ギャンブル依存症克服への道 〜パチンコ依存症・スロット依存症・断ギャンブル道場です!〜

ギャンブル依存症を治療し、快復・克服することは大変困難です。どうぞ遠慮なくご相談ください。ここでは、生活環境と生活習慣を改善してギャンブル依存症を克服する方法を、お金の専門家FPがご提供いたします。やめさせたいあなたも、ぜひどうぞ! 

言い訳

無責任の時代 その2

こんばんは、タカビーです。

無責任の時代というお題で書かせていただき、間が開きました。今夜は続きを書かせていただこうと思います。


無責任な民衆に 無責任な政治家あり

このブログで何度か書いてきたが、今大阪府は「起債許可団体」に転落し財政破たんする一歩手前の状態である。

メディアは積極的にこのことを伝えようとしない。だが、超ヤバい状態であることは確かである。ところが…

我々の税金やパチンコ産業などの資金を使って大阪にカジノを誘致し、それに再生を託そうとする連中がいるのである。またそういった行為を前向きに検討する議員団が存在する。また、カジノ合法化を推進しようとする政府関係者もいるのである。ざっくばらんな話、安倍晋三首相自身がカジノ議連の最高顧問なのだ。

なぜカジノ誘致が良くないのかについては、このブログで今までに何度も書いてきた。またボクはBLOGOSなどの意見交換サイトでも、カジノ誘致反対の立場から意見投稿してきている。ところが、いまだに誘致賛成派からちゃんとした反論を頂戴したことがないのである。

カジノというものは立地条件その他の要素によって、成功するかどうかが大変見極めにくい。しかも着工してから営業できるまでに数年かかり、なおかつそれまでにいくつものインフラを整備せねばならない。

正直な話、大阪にカジノを誘致するとしても、営業する前に大阪が破たんする可能性さえある。しかも犯罪や依存などの社会問題が増えるのは確実であり、大阪にカジノを作るなど、これ以上ない無責任だとボクは考えるのだ。

しかしながら、そういった法案を通そうとしている人達を首長にしたり政界に送り込んだのは我々である。「無責任な民衆に無責任な政治家あり」というのが実状ではないだろうか…。

破綻寸前の自治体に、市民を破綻させるものを作ってどうするのか? だが嘆かわしいことに、こういった小学生でもわかる理屈さえ理解できない人たちが多い。我々市民・府民も、反省すべき点が多いのである。



■ギャンブルへの依存は 究極の無責任

さて前置きが長くなりましたが、今夜の本題は「ギャンブルへの依存は 究極の無責任である」ということです。

よく考えてみれば、ギャンブルほど無責任な遊びはないでしょう。なぜなら、「ギャンブルが 偶然の産物に金品を賭ける遊戯である」からです。

もう一ついえば、ギャンブルのこういった性質が、プレイヤーを堕落させ、無責任な人物にしてしまう可能性があるということです。つまり、無責任な遊びをずっとしていれば、無責任な人間になって当然だというわけです。

無責任な遊びに依存してしまった人物が依存症ギャンブラーです。そういった人物がどのような行動をとるのかは、容易に想像できることでしょう。


■依存症ギャンブラーのマインドは 無責任が基本

・ギャンブルで得たお金をあてにする
・ギャンブルで失ったお金を取り戻そうとする

これら2つは、依存症ギャンブラー特有の悪しきマインドです。どちらも実現する可能性が乏しく、また良い結果をもたらすものではありません。それどころかこれらのマインドが定着してしまうと、投資と借金を交互に繰り返す地獄のループに陥り、やがて破綻が訪れます。

しかしながら依存症ギャンブラーは、ほんのわずかな可能性に賭けて投資し続けるのです。なぜでしょうか? 常識的に考えてみれば、絶対に勝てない、取り戻せない、と分かっているにもかかわらず、なぜ彼らは毎日金を捨てに行くのでしょうか?

よく考えれば、これら2つのマインドに陥った人物は責任感などというものを持ち合わせていません。自らの金を失いつくし、家の金を持ち去り、最後は多大な借金を残して破滅するだけです。また逆に、これらの考え方に支配されだすと、ギャンブルへの依存が始まったといえるでしょう。

ギャンブルへの依存とは逃避であるばかりではなく、究極の無責任ではないかと私は思います。その根底にあるのは刹那主義であり、自分ばかりが都合よく生きようとするエゴイズムです。

良く考えてみてください。あなたがホールに通っていた頃、出会った人たちのことを。

・彼らは信用に値する人たちでしたか?
・思いやりのある人物だったでしょうか?

そして責任感のある人だったでしょうか?

このことを今思い出すと、私は何度も何度も裏切られた経験ばかりが沸々と湧いてきます。


■GAや掲示板は 人間関係と共に責任を学ぶところでもある

「仲間同士で同じ悩みを共有することは ギャンブル依存症の快復と克服に大きな効果がある」といわれています。いわゆる「集団療法」ですが、そういった効果は人間関係の中で培われるということでもあります。快復と克服には、良好な人間関係の構築が欠かせないのです。

生活環境と生活習慣を変え克服の入り口に立てたとしても、ちゃんとした人間関係を構築できないと、本当の意味での克服と社会復帰はできないと私は考えます。

では良好な人間関係を築くためには、一体どのようなことに気をつければよいのでしょうか?

私は良好な人間関係を築くために必要なものが、責任感と思いやりであると感じます。まず、無責任な人物は誰からも相手にされなくなります。思いやりのない人物は、真の友人に恵まれないでしょう…。

他人のことを思いやり、自分の行動と言動に責任を持つということは、究極の人間関係構築法であり、またギャンブル依存症克服法でもあるのです。


PS 掲示板のあなたへ

感情的な書き込みをタイプし投稿ボタンを押す前に、10秒だけ考える時間を設けていただきたいのです。掲示板を去る前に、一度大きく深呼吸してみることをお勧めします。

そしてそういった行動が、果たして相手と自分の為になるのかどうか考えていただきたいのです…。

幸せになれる権利を、易々と手放さないでください。私から、あなたへのお願いです。

無責任の時代 その1

こんばんは、タカビーです。

WEB以外でやることが多く、ちょっと更新が途切れました。

1268535617_22ea8844fe先日より、掲示板で小さなトラブルが何度かありました。またいつものごとく、誹謗中傷・攻撃的な書き込みというのが原因なのですが、今回はちょっとした気付きがありました。

ということで、今夜は「無責任の時代」というお題で書いてみたいと思います。


責任よりも 割り切りを選ぶのは

先日のことだ。高3の次女が援助を申し出た。なんでも追い出しコンパの会費が3千円必要だという。

確かに高校生の懐から3千円なんて、土台無理なハナシだろう。「なんで高校生がコンパなんじゃ?」などとも思ったが、クラブの行事だというから仕方がない。後々分割で回収するという約束で、立て替えることにしたものの…。

「だが待てよ 家の手伝いをするなら チャラにしてやってもいいじゃないか!」と、つい仏心を出してしまった。

ボクは本人に言った。「家事を手伝うなら 分割チャラでいいよ」と。つまり「家のお手伝いを条件に 分割返済をチャラにする」とボクは彼女に提案したのである。勿論その時は、嬉しそうな顔と共に二つ返事で「ありがとう!」という声が聞けるものと思っていたのだ。

ところが、次に彼女の口から出た言葉は意外なものだった…。

「何 やればいいのん?」そう彼女は少し不満げな顔で言ったのである。ボクは少し驚いたが、彼女にこう言った。

「風呂洗いとか 庭木の水やりとか…」

ボクが彼女にそう告げると彼女は「できるだけする」と答えた。ボクはその「できるだけする」という言葉が気に入らなかった。だからこう言った。

「できるだけじゃなくて 責任もって毎日やってくれないと困る」

すると彼女は即答した。「無理」と。そして毎月500円ずつ6回の分割で支払うというのだった。

その時、私の傍にカミサンもいたわけだが、思わず二人で顔を見合わせてしまった。以前より薄々気づいてはいたけれど、彼女がここまで責任感のない人間に育ってしまったことに驚き果てたのである。



■責任感の無さは堕落の証明

最近、気づいたことがあります。それは「個人の堕落に責任感のなさが 大きくかかわっているのではないか?」ということです。それと、我が家の次女の例を見てもわかりますが、責任よりも割り切りを選ぶのは、どうやら堕落の現れのようです。

・時間を守らない(朝起きない)
・約束を守らない(平気で破る)
・最後までやらない(投げ出す)
・部屋は荒れ放題(片付けができない)
・謝らずに言い訳する
・言ったことを言っていないと言い張る
・論破されると逃げ出す
・すぐに他人を責める
・頼んでいないことには おせっかいを焼きたがる
 
そして彼女は、責任を持つことを何よりも嫌がるようになってしまいました。これらの特徴を見ていると、なんだかどこかの市長そのまんまという気がするのですが、本当に親として情けない限りです。

躾として幼児の頃にちゃんと教えていれば、こうはならなかったかもしれないと後悔していますが、どうやら責任感の無さが原因で堕落するパターンは大人の世界にもあるようです。


■匿名という無責任

例えば「匿名」というものについてはどうでしょうか? インターネットは匿名がスタンダードな世界です。ですが時として匿名という手段は、インターネット上で個人が責任感を喪失するきっかけともなります。

某有名掲示板などの書込みはすべて匿名で行われており、そこは誹謗中傷の書込みで溢れ、乱れた言葉の巣窟となっています。BLOGOSなどの意見交換サイトでも、本人を特定できないのをいいことに乱暴な言葉で他人を攻撃する人が多いです。「これじゃ イジメの現場そのものじゃないか!」などと感じることもしばしばです。

もしもあれらの掲示板での書き込みが、匿名でなく実名ならどうでしょうか? おそらく皆、もっと礼節をわきまえるんじゃないでしょうか。といいましょうか、「匿名を傘に着て言いたい放題」が目的の人ばかり集まる場所なので、そうなれば参加者が激減するといった方が正解かもしれません。

例えばBLOGOSの姉妹サイトであるアゴラは、FACEBOOKかTWITTERからしかコメントできないようになっています。アゴラへ意見を書き込む人はBLOGOSに比べると、かなり少ないです。しかも丁寧な言葉ときれいな日本語で書かれているものが殆どです。

私は結構長くブログをしていますが、失礼なコメントを残す人ほど匿名や、それに類する「通行人」「通りすがり」などといったHNであることが多いです。匿名で荒らす行為は卑怯極まりないのですが、残念なことに減る様子はありません。

そういった人たちも身元の知れているところでは大人しく振舞っているに違いないのですが、匿名になった途端に人格が変わり自分の発言に責任を持たなくなるのでしょうね。何とも悲しい話です。

どうもインターネット上では、利便性の陰に隠れて、匿名というものが個人の堕落に拍車をかけているように感じます。無責任の時代を感じるのは、私だけでしょうか…。

今日はここまでにします。続きは「ギャンブル依存症は 究極の無責任である」というお話です。また時間があるときに書かせていただきますので、どうぞよろしくお願いします。
●断パチ・断スロ達成日数をメールでお知らせ
基礎講座
●克服の基礎メール講座
基礎講座
●断パチ・断スロ お助けメール(朝)
お助け
●断パチ・断スロ お助けメール(夜)
お助け
●リンクはご自由にどうぞ!
リンクフリー
Archives
●ギャンブル依存症克服リンク集
リンク集
●メンタルヘルスのお友だち
TRE
●アーティストのお友だち
HRART3
●企業家、専門職、団体のお友だち
SENMONKA
●タカビーの大切な女性のお友だち
WOMEN
●タカビーの大切な男性のお友だち
MAN
記事検索
livedoor プロフィール
Categories
・SAGSトップページ
SAGSコミュニティー
伝言板
SAGS掲示板
掲示板1
断パチ・スロ3原則
断パチ3原則1
●依存症ギャンブラーが陥る2つの錯覚
依存症ギャンブラーの錯覚
●ブログのQRコード
QRコード
●掲示板のQRコードです
QR掲示板
@タカビーにメールする
Recent Comments
  • ライブドアブログ