ギャンブル依存症克服への道 〜パチンコ依存症・スロット依存症・断ギャンブル道場です!〜

ギャンブル依存症を治療し、快復・克服することは大変困難です。どうぞ遠慮なくご相談ください。ここでは、生活環境と生活習慣を改善してギャンブル依存症を克服する方法を、お金の専門家FPがご提供いたします。やめさせたいあなたも、ぜひどうぞ! 

生活習慣

根無し草のままではいけない

こんばんは、タカビーです。

最近、克服された方からメールを頂戴することが多くなりました。そりゃ長く活動を続けていればいるほど、そうなっていくのは当然ですよね…。掲示板も卒業されていく方が多いですしね。

「今は幸せです!」的な嬉しいお便りが殆どなのですが、皆さんに共通するマインドが一つあると感じます。

それは、「社会的地位を築こうとして努力されている」ことです。

やはりただ、ギャンブルやめるだけでは不十分なんですね。克服した暁には、依存しないために新たな生活基盤を築く必要があると私は思うのです…。


ギャンブラーと根無し草

依存症ギャンブラーというものは、根無し草と同じである。

なぜなら彼らが、努力すべきことから目を背け続けるからである。そして、生きていくのに必要な基盤を持とうとしないからである。

ではなぜそうなってしまうのか? ギャンブルへの依存は、物事の価値観を狂わせる。人間が本来生きる為の目的を見失わせ、ギャンブルだけが唯一そうであると錯覚させてしまうのだ。

依存は、生きることの価値感をギャンブルのみに偏らせてしまう。だから依存症ギャンブラーは生活基盤を築こうとしない…。



■その日暮らし

衣食住について考えてみればそれは一目瞭然である。依存症ギャンブラーの生活はその日暮らしだといえるだろう。

・衣:着ている物に気を使わない

・食:とにかくバクチをする時間を得る為 簡単にすます 自炊なんてとんでもないというわけである 勿論 軍資金確保の為に食べるものもケチる

・住:住居に気を使わないのも 依存症ギャンブラーの特徴だ マイホームを持とうともせず 家賃暮らしでいいからバクチする金を取っておこうと考える

その日暮らしというものは、昔からギャンブラーが持ってきたマインドである。そして、依存症ギャンブラーが根無し草であるという理由は、それだけではない。


■希薄な人間関係

まず、人間関係を構築しようとしない。それどころか、それまでの交友さえも頓挫してしまう。ギャンブルに依存すれば、まず間違いなく人づきあいが億劫になってしまう。だから人脈というか交友が殆どなくなってしまうのである。

だからこそ、依存を克服するためには人間関係を構築する必要があるといえるだろう。


■狂った金銭感覚と備えのなさ

以前のボクもそうだったが、依存症ギャンブラーは金銭感覚がどこかでぶっ飛んでしまっているのだ。だからサンドに放り込むお金を、惜しいとは思わない。むしろ、多くの金を得るための投資だと考えている節がある。

パチ屋通いをしていた頃、ボクは「1万円で飲食するより パチ屋で使う方が生きた金の使い方だ」と思っていた。「これは投資だ もっと多くの金を得る為に必要なものなんだ」と頑なに信じ込んでいたのである。

こういった金銭感覚のズレと勘違いは、ギャンブルするための言い訳となり絶好の口実となる。だからこそ、依存症ギャンブラーは手の届かないアブク銭に目の色を変えたり、負けた金を取り戻そうとしたりするのだろう。

当然ながらそういった生活をしていれば、貯金がない。ギャンブラーというものは 先ほども書いたが日銭暮らしなのである。およそ貯金・計画・将来設計といったものに縁がない…。

ギャンブル依存症を克服したならば、次に考えるべきことは社会復帰と生活基盤の確立である。根無し草のままではいけない。克服した時点というのは、いわばゼロ地点なのである。

さて 面倒くさい時はどうする?

こんにちは、タカビーです。

気付いてみれば、まる1週間以上更新をしていませんでした。こんなことは数年ぶりでしょうか。

毎日更新を続けていた頃、「オレはブログ依存か?」などと考えたこともあります。今回気付いたのですが、ブログというものは毎日更新よりも不定期更新する方が難しいようです。

そしてもう一つ大切なこと…。ブログは「目的がないと 続ける意味もない」ということでしょうか。今このことを、痛感しています。


更生するには まず良い生活習慣

2482786249_9957b182e7_m先日NHKの番組で、女性受刑者の番組をやっていました。最近、女性による犯罪は再犯率が高いとか。その番組では、再犯者の女性を社会復帰させる施設の取材記録を放映していました。

私はチラ見した程度だったのですが、更生施設内で行われているプログラムは「とにかく規則正しい生活習慣を身に付けてもらう」というものだそうです。

思わず、「コレって ギャンブル依存症と同じじゃないか!」と感じてしまいました。



■誰だって面倒くさい時はある

とはいえ…

・毎朝パリっと起床
・時間も正確
・身だしなみもスッキリ!
・いつもオシャレを楽しんで
・お家の中はキレイさっぱり
・仕事も家事もテキパキこなし
・スケジュール バッチシこなして
・睡眠時間も十分
・規則正しい生活この上なし
・思い通りのバラ色人生

まあ、そんな人いないでしょう。いたとしたら、スーパーマン(
スーパーウーマン)です。

誰だって、毎日のように「面倒くさい」という名のお化けに襲われていると思うのです。もちろんこの私だって、例外ではありません。

しかしながら、ここで大切なことが一つあります。それは、面倒くさいと感じるかどうかということではなく、面倒くさくなった時にどうするかということではないでしょうか…。


■気合は 入れるものでなく入るもの

気合を入れてやれとかいう言葉を、ちょくちょく聞きます。勿論、スポーツその他競技の世界では、勝負の前に気合を入れて臨む必要があることでしょう。だって気を抜いてやれば、怪我したりすることにもなりかねません。場合によっては命を失うことだってあるでしょう。

ですが、日常生活においてはいかがでしょう? おそらくですが気合を入れようとしても、なかなか入らないんじゃないでしょうか。

というよりも私は、日常生活におけるモチベーションは高めるというものではなく、作業を始めることによって徐々に高まっていくように感じるのです。

ところが、気合を入れるも何も、そもそもエンジンさえかかっていない状態のまんま諦めてしまう人がいます。そしてそういった人の口癖といえば、「面倒くさい」なのです。

私はそういった人が面倒くさく感じる原因は、「何一つ手を付けない」ことではないかと考えます。最初の一歩を踏みだすことの大切さを痛感します。


■すぐに取り掛かることで

前回の記事コメント欄では、貴重な書き込みをいくつか頂戴しました。そんな中で、「すぐにやらないと 一層面倒くさくなる」と書かれた方が2名いらっしゃいました。全くその通りだと思います。

私の場合、すべきことはあれこれ考えず、まず着手することにしています。ただし買い物などは別で、逆に少し吟味した方が良いかもしれません。

・すぐに着手する
・時間が短くても
とりあえず取り掛かる

これら2つのことは、なかなか効果がある方法だと思います。

■すべきことを書き出してみる

もう一つ、私がやって効果があったと思えることを一つ書いておきます。それは、自分がすべきことのリストを作ることです。それもスケジュールなどを立てて、毎日すると一層効果的だと感じます。

面倒くさく感じる理由を考えた時、ヤル気が起きないというのが一番大きな理由でしょう。ですがこれに加えて「何をすべきか わからない」という時も結構多いように感じます。

自分がすべきことのリストを作り、それらがすべて片付いた時は充実感があり、清々しい気持ちになりますよね。スケジュールそのものが面倒くさいという方であれば、ぶっちゃけ当日の「To do list」を書くだけでも良いと思います。

あなたの参考になれば幸いです。
●断パチ・断スロ達成日数をメールでお知らせ
基礎講座
●克服の基礎メール講座
基礎講座
●断パチ・断スロ お助けメール(朝)
お助け
●断パチ・断スロ お助けメール(夜)
お助け
●リンクはご自由にどうぞ!
リンクフリー
Archives
●ギャンブル依存症克服リンク集
リンク集
●メンタルヘルスのお友だち
TRE
●アーティストのお友だち
HRART3
●企業家、専門職、団体のお友だち
SENMONKA
●タカビーの大切な女性のお友だち
WOMEN
●タカビーの大切な男性のお友だち
MAN
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
・SAGSトップページ
SAGSコミュニティー
伝言板
SAGS掲示板
掲示板1
断パチ・スロ3原則
断パチ3原則1
●依存症ギャンブラーが陥る2つの錯覚
依存症ギャンブラーの錯覚
●ブログのQRコード
QRコード
●掲示板のQRコードです
QR掲示板
@タカビーにメールする
Recent Comments
  • ライブドアブログ