで調べてみることです・・・。


『モビット 貸金業協会』 これで、おそらくヒットすると思いますよ・・・。


【明日は、具体的な改正の内容について】


明日は、今回の法律改正で、今後どのような影響が出てくるか? そしてあなたは、何に気をつけるべきなのか? これらのことについて、お話させていただきます。 


かなり大切な話なので、出来ればお付き合いくださいね!


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

あなたがギャンブル依存症を克服し、幸せになる為に! (ギャンブル依存症と金銭問題 最終回)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


VOSTROおはようございます、タカビーです。 (これは予備PCのVostroをエラーチェックしてるところです。こいつも、結果エラーが出て入院です!)


またしてもダメになった私のパソコン2台ですが、もう我慢して使うのはやめました。 指が腱鞘炎になりそうです!><


INSPIRONコレは、帰ってきたInspironをエラーチェックした結果です。 リカバリーCDを入れて、こういったバイオス画面から検査します。


〜これは拡大したところです。〜

結果
どうでしょうか! Enter KeyとControl Key双方が、緑色になっていますね!


これは、Enter KeyとControl Key双方を同時に押したことになっています。 勿論、押したのはEnter Keyのみです・・・。


どうりで、カーソルが飛ぶワケです! 最近のパソコンは、とにかく故障が多い! 


あなた・・・、保障期間を長くしないと、エラい目に遭いまっせ!^_^;


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからのご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【あなたの目的はギャンブル依存症を克服すること】



【金銭問題解決と専門家】


まず皆さんにお話させていただきます、金銭問題の法的解決に関する専門家には「弁護士「「司法書士」などがいます。


これら専門職は、法的にあなたの債務(借金)を減額したり免責にしたりする為の専門家です。


私はFPですが、FPはお金の専門家といえます。 しかしながら依頼主に代わって、債務を減らしたり免責にしたりする行為は【越権行為】としてルール違反となっています。


私たちFPは、債務やお金の使い方についての専門家です。 ですから、あなたはこうお考えいただいて結構です・・・。


▼あなたの債務(借金)

●整理・解決する方法・プランの提供←FP

●具体的方法への着手←弁護士・司法書士



簡単な分け方ですが、こういった風にお考えいただければわかりやすいと思います。


ですから、もしもあなたが弁護士や司法書士に、これからの人生設計のための金銭管理についてアドバイスを求められても、きっと彼らは困惑することと思います。


逆に私に、あなたの借金を債務整理してくださいとおっしゃられても、お手上げなのです・・・。


ここで私は、ギャンブル依存症という心の病に関して生活習慣と生活環境を変えることにより、その快復と克服を実現できるようにお話しています。


今回は借金のお話をかなり長くさせていただきましたが、通常は好ましくない習慣と環境を変えるアドバイスをすることが多いです。


今のところ、ギャンブル依存症に効果的な臨床治療は存在しないと言われています。 私も同感です。


精神科医へ受診の後も、最終的にGAに行きなさいといわれるのであれば、それも頷けます。


ですから・・・、


あなたは、“ギャンブル依存症に関しては、あなた自身の手で克服するしか術がない!”ということをご認識ください。


その為には、依存症ギャンブラー特有の好ましくない生活習慣と生活環境をとにかく変えることです・・・。


金銭問題の解決は方法さえ誤らねば、いつでも簡単に解決できます。 簡単にと書きましたが、そもそもクライアントさんによって最適な方法は自ずと決まっているということです。


一方で、ギャンブル依存症をあなた自身の意思の力だけで治療し、快復・克服することは極めて困難です。


そもそも誘惑の穴に落ちない対策を、取らねばなりません。 禁パチ3原則は、そういった意味で最短の問題解決法です。


【専門家選択の注意点】


このシリーズ最後となりましたが、専門家選択についての注意点をお話しておきます。


1.安易な方法ばかり勧める専門家は要注意


:借金問題を解消する方法は、勿論有償ですし高額です。 一定の金額が決まっているわけではありませんが、そこそこのガイドラインは存在します。

個人破産と民事再生は弁護士に依頼して、およそ50万〜80万くらいが相場です。

債務整理は司法書士と弁護士双方に依頼できますが、司法書士は一つの債権について、150万までしか着手できません。

報酬は成功報酬となっています。 

問題は、依頼した時、債務整理できるにもかかわらず報酬が少ない為に、民事再生や自己破産を勧める専門家が居ることです。

こういったところで疑問に思うならば、複数の専門家を訪ねるのも良いでしょう・・・。

予断となりますが、専門家に依頼しなくても本人でも申し立てできます。 ただし・・・、個人破産や民事再生の手続きは複雑です。

とりわけ民事再生は、専門家に依頼しても一番高額です。 作成する書類が多いと聞いています。


2.債権者から勧められた専門家には要注意

:最近では少ないですが、借入先から特定の弁護士や司法書士を勧められることがあります。

こういった場合の専門家は、以前から言われているようにグルの場合もあり要注意です。


3.高額な借金、民事再生などは弁護士へ

:司法書士は1案件150万円までしか着手できません。

司法書士は弁護士に依頼するよりも比較的安価にすみますが、あなたが動くことが多くなる可能性大です。

特に個人民事再生は手続きが複雑なので、どちらの専門家にするのかよく考える必要があります。



今回のシリーズは少し長かったですが、これで『ギャンブル依存症と金銭問題』を終了させていただきます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

あなたへ最後にひとこと


あなたが借金を返済し続けることは、つらくモチベーションも上がらないことなのかもしれません。


借金返済への道のりは苦しく長いものです。 しかしながら、着実にあなた自身の快復・克服への道なのです。


そして・・・、


あなたが目指すものは、ギャンブル依存症を克服することだけではないはずです。


あなたが今後幸せになり、あなたが!そしてあなたの家族が!一緒に笑いあって暮せる為にこそ、頑張って返すのです・・・。


それがあなたにとって、一番素晴らしい道であると私は信じています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



どうも最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。 


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

個人民事再生と個人破産、その違いとは?(ギャンブル依存症と金銭問題 その7)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


こんにちは、タカビーです。


本日2回目の記事となります。 最初の記事は、ご質問にお答えして、『画像のページを別ウインドウで開く方法』についての無料レポートを配布させていただきました。


今回は昨日の自己破産に続き、『個人民事再生』についてのお話となります・・・。


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからのご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【個人破産と個人民事再生】



昨日お話させていただいた『個人破産』についてですが、免責(債務=借金についての法律上の支払義務を免れさせることによって、債務者の経済的な立ち直りを助ける制度のこと)が認められれば、実質上その後の生活にいくらかの制限はあるものの、借金については帳消しになるという方法でした・・・。


しかしながら、個人破産はギャンブルや浪費が原因の場合は、認められにくい制度で、自らの財産や住んでいる家なども全て差し押さえられてしまいます。


一方、資格によっては申し立てしてから免責が決定するまでの期間、制限(無効となる)されますので、就業にも差しさわりが出ることになります。


しかしながら・・・、


▼ギャンブルにハマって、途方もなく大きな借金を作ってしまった

▼どうしても借金を返済する能力がない

▼住宅だけは何とかそのまま家族と住み続けたい

▼資格がなくなると、会社に知れ退職せねばならない



こういった方も多いはずです・・・。 こういった方が取る方法として、『個人民事再生』という制度があります。


【個人民事再生とは】


〜以下が、『個人民事再生』についての特徴です・・・。〜


●浪費・ギャンブル等、自己破産の際に免責されない理由であっても利用可能である

●全ての借り入れがなくなるわけではなく、減額された借入額を分割で(原則3年)返済することになる

●住宅については、住宅ローンを支払い続ける限り所有が認められる(住宅ローン特則)

●本人の持つ資格等についての、制限がない



細かい規定については割愛しますが、ようは完全に借金がゼロになるわけではないですが、メリットも多く有るという方法です・・・。


簡単に言うと・・・、


定職に就いており、債務が減額されれば返済可能であるということがまずは前提条件です。


その代わり、財産としては住んでいる住宅の所有が住宅ローンを支払い続けることを条件に許されます。


持っている資格が無効になったりしないので、仕事への差し障りがなくてすみます。



〜ただし、先ほども申し上げましたが、減額はされますが借金は原則3年以内という期限で返さねばならないのです・・・。〜 


明日以降の記事で詳しく書きますが、返すということには大きな意味があります。 それは、単に借金問題を解消するということのみならず、依存症ギャンブラーが更生する為の方法といえるのです。


明日は、『個人民事再生』と『債務整理』について補足となるお話です。


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

自己破産、決して甘くは無い・・・。(ギャンブル依存症と金銭問題その6)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


最初に気楽なオハナシです。 昨日、近所のスーパーでカミサンと娘たちが面白いものを買ってきました・・・。


昔のパッケージのボンカレー

BON:こいつは時代劇なんかによく出演されていた、松山容子さんがイメージキャラですね。 ちなみに私の師匠のFPであるようこさんも、プロフにこの写真を使われています。


オリエンタル・マースカレーMRS

:コレもよく見かけましたね! 
外人の男の子と顔も、しっかりと覚えています・・・。





昔のカルピス

CAL:そうそう! 昔のカルピスはこんなスリムなビンでした。 もっと太いビンになったのは、かなりたってからです。 紙に包んでありましたっけ・・・。


こういった商品を見て、昭和の懐かしい想い出に耽り(ふけり)ました。 そういえば、この頃のCMは庶民に優しいCMが多かったですね。


子供が豆腐売りのラッパを吹く心和むCMを、今ふと思い出しました・・・。


HURIKAKEこれらはその頃のふりかけです。 懐かしすぎますね・・・。(^ε^)


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからのご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【そもそもギャンブルが原因では自己破産できない】



究極の債務整理法、人生のリセットといえば、誰もが『自己破産』を考えられることと思います。


しかしながら、自己破産というものについて、ちゃんとした知識をお持ちでない方が多いように思います。


ちゃんとした知識というよりは、かなり自己破産について甘い認識をお持ちの方が多いように思えます・・・。


自己破産については、専門家のサイトなどではかなり安易に書かれている部分が多いですが、気をつけるべきことが多いです。


〜以下、重要なことについて、書かせていただきます。〜


1.原則としてギャンブルや浪費が原因の債務による自己破産の申し立てはできない


:著しい浪費やギャンブルが原因で作った債務による自己破産申し立ては、裁判所が免責(注)を許可しない場合があります。(免責とは、債務(借金)についての法律上の支払義務を免れさせることによって,債務者の経済的な立ち直りを助ける制度のこと)

つまりこういった債務については、原則として自己破産を認めないということです。


2.財産はほんの一部を残し、全て没収される。

給与などは法律で4分の1しか差し押さえれませんが、住宅を含め生活必需品以外の財産は全て没収され競売にかけられます。


3.選挙権・公民権は残るが、所持している資格は制限を受ける

:次に掲げる職種に関しては、免責が決定するまで持っている資格は効力を失います。 つまり仕事上資格が必要な人は、仕事ができなくなります。

免責が決定すれば、復帰することになります。 しかしながら、申し立てして免責が降りるまでに通常2〜3ヶ月かかるので、明らかに職業上困難をきたします・・・。 

●弁護士
●公認会計士
●司法書士
●税理士
●行政書士
●FP
●宅地建物取引主任者
●商工会議所会員
●株式会社の取締役及び監査役
●有限会社の取締役及び監査役
●証券会社の外務員
●旅行業者
●宅地建物取引業者
●中央卸売市場の卸売業者
●建設業法に定める建設業者
●生命保険の募集人
●損害保険代理店
●風俗営業及びその管理者
●警備員


4.一度自己破産すると、7年間は自己破産できない

:何度も自己破産するのは最も避けるべき行為ですが、過去の免責から7年たたないと申し立てしても、免責となりません。


5.保証人にも多大な迷惑をかける

:ここでは、あなたの債務の保証人はあなたと同じ立場になるとお考えください。

保証人に迷惑をかけたくなければ、他の方法を考えるしかないのです・・・。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【今日のまとめ】



究極のリセットといわれる自己破産ですが、依存症ギャンブラーにとっては極めて厳しい制度だと言わざるを得ません。


自己破産では、財産の所有を最低限しか認めていません。 住宅や車、その他の財産は失うとお考えください。 


隠し預金などもっての他です。 そもそも虚偽の供述は、免責が認められません。


資格を持って仕事をしている人は、特に要注意です。 免責が決定するまでの期間は長いので、実質的に失職になるとお考えください・・・。


7年間という期間を過ぎれば、再度申し立てして免責を受けることも可能ですが、裁判官によってはなかなか免責が降りない場合も有るそうです。


もしあなたの債務に保証人がついているのなら、自己破産するとあなたと同様の窮地にその人を追い込むことになります。


ギャンブルで、借金を作ってしまったあなた・・・。


自己破産は債務を帳消しにできますが、極めて厳しい選択であることをどうぞお忘れなく・・・。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

借金返済! ちょっと待て、おまとめローン!(ギャンブル依存症と金銭問題その5)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


パチンコのインチキ攻略で、またまた賠償命令が出ましたね。 今回は「KO企画」という会社、舞台は名古屋です。


パチやスロに関する攻略ですが、まあ殆んどがニセ物です。 そもそも、こういったものを販売する会社が有るということ自体が不思議です。^^;


だって・・・、


〜販売するものが無いのに、会社が存在するに等しい行為ですから・・・。〜


少しだけ攻略法について書かせていただくと、有効な攻略法は確かに存在しますが次のような理由で利用することが殆んどムリです。


1.手順が難しい

2.テリトリーが有る

3.驚くほど高額である

4.厳しい使用上のルールが有る

5.違法な行為となる場合も有る



こういったことです。 


これらのことを、もっと簡単に言えば次のようになることだって有り得ます・・・。


攻略法を高いと思いつつも300万出して買った。 でも、それを使う場所は指定されている。 


なぜなら、打ち子が分散して使用しないと、ホール側に怪しまれて対策されてしまうからだ。


しかも、自分以外の者に教えたりしたら、命の保証はできないとまで言われた。


それらのことを了解して、ホールで使おうと思って試みるが、使い方が複雑でなかなか難しい。


やっとのことで使えるようになったら、今度は店の中で拘束され警察のお世話になってしまった・・・。


結局、購入したお金は一銭も回収できず、しかも前科がついてしまった。
 なんて、ことも有り得るのです・・・。


あなた、いかがです? これでも、まだ購入しようという気がお有りですか・・・?


〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからのご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【あなたの債務に手をつける前に】



〜まず、最初にあなたにお訪ねします。〜


“あなたが借金を返せなくなった時に、真っ先に考えるべきことは何でしょう?”


“返さずに済まそうと考えることですか?”

“誰かに立て替えて貰うことですか?”

“借入額を圧縮することですか?”

“専門家に、相談することですか?”



勿論、家族に打ち明けることは必須といって良いことです。 このことは、一昨日の記事でも書かせていただきましたね・・・。


しかしながら私が思うに、殆んどの方が最初から間違いを犯しているということです・・・。


まず考えるべきは、あなたが、『お金を借りた』わけです。 そして、『返せなくなった』わけです・・・。


普通は、返せなくなったということを貸主に、真っ先に報告するのが当たり前ではないでしょうか?


実はこのことを全くもって、考えない方がとても多いのです。


もし、あなたが友だちからお金を借りた場合、返せなくなってしまったら、まずはその友だちに詫びるというのが筋だと思います。 そして・・・、


『いつになったら返せるのか?』また、『いくらなら今返せるのか?』といった話になる筈でしょう!? 


ですから、ここは借金の圧縮やチャラにすることを考える前に、借入先にちゃんと報告しましょう! 以前なら、サラ金の取立てといえば、怖いオニイサンが帰宅を待ち伏せしてといったことが多かったです。


しかしながら、最近消費者保護が叫ばれる中、こういった悪質な取立ては殆んど聞かなくなりました。 


相談される方にお訊ねしても、ちゃんと報告すれば酷い扱いはせずに親身になって返済のプランを見直してくれる業者が多いように思えます。


むしろ、モラルを欠いているのは借主の方が多いと思います。 まずあなたは・・・、


払えなくなったら、返すことが困難になったら、借入先にご報告されることです。 


そして、借入先の話を聞いてみてください。 専門家に依頼するのは、その後にどうしても返済のメドが立たなくなってからでも良いのです・・・。


ただし・・・、


得体の知れない業者やヤミ金などからの借り入れに関しては、そもそも話になりません。 ご注意くださいね。


【おまとめローンする前に、気をつけるべきこと】


まず一番気をつけないといけないのは、【安易なおまとめローンは絶対にしてはならない】ということです。 それには理由があります・・・。


1.民事再生・個人破産などの申し立てが、通らなくなる可能性が有る

:これらの債務圧縮・処理法は、申し立てするまでに申立人(債務者)に借り入れを返す意思があったかどうかが、問題となり問われます。

つまり、返す意思も無い人間はこういった法的な借金の減債・免責の恩恵を受けれない場合もあるということです。

悪意の有る申し立てに、裁判所は敏感です。 申し立てが通らない場合、これらの方法はとれません。 ですから・・・、

おまとめローンなどで借金をまとめて、即申し立てすると、こういったトラブルが生じることがあります。

借り入れが膨らんでどうにもならなくなった際には、『おまとめローン』する前に専門家に相談することです。


2.債務整理による過払い請求ができなくなる場合が有る

:債務整理は、過去の返済に遡って金利の過払いを請求できる行為です。

しかしながら、専門家に相談せずに『おまとめローン』をしてしまうと、消費者金融からの「過払い金請求」や「借金帳消し」の権利を放棄してしまう可能性があります。

つまり、あなたが支払った余分な利息分のお金が返ってこなくなる可能性が出てくるのです。

そりゃそうですよね! そもそもあなたは、『おまとめローン』することによって、自分の金利負担を軽減されようとされたのですから・・・。

その他には、保証人・担保を立てて『おまとめローン』した場合には、債務の圧縮が困難になる場合があります。


さて、いかがだったでしょう? 借金が多くなってまず誰もが最初に考える『おまとめローン』には、実際にこういった落とし穴が有るのです。


この他にも、債務を処理する上で注意すべきことは多くあります。 次回以降に、また書かせていただきたいと思います。


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

あなたは今すべきことを、ご存知だろうか?(ギャンブル依存症と金銭問題その4)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)


おはようございます、タカビーです。


昨日は、良いお天気でした。 春になってこうも好天となれば、毎年少しおかしい人が出るようです。^^;


SMAPの草なぎクンが、どうやらはしゃぎすぎたようですね!(>_<) まあ、罪が無いといえばそうですが、こいつはダメージでかそう!


出演のCMとか、みんな打ち切りだそうです。 こういった所は、やはり顔が商売の芸能人・・・、かなり厳しいですね!


でも、私はこれぐらいの過ちなら許してあげてほしいと思います。 もっと悪いことして、知らん振りの人もたくさん居るんですから、まだ若いんだし再起してほしいもんです。


彼は酒に酔っていたらしいですから、やはり酒は魔物かな!? 私も気をつけたいと思います・・・。
 

〜最初にあなたへお願いです!〜


もしこの記事に興味を持っていただけましたなら、ブログランキングへの応援をお願い申し上げます。


クリック応援いただけますと、ギャンブル依存症などの社会問題を多くの方に知っていただけるようになります。


こういった問題を一日でも早く無くす為にも、是非あなたからのご協力をお願い申し上げます。<(_ _)>



↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

その方が、後にお手間をかけなくてすみます。 ありがとうございます。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【借金の意味とは】



さて昨日の記事で、私は依存症ギャンブラーの特徴について・・・、


>“返そうという強固な意志の欠如です・・・。”


こう、申し上げました。 そもそも借金した時点で、“返すことを考えずに借りる”“返す気も無い”そういった人を多く見てきたことから感じたことです・・・。


こういった意識を持っている人たちは、そもそも借金の意味をあんまり考えたことが無いように思えます。


〜そもそも、借金とは・・・?〜


1.他人のお金を寸借することです。

2.貸した人に、報酬を与えるべき行為です。

3.自らは、借りた金額に利息を支払う義務があります。

4.そもそも、返すことを前提にすべきことです。

5.自らの将来の楽しみを、先払いしてもらう行為です。



私は、借金とはこのような物であると考えます。 そして、特に依存症ギャンブラーに欠如しているといえるのは・・・、


>4.そもそも、返すことを前提にすべきことです。

>5.自らの将来の楽しみを、先払いしてもらう行為です。



これらのことだと思います。 安易に借り、そして返そうとしない人たちはこういった意識が欠如しています。 “自らの将来の楽しみを先払い”とは、 無駄に使ったお金を返すためだけに返し終えるまで、将来にわたって働き続けねばならないということです。


【今、あなたがすべきこと・・・。】


しかしながら、先の記事で書いたとおり依存症ギャンブラーにとって、100万円の借金は、自力返済できるかどうかの瀬戸際だといえます。 ここであなたは一つ覚えておいてください・・・。


“自力で返済できる金額は、あなたが考えている以上に少ない金額です!”


ましてや、相談される方の中で多いパターンである・・・、


“家人には、内緒で返済したい・・・。”


こうなりますと、ほぼ返済することが不可能になります。 たとえあなたのお小遣いが月に5万円であったとしても、その範囲内で返済できる額など知れています。


そうであるにもかかわらず、奥さんなどに内緒のままにして返済に挑もうとするからこそ、再びギャンブルに手を染めることになります・・・。


MNBGYつまり、ギャンブルで取り戻そうとなるわけです。 このことは、さらに大きな金銭問題を生むことになります・・・。 さて・・・、^^


もうお分かりですよね! 今、あなたが一番にすべきこととは、あなたの依存の事実を家の方にカミングアウト(こくはく)することなのです。 このことを疎か(おろそか)にして、借金問題の解決など有り得ません・・・。


【借金対策は、慎重に考えて・・・。】


借金の負担を軽減させる方法、債務額を圧縮する方法、いわば帳消しにする方法など、あなたの持つ借金をどうするのかについては、いろいろな方法があります。


しかしながら、こういった方法について、「いつ?」 「どのように?」ということの判断はかなり困難です。


もちろん、その方法によってその道の専門家が居ますが、ここで注意すべきことがあります。 注意すべきこととは・・・、


1.自己破産についての制限事項

2.民事再生選択時の制限事項

3.債務整理についての限界・効果

4.おまとめローンの落とし穴



大まかに書くと、以上になります。 これらのことにつての解説は、明日以降にさせていただきます。


尚、債務についての法律相談や処理の代行は越権行為ですので、私は応じることが出来ません。 こういったことについては、弁護士・司法書士までご依頼ください。


〜メールでの相談の際は、ご注意くださいませ!〜


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日の記事はいかがでしたか?

 
“もしお役に立てたならば、あなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。

おまとめローン、債務整理、でもその前に!(ギャンブル依存症と金銭問題その3)

[ギャンブル依存症] ブログ村キーワード

掲示板入り口はコチラ(携帯からもどうぞお気軽に!)

こんにちは、タカビーです。


今日は午前中、クライアントさんに会ってまいりました。 かなり重症のギャンブル依存である旦那さんのことでの相談です。


依頼主は・・・。


Qちゃんという、私が以前より知る主婦のパチプロです。 かなり困った様子でいろいろとお話されました。


彼女は以前にも少しお話したことがありますが、パチンコだけで生計をたてています。 もう一つ言えば・・・、


パチとスロの上がりだけで、住宅ローンを返済しています。 こういった話をすると、すぐに「俺だって!」と思う方がいらっしゃいますが、あなたはそんな考えは絶対にお持ちにならないでくださいね・・・。


パチプロになれる人は、本当に一部の人だけです。 しかも、決して割に合う商売ではありません。


今回の相談は彼女の旦那さんの話ですが、彼もまたプロになりたいと思って頑張ったがなれなかった一人です。 ですが、Qちゃんがパリパリと稼いでくるので、勝てないにもかかわらず行って負けてくるそうです。


“このままでは、生活できなくなる!”


彼女の悩みは深刻です。 彼女の今回の悩みの相談内容については、また機会を改めて書かせていただきます。


Qちゃん、頑張ってください!


〜最初にあなたへお詫びです!〜


パソコンを交換する際に、チョンボしてしまい、今日は午後からの更新となりました。<(_ _)>



↓おそれいりますが、下の二つのボタンをクリックしてね♪

blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。 人気ブログランキングはあなたからの1票が頼りです。〜 お手数ですがお先に人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。

今日はチョンボしましたが、どうぞお許しを・・・。_(_^_)_



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【こういったマインドは、繰り返すマインドだ!】



KRKIさて、この画像はLivedoor Blogの管理画面に張ってある宣伝です。 よく見かける『おまとめローン』ってやつですね。(もちろん、私のアフィリリンクではありません。)


たくさんの借入先を一軒にまとめて管理しよう、金利負担も少なくしようというものです。 ギャンブルで借金したことがある方なら、一度や二度はこういったおまとめローンを考えられた経験がおありでしょう・・・。


そして、どうしても返済が出来なくなってきてから次に考えるのが、債務整理・任意整理という方法です。 これだけ多くの宣伝があちこちに存在していますから、きっとあなたもこういった方法についてはよくご存知だと思います・・・。 しかしながら・・・、


私はここであなたにお尋ねしたいのです。 


“本当に返そうという気がありますか・・・?”


この言葉を聴いて、ギクリとされたあなたは大変危険と言えます。
 そう私が言うには理由があります・・・。


【返すことを前提に考えていますか・・・?】


一昨日の記事で申し上げましたが、ギャンブルが理由であれ、事業資金であれ、家庭内の事情が原因であれ、あなたは自分で作った借金は自分で返済するのが当たり前です。 そして、借金を返すに際しては・・。


誰が?

誰に?

いつ?

いくら?



ということを最初から頭に入れておかねばなりません・・・。 


ところが、私は相談を受けていて感じるのですが、どうも最初から返そうという意思の乏しい方が多いように思えます・・・。


おまとめローンにせよ、債務整理にせよ、そもそもは自分の借金の負担を減らすことが目的です。 しかしながらここで言えることは、“こういった行為は、ギャンブラー自身の積極的な働きかけや努力ではありません。”


少しシビアな言い方をさせていただくと、これらの方法や民事再生・個人破産といった方法は、専門家や他の会社を利用するわけで、他人任せの方法といえるのです・・・。


もっとも、こういった書き方をすれば、こう考える方もおそらくいらっしゃることでしょう・・・。


“何言ってんだ! 最終的に返すのは自分じゃねぇか!”


確かにそのとおりです、しかしながら“借金を少なくするという行為は、少なくとも他人任せじゃ無いでしょうか・・・?”


私は、依存症ギャンブラーが借金を省みずに遊戯を続けたり、借金が無くなったら、再びスリップして遊戯を始めるのは、そもそもこのあたりに間違いがあるように感じます。 つまり・・・、


“返そうという強固な意志の欠如です・・・。”


だからこそ、多くの依存症ギャンブラーは借金にもかかわらず、また再発し同じ過ちを繰り返すのです・・・。


では、同じ過ちを繰り返さないためには、どうすれば良いのか・・・?


このことについては、明日にお話させていただきます。


〜今日も最後までありがとうございました。〜


今日は更新が遅くなりました、ごめんなさい!

 
取り乱しておりますが、できればあなたの応援をお願いいたします。応援ポチリとよろしくお願いいたします!”<(_ _)>


  ↓お手数おかけします、下の二つのボタンをクリックしてね♪


blog rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


〜携帯からのあなた、いつもありがとうございます。〜 お手数ですが人気ブログランキングへからポチリとお願いいたします。_(_^_)_


☆タカビーへのメールでのお問い合わせは、コチラからどうぞ。ご相談のメールは、あなたのニックネームをお書きになり、件名を【相談】としてお願いいたします。
●断パチ・断スロ達成日数をメールでお知らせ
基礎講座
●克服の基礎メール講座
基礎講座
●断パチ・断スロ お助けメール(朝)
お助け
●断パチ・断スロ お助けメール(夜)
お助け
●リンクはご自由にどうぞ!
リンクフリー
Archives
●ギャンブル依存症克服リンク集
リンク集
●メンタルヘルスのお友だち
TRE
●アーティストのお友だち
HRART3
●企業家、専門職、団体のお友だち
SENMONKA
●タカビーの大切な女性のお友だち
WOMEN
●タカビーの大切な男性のお友だち
MAN
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
・SAGSトップページ
SAGSコミュニティー
伝言板
SAGS掲示板
掲示板1
断パチ・スロ3原則
断パチ3原則1
●依存症ギャンブラーが陥る2つの錯覚
依存症ギャンブラーの錯覚
●ブログのQRコード
QRコード
●掲示板のQRコードです
QR掲示板
@タカビーにメールする
Recent Comments
  • ライブドアブログ